カテゴリ:プロジェクト( 172 )

 

英国、高速鉄道建設にGreen Light

3月15日深夜の東急、渋谷駅での付け替え工事はにわかテッちゃんも参加して、なかなかの混雑振りだったよう。計画から10年、完成まであと20年はかかるという大工事、しかしJRと東横線の乗り換えはもう少しなんとかならなかったのか?という7層を動くというもの、それにしても宮益坂近くの入り口、もう少し広くならなかったのかしらん?

そこで本日は英国の高速鉄道建設をめぐる裁判記事を選んで見ました。

3月15日付け英・ガーディアン紙はHS2: ministers say court ruling is 'green light' for high-speed railとしてロンドン・バーミンガム間の高速鉄道計画が建設に向け一歩を踏み出したことを伝えています。

この建設決定については2012年1月にロイターが英国、ロンドン─バーミンガム間などの高速鉄道を建設へ=運輸相として伝えていますし、日本や中国のゼネコンが受注にむけいろいろと動いているという報道があります。

計画そのものはHS2をご覧いただくのがよろしいかと。。。

現行ロンドン・バーミンガム間、1時間24分を45分で結ぼうという高速鉄道計画ですので、騒音やトンネル掘削による自然環境破壊などで沿線住民+環境団体から反対運動がおき、被害を受ける住民に対する補償問題を除き、10ある項目のうち9項目で政府側の意見を支持する判決ということで、政府は計画実施にむけ大きな一歩と発表しております。

一方で補償方法を問題とする地元コミュニティー団体70超を傘下に置くHS2 Action Allianceはhuge Victoryとして補償に関する裁判所の判断を歓迎しています。この補償問題ですが、約1kmにある約17万2千の住宅への説明配慮が欠けていたとするもので、景観や環境破壊については政府側の意見が通っているというものです。

BBCもHS2 ruling 'a victory' despite unlawful compensation moveとして伝えています。


ロンドン・バーミンガム間を結ぶ330億ポンドの鉄道プロジェクトは2025年までの運営を目指し、バーミンガムから北へ、マンチェスターとリーズ方面にY字型に延伸する第2期工事は2032-33年までの運営を目指すということに成っています。
反対派はこの鉄道プロジェクトによる経済効果は過剰なものであり、美しい自然も鉄道により荒廃してしまうだろうと主張しています。

また渋谷の話に戻りますが、20年後、本当に渋谷駅周辺の改築が終わった時、丸の内やリニアが通る予定の品川との関係性はいかがなりや?
都市間競争といいますけど、それは東京vsニューヨークであり、パリ・ロンドンであって、渋谷vs丸の内・品川ではないように感じるのですけどね。
[PR]

by fukimison | 2013-03-18 15:11 | プロジェクト  

英ロンドン、テムズにFloating Village構想

久しぶりに夢のある?プロジェクトです。

3月12日付けBuilding誌の記事Boris unveils London 'floating village' plans

このボリスとはいわずと知れたロンドン市長のボリス・ジョンソン氏、今年もカンヌで開催されているMIPIMでジョンソン市長がテムズ河、Royal Docksに英最大となるFloating Villageを建設すると発表したというもの。

プロジェクト内用はRoyal Victoria Dock、カーブルカーの真下にあたる場所に15エーカーの浮島を建設し、住宅、ホテル、レストラン、バーなどの開発を行うというもの。開発や設計、実施に向けた事業者を国際コンペで募集するのだそうです。

Newhamの市長は「ロンドンは東方面に延びており、Royal docksは欧州で並ぶものの無い大規模な投資機会を提供するものとなろう」と賞賛です。

12日付けのConstruction PlusもDevelopers wanted for London 'floating village'としてこのニュースを伝えています。

こちらは15エーカーではなく、6ヘクタールのfloating villageとして記されています。

現地はエミレーツ航空ケーブルカーの北端に隣接する場所で10年後に開通予定のクロスレイル線も利用可能となるところだ。

ジョンソン市長はアムステルダム近郊のLjburgやハンブルグのHafen市のような開発が望ましいと述べている。最近市長は開発可能な公有地の詳細を記載したLand Assets Databaseを立ち上げた。

最後はロイター伝London mayor plans floating village

内容は上記の記事2点と余り変わらないのですが、ジョンソン市長は今年の夏に正式な調達手続きを開始すると述べたとありますから、開発事業者の選定コンペの内容はもう決まっているのですね。

このカナリーワーフやロイヤルビクトリアドックといった地域は造船業で栄えた地域だったのが、第2次大戦後は海運不況で荒廃した地域となっていました。ロンドンのイーストエンドにある200ヘクタールを越す汚染され見捨てられた地域はロンドンオリンピックの時に再開発され、スタジアムや宿舎が建設されたことから、この地域の一部は住宅地や公園に変身を遂げている。

オリンピックを起爆剤とした再開発パート2ということですね。
[PR]

by fukimison | 2013-03-15 12:12 | プロジェクト  

チャンギ、新ターミナル建設計画発表

東南アジアのハブといえばシンガポール、香港という考えもあるけど位置的にはシンガでしょう。勢いのあるアジア諸国、たとえばヴェトナム、とりあえず民主化のミャンマー、老舗タイにも日帰り時間で移動できるしね。そのシンガの空港はチャンギ、世界的にも使いやすい空港として常にランクイン、そのチャンギが新ターミナル建設計画を発表しました。

Singapore Changi to open new Terminal 4 in 2017
[PR]

by fukimison | 2013-02-13 13:39 | プロジェクト  

パキスタン、あの場所にアミューズメントパーク建設?

本日はこれです。
2月4日付けアル・アラビア紙のPakistan plans ‘amusement city’ for bin Laden town

記事は「パキスタン政府はオサマ・ビン・ラーディンが米特殊部隊に殺害された町に、3000万ドルを費やし動物園やスポーツ施設が付設されたアミューズメントパーク建設を計画中だと政府筋が発表した」で始まります。

オサマ・ビン・ラーティン殺害地に遊園地!
日本人には思いつかない発想です。いや、福一以降、高線量といわれる東京でオリンピックを開催しようというほうがすごいという説も。。。。

ともかく記事は「アボタバッド周辺域の川べり、そこは2011年5月2日に米シールズがアルカイーダの指導者を殺害した場所であるが、を50エーカーに渡って開発する計画は、レストラン、人口の滝、heritage centerなどが建設される予定だ」と続きます。この時のheritage centerはどういう性格のたてものなのでしょうか?パキスタンの文化・風習は良く解らないのですが、ふつう英語的に考えると何か記念碑的な建物という理解なのですが、ちょっと記念碑と殺害はイメージがつながりません?

記事によると「ビン・ラーディンとは関係のない計画だ」と述べたとありますけどね。

この工事計画は官民パートナーシップで行われ、同地域を観光地として押し上げる目的の元行われるとあります。50エーカーというのも第1期計画であり、8年かけて最終的には500エーカーにまで広げるのだそうです。

アボッタバッドは首都イスラマバードから北に50kmのヒマラヤの山麓に位置する静かな緑豊かな町とあり、イスラマバード在住の富裕層が週末を過ごしに来るところだそうで、東京的に考えると箱根か伊豆みたいなところでしょうか?

ビン・ラーディンが妻や子供と一緒に殺害された住宅はアルカイーダの信奉者の聖地と化さないようにするため、当局によって撤去されたそうです。
[PR]

by fukimison | 2013-02-05 16:06 | プロジェクト  

米、加州の高速鉄道着工まであと半年?

なんだか気がつけば2月、節分も終わり立春です。
少しは景気の良い話がでてこないものだろうか?

欧州に目を転じてもアイルランドの失業率は相変わらずの14.6%の高水準だとか、ムーディースがクロアチアをジャンク債に格下げとか、言い話はでてきませんね。

じゃあ、2期目となったオバマ政権下の米国はというとL.A.Timesのこの記事California still hasn't bought land for bullet train routeが、大丈夫なの?というかんじで目をひきます。

まずウィキをみると「カリフォルニア高速鉄道とはアメリカ合衆国カリフォルニア州において将来予定されている高速鉄道システムのことで、カリフォルニア州高速鉄道局 (CHSRA: California High-Speed Rail Authority) が推進している。このプロジェクトに99億5000万ドルを投じることを認める提案1A (Proposition 1A) が2008年11月4日にカリフォルニア州の州民投票で通過したことにより承認された」という文章から始まります。

サンディエゴを起点としてロサンゼルスを通り、州都サクラメント、サンフランシスコを結ぶ路線で、確かにこれが鉄道で結ばれれば便利だろうと思いますし、日本の新幹線技術の輸出先として取りざたされているのも理解できます。

さてLAタイムスの記事ですが、加州の高速鉄道網建設工事は六ヶ月で開始の予定だがルート沿いの土地買収が全く済んでおらず、大きな問題に直面しているとして現状を伝えています。

もともと連邦、州、地元と認可権を持つ行政が複雑に入り乱れて行う680億ドルという巨大プロジェクトです。簡単にことは運ばず、すでに計画は遅れを見せています。最初の工事を行うフレズノでの用地買収がおわていない、建設開始の遅れは第1期(60億ドル)の建設工事における政治的・経済的に微妙なタイムテーブルを脅かし、問題の連鎖反応を引き起こす可能性が生まれます。

「2008年、加州有権者は当初ベイエリアと南カリフォルニアを時速220マイルで結ぶ拘束鉄道計画の費用320億ドル(見積もりの半額)で承認した。もし工事スケジュールが予定通り進まなかった場合、費用は増大し、州は第1期部分完成に必要な資金を充分用意できない状態になるだろう」

なんだか相当な見切り発車状態です。

California High Speed Rail Authorityのproject vision and Scopを見ると経済効果など抜群とありますが、それにしても日本も米国も産・官・政の複合体の手法ってなんなんでしょうね。
[PR]

by fukimison | 2013-02-04 13:21 | プロジェクト  

アブダビ・ルーブル、着工へ

世界のリゾート地を目指したドバイ、
世界の有名美術館招致のアブダビ
世界の有名大学院招致のカタール

天然資源枯渇後に備えて中東各国の方針です。

ドバイは埋蔵石油量はほとんどなかったので、一番にリゾート開発を決め人口島のパームジュメイラなどなどを建設してきて、最後がかのブルジュハリファ、そこで力尽きたわけですけど、インフラというか建築物は完成したときから陳腐化は始まるし、維持管理費も時がたてばたつほどかかるようになるので、将来戦略としてはどうかな?です。これは日本の地方都市の公共建築物投資と同じ構造ですね。

そして本日の紹介記事アブダビのルーブル招致です。

1月8日 Al Arabiya紙はArabtec to build Abu Dhabi Louvre for $654 millionとして伝えています。

「計画発表以来、遅れに遅れていたプロジェクトのルーブルアブダビアートギャラリーだが、ドバイを本拠とするArabtec Holding社が主導するコンソーシアムが6億5400万ドルで建設すると1月8日に発表された。
アブダビ観光開発・投資会社(Abu Dhabi Tourism Development and Investment Company)は、2015年の開館を目指し、建設は直ぐに始まると述べた。建設はArabtec社が主導しスペイン企業のConstructora San Jose SA、サウジのSaudi Oger子会社の Oger Abu Dhabi LLCが参加するジョイントベンチャーが落札。
契約価格は約6億5400万ドル

アブダビは30年のルーブルの名称利用権に130億ドルを支払っていますが、その利用権貸与についてはフランス国内で大論争が起きたと記憶しています。

しかしジャン・ヌーベル設計のアブダビルーブルちょっと楽しみです。
画像はないかと探したところ、こんなふうというのを発見

FTもAbu Dhabi awards Louvre branch contractとしてこのプロジェクトのこと掲載しています。

なぜかこちらは6億5300万ドルと微妙に数字が違う、為替レートの関係かしら?

FTの方はルーブルは2015年に開館予定、続いて大英博物館と提携したZayed National Museumが2016年に、ニューヨークのグッゲンハイム美術館のフランチャイズが2017年にとあります。

アブダビは欧米の有名美術館・博物館が1ヵ所にあることで、移動せずに美術品を楽しみ、ついでにリゾートもという戦略なのでしょう。

今後の展開に期待です。
[PR]

by fukimison | 2013-01-09 13:25 | プロジェクト  

海底ホテル構想

笹子トンネルの天井崩落事故、そういえば数年前、開通したばかりのボストンのbig digプロジェクトで天井パネルが落下し、運転者が死亡するという事故が起きましたね。
wikiでみるとBig Dig ceiling collapseという項目がちゃんとありました。

今回の笹子トンネルとは違いますが、ボストンのケースはつり天井のパネルを留めつける金具とエポキシ樹脂糊に不具合があったと記憶しています。開通したてのボストンと30年ほども建っている笹子では工法の進歩・疲労・維持管理問題なと、異なる視点での検証が必要となるでしょう。しかし維持管理がこれから増える、管理不良のインフラによる事故発生の増加など、新規インフラ工事をしている場合じゃないという声がもっと聞かれるようになるのは確かかと。。。。

個人的には全部のインフラをきちんと手入れするのは、人的にも金銭的にも人口減・高齢化社会では持ちきれないのでは想像、コンパクトシティ化はやむをえないのでは?でも南海地震などを想像すると交通リダンダンシーは欲しい、本当に微妙ですね。

まぁ、兎も角として、本日は11月28日付けのGizmagにあったPoseidon Resorts completes underwater hotel designをご紹介します。

構想事態はもう10年弱からあるものの、なかなか動かないプロジェクトです。個人的にも夢はあるけど投資家は集まるのだろうかと思います。しかしほそぼそとでも消えずに続いているし、ついに設計図がでてきたというのがすごい。

あらすじは、美しいさんご礁で有名なフィジーにプライベートなラグーンを入手し、その海底にホテルリゾートを建設するというもので、概念設計だけだったのが実質設計や構造設計が終わり、現実に建設に向け動きだすというのですが、それでも建設資金の調達にさらに2年を見込むということで、本当に現実化するのか、未だ微妙そうです。

このプロジェクトはL. Bruce Jones氏によるPoseidon Resortsが開発しているもので、潜水艦技術の応用し、海面下12mの海底にレストランやバー、会議室にウェディングチャペルを備えたホテルを建設すると言うもの、陸上とはエレベーターでつながり、そこから出入りするのだそうです。

この海底リゾートとは別に陸上にも海面に張り出したバンガロー風のユニットを備えたいわゆるホテル(プール、テニスコート、バー、レストラン、レセプションえetc)も建設

当然のことながら、環境に与える影響を懸念する声が聞かれます。

11月30日付けのInhabitatもPoseidon Undersea Resorts Finalize Design of Outlandish Submerged Hotel in FijiとしてGizmagの要約記事がありますが、1週間で3万ドルかぁです。

南の島でのんびりというのは良いけど、ここまでしなくてもいいや、といったところでしょうか。
[PR]

by fukimison | 2012-12-03 12:53 | プロジェクト  

カタール、2022のワールドカップに向けインフラ整備

米東海岸はハリケーンのため大混乱、地下鉄に海水で浸水したとの報道があります。信号系統はどうなっているのでしょうか?今週末はNYCマラソンですけど無事に開催できるのでしょうか?

北半球では景気の良い話はなかなか聞こえてきません。
唯一といってよいのが中東の産油国周辺ぐらい。

そこで2022にワールドカップを開催するカタールの様子を見てみることにしました。

Qatar’s 2022 World Cup Preparations and ongoing Projects

この記事中の目立つ部分を拾ってゆくと「2022のワールドカップに向け冷房技術を屈指したスタジアムの建設がワールドカップの7年前に開始の予定。12箇所にスポーツスタジアムが建設される予定であり、それらを結ぶ鉄道プロジェクトがある。このプロジェクトは全長350km(平地部分170km、高架部分70km、トンネル110km)で、駅数は約100。建設費用は350億ドル超と見積もられている。
カタール鉄道プロジェクトはメトロやGCCネットワークなど約19の工事パッケージ(10億ドル)からなっており、来年末に落札者が決定される。今後15年のGCC鉄道プロジェクトに対する総投資額は1000億ドルに達する」

10月18日付けNCEの記事Qatar to award £22bn rail programme workで「カタール鉄道会社(QRail)は首都ドーハのメトロ工事における重要なトンネルおよび駅舎契約を決定する予定だ。63億ポンド相当のこれら契約は2022のワールドカップまでに地下鉄3路線を運行できるようにするための重要な工事だ。

やはり不況なのですね、この工事契約を求めて世界中から280社が興味を示し(入札参加希望を出したと言うことでしょう)QRailは4月に26社を選出、来年の早い時期に契約発表が行われるとみられている。この契約の目玉は16から20のTBMなのだそうです。

20弱のTBMが動きまくるドーハというのも想像するだけですごいです。
[PR]

by fukimison | 2012-11-01 12:06 | プロジェクト  

ドイツ、藻による発電を利用したビル

藻類の研究はバイオ燃料が主流だと思っていたのですが、発電も実証実験ができるまで進んでいたのかというので選んでみました。

まずPFSKのサイトにあったBuilding Powered By Algae Growing On Its Facadeから。

「ドイツのBIQハウス、この建物はInternational Building Exhibitionに向けハンブルグで計画されたもので、持続可能エネルギー発電と遮光のためmicroalgae(微細藻類)を利用した「bio-adaptive façade」を特徴としている。このゼロエネルギー建築物は現在建設中で新しいファサードシステムを現実の場で試す初のモデルとなろう」

この建物はColt International, Arup, SSCそしてSplitterwerk Architectsの協働で設計され、2013年3月の完成を目指し、工事が進んでいるのだそうです。

10月23日付けのInhabitatにもSplitterwerk Architects Design World's First Algae-Powered Building for Germanyとしてこの建物が紹介されています。

To create the algae façade, the building is covered in bio-reactive louvers that enclose the algae. These louvers allow the algae to survive and grow faster than they would otherwise while also providing shade for the interior of the building. Additionally, the bio-reactors trap the heat energy created by the algae, which can then be harvested and used to power the building. Once the building is completed, it will be evaluated by scientists and engineers to allow for future research and adaptation for future building projects.

ルーバーの中に微細藻類が閉じ込められていて、それが光を得ることでエネルギー源となると同時に遮光を行うということですが、遮光は簡単にイメージができますけど、エネルギーへの転換はバイオマスということなのでしょうね?
[PR]

by fukimison | 2012-10-24 12:14 | プロジェクト  

NYC、グランドセントラル駅付近の再開発

これは10月17日付けのWSJの記事Untangling the Grand Central Snarl ですけど、発想の豊かさと言うか大胆さというか、あまり実現して欲しくない提案もこれあり、いつもながら驚かされます。

グラントセントラル駅はリノベーションされ、昔に比べ美しくなったと思います。wikiでみると1871年開業とあります。

WSJの記事によれば「ニューヨーク市の都市整備局は新しいオフィスタワービル建設を目的として、その幾つかは上海、ドバイやロンドンを象徴するビルのライバルとなるものだ、パークやマディソンの一部を含めグラントセントラル駅周辺地域の区画整理(rezoning)を提案した。t提案された区画整理の一環として、一部の開発事業者はグランドセントラル駅の地下鉄ホームへ至るアクセス階段の増設やバンダービルト通りの歩行者用モールを含む、インフラ改善費用の寄付が求められるだろう。」

用途指定を変更することでオフィスビルの増床が諮られれば当然、そこに通う人も増えいままでのインフラでは追いつかなくなるのは当然のこと、さらに記事によるとロングアイランド鉄道のターミナルへのアクセスによる通勤者も増えるとのこと。

そのオーバーフローする人たちをどのようにさばくかということでNYCがSOM、WXY、そしてフォスターの3建設事務所に依頼した改善案が本日の記事内容。

どれも言葉で説明するよりも記事に添えられているパースを見ていただくのが一番です。東京も品川あたりなかなかすごい光景だなと思いますが、これらのパースには負けます。rezoningが承認されるかどうか、まだまだ未知数なことから、実現したらという仮定ですが。。。
[PR]

by fukimison | 2012-10-22 21:15 | プロジェクト