カテゴリ:プロジェクト( 172 )

 

ペルー、舗装化へ向け108億ドル投入

先週、福島へ行ってきました。7月の岩手(南三陸、宮古、釜石)、8月の宮城(東松島)、と比べてみて、(時期も被害の度合いも違うけど)福島ちょっと悩ましいです。7月に岩手へ行った時点で自治体によって(職員数や財政、対口援助の有る無し)瓦礫の片付けや道路の修復情況がとても違うのが印象的でした。しかし福島はなんというか、呆然として何も手につかない、といった雰囲気を感じました。これは原発の影響が大きいのだろうと想像します。

そんなこんなを考えているうちに、一週間が空いてしまいました。
十月を目前にして、再開です。

そこで本日は上海の地下鉄事故にしようかとも思ったのですが、やはりインフラといえば道路、ということでえらんでみました。9月26日付けKHLはPeru aims for 85% paved roads by 2016として、ペルー政府が2016年までに道路の85%の舗装化を行うと発表したと伝えています。

「ペルーのparedes交通大臣は今後5年間に同国の国道の舗装率を85%に向上させる計画だと発表した。CIAのWorld Factbookによれば、ペルーは国道23838km、州道19049kmからなる総延長102887kmの道路網がある。」のだそうです。

2011年のworld factbookの交通セクションをみると「非舗装の滑走路を持つ空港数153、鉄道総延長2020km、水路8808km(アマゾン流域に8600kmの航行可能の支流およびチチカカ湖に208km)」とあるあたりが目をひきます。

「大臣はインフラの向上はより広範なペルーの統合を導くものだ。このプロジェクト費用として2011年から2016年にかけ約108億ドルを投じるものだ。プロジェクトの初年度は423kmの国道を改善し修復する計画だ」と述べた。

「この目標達成の前に横たわるいくつ物課題には同国の約3460kmにのぼる主要道路が山岳地帯に存在し、なおかつ補修を要するという事実がある。さらに同国のインフラ計画は首都リマのライトレイル網の第2区間の建設も含まれている」

リマにライトレイル?と思いネットサーチしたところ今年の7月1日にTren Eléctrico light rail systemというのが開通しているようです。

こういうニュースを読むと、ゆっくりとではあってもそれなりにインフラが整っていくように感じます。
[PR]

by fukimison | 2011-09-27 21:06 | プロジェクト  

ADB、インドの鉄道事業に融資

今年は自然災害に祟られる年。3月11日の地震はともかく、度重なる台風の襲来とそれによる土砂崩れ、洪水、浸水、生り物の秋を控え不安です。

そんなマエフリとは全く無関係に本日はインドの鉄道改良事業に関する記事を選んで見ました。

9月1日付けNetIndiaはADB to extend $ 500 m loan to help India improve rail servicesとして「アジア開発銀行(本拠地マニラ・ADB)はインドの混雑した貨物及び乗客輸送鉄道ルートの一部を改善するべく5億ドルにのぼる資金を貸し付けると発表した」と伝えています。

「ADBのプレスリリースは、役員会は鉄道セクター投資プログラムへMFF融資を行うことを承認した。新しい信号システムに加え何百キロにもおよぶ既存路線の電化や増路線に融資するものだ」

このMFFとはmulti-tranche financing facilityの略号、ちょっと調べたところ最近開発された手法で、中長期に渡るプロジェクト支援するもので、ポーションを複数のtrancheに分け、trancheごとに条件が変えられるという柔軟な融資スタイルのことだそうです。

ADBのリリースを探したところ、ADB $500 Million Loan to Boost Indian Railwaysを発見。

こちらには「2010年3月までの年度に70億人の乗客、8億トン超の貨物を運んでおり、インドの交通セクターにとり鉄道はその心臓部ともいえよう。しかし新規インフラ投資の欠如、そして組織的制約は交通増加への対応に苦慮している」とあります。

投資プログラムは、チェンナイ、コルカタ、ムンバイそしてニューデリーを結ぶ批判の多い「黄金の四角形コリドー」を始めとし、チャッティースガル、オリッサ、マハラシトラ、カルナカタそしてアンドラプラデーシュの各州の混雑した貨物および旅客路線を対象としたものとなろう。これらの路線の多くは大勢の乗客や大量の鉱物、経済的に重要な貨物を輸送している。さらにこれらの路線は、正式な貧困ライン以下で生活する多くの人々が住む田舎地域を走っている。
ADBの通常資本原資(ordinary capital resources)からの第1回融資(1億5000万ドル)と共に、融資は複数のtranchesで出される予定だ。5年の猶予期間のついた25年ローンで、年利はADBのLIBORをベースにした融資制度にしたがって設定される。

インド政府は11億ドル超を見積もられる全プログラム費用の残高をカバーするため6億4400万ドル超のcounterpart financeを用意する計画だ。

ただでは起きないADB
[PR]

by fukimison | 2011-09-02 12:21 | プロジェクト  

米・ソを結ぶメガトンネルプロジェクト

実現するかは別にして、久しぶりに壮大なプロジェクトニュースです。

8月24日付けGlistにあったRussia to build $100 billion rail tunnel connecting Alaska and Siberiaの記事によれば、「ニコライ二世依頼、ロシア人はシベリアを鉄道トンネルで北米と結ぶ夢を見ていた。ついにクレムリンは英仏海峡を結ぶトンネルの倍の長さもある世界最長のトンネル建設にゴーサインを与えた」

「このトンネルは欧州から北米へ乗客を運ぶだけでなく、大陸間のスマートグリッド構築へ向け、電線用の管路を敷設する計画だ」

「プロジェクトの巨額な費用は間違いなく大きな障害だが、欧州と北米の接続により世界の貨物輸送の3%を担うことで7年で回収できるとして、技術者は計画実現を夢見ている」

うーん、すごい。英仏海峡トンネルも計画当時にそのようなことが聞こえてきたように思いますが、建設途中、そして最近も清算とか倒産の文字を読んだ記憶が。。。。

これの元記事として紹介されているのが8月22日付けWorld Architecture NewsのGreen light for £60bn GBP Bering Strait tunnelで、「今週、ついにクレムリンはアジアと北米を結ぶ65マイル(106km)のトンネルプロジェクトに青信号を与えた」と報じています。

「ヤクーツクへ至る500マイル、9億ポンドのトランスーシベリア鉄道はすでに建設についており、2013年に完成の予定であり、ロシアは2030年までにさらなる2360マイルへむかい進めている。これは北部の地下資源に富む地域をロシアと中国へ輸送する主要連絡路をもたらすものだ」とあり、ロンドン・ニューヨーク間を列車で旅するというより、鉱物資源・天然ガスのパイプライン敷設のバイプロダクトと考えたほうがよいのかもしれませんね。

完成するかどうかはともかく、久しぶりに壮大なプロジェクトが動き出しそうで、楽しいことです。
[PR]

by fukimison | 2011-08-25 11:13 | プロジェクト  

米、ラスベガスのHarmon Hotel撤去へ

カリフォルニア大学サンディエゴ校から福島原発で海水注入により発生した放射性硫黄がカリフォルニア沿岸で計測されたとか、冷却プール1平方メートルあたり4000億個の中性子が放出されたとか、福島近海は平常の約365倍のといった報告書が発表され、どこまで続くぬかるみぞ、との感を強くします。

しかし本日は趣向を変え、昨年11月に「ラスベガス、フォスター設計のホテル、解体それとも?」としてご報告した記事の続報を選んで見ました。

8月15日付けMENAFMはGMG Resorts seeks to demolish City Center's Harmon Hotelとして報じています。

「MGMリゾート・インターナショナル社はラスベガス・ストリップのシティーセンターに立つ工費約2億5000万ドルの未使用で空き家のHarmon Hotelを工事不具合により解体したいとクラーク郡建築局に申請を提出、今後は裁判所に撤去許可を求めることになろうと発表した。」のだそうです。

予定では解体工事に6ヶ月、その後瓦礫の撤去に5ヶ月。これにより同プロジェクトに投じられた2億7900万ドルは損失として処理されることになります。

欠陥工事を巡る建設業者と事業主の争いなど、過去の経緯は昨年のものをご参照いただくとして、当然請負業者は構造は安全であり、改修可能だとして撤去に反対しています。

Building Design & Constructionの記事CityCenter’s new Harmon Hotel targeted for demolition を見ると、「ラスベガスの85億ドルを投じたシティーセンター開発において重要な部分をなす27階建て・未使用のHarmon Hotelを、MGMリゾートシャは解体したいと考えている。2008年に検査官が鉄筋の不適切な配置を発見、2009年にMGMは当初計画から27階建て400室のホテルへと変更。ノーマン・フォスター卿設計の建物は裁判から抜け出せず、これ以降工事は中断」だそうです。

請負業者のPerini社とMGMは工事代金を巡り熾烈な法廷闘争を行っていますが、フォスター氏の名前は出てきません。ということは払ってもらってのかな?

解体されたとしても、代金を巡る裁判はまだまだ続きそうです。
[PR]

by fukimison | 2011-08-17 22:02 | プロジェクト  

ロシア、世界初の洋上原発プロジェクト頓挫

世の中は夏休み、記事も夏休みモードです。

そんな中、目を引いたのがこの記事

8月15日付けMoscow TimesのFloating Nuke Plant Seized in Bankruptcy

記事は「昨年秋の国際興業銀行の倒産は、裁判所による世界初の洋上原子力発電所押収をもたらした。しかしユニークな発電所の工事は続いている」とあります。

原子力潜水艦のように機関として原子力を利用するのではなく、洋上に浮いている発電所です。

ユニークなことは確か、CG画像でそのユニークさが解ります。

4月18日付けロイターのCan nuclear power plants float?を見ても「日本の原発事故や高まる安全懸念や嵩む費用にもかかわらず、ロシア政府は世界初の沖合い原子力プラントを押し進めている」

記事中の要点を拾うと「2つの原子炉で構成されており、これにより35000世帯を賄う70mWの発電が行える。プラントはドックまたは沿岸に停泊しそこからケーブルで送電を行う」「ロシアの国営原子力エネルギー企業のPosatomは、輸出目的で12の洋上発電所を建設する予定だ。」「最初の原子炉の建設費用は5億500万ドルで、当初見積もりより4倍超も高額になっているが、それでも従来の大型原子炉に比べてればごく小額だ」

でも洋上、カトリーナ級の台風が来たら、それこそ津波は大丈夫か?です。

しかしその前に倒産の二文字

8月15日付のworld nuclear newsもCourt seizes floating nuclear plant としてこれを報道しています。

問題はこの洋上原発が建設されているBaltiysky Zavod造船所にあります。

Baltiysky Zavod造船所の最大の株主は88.3%を所有するUnited Industrial Corporationで、同社はSergei Pugachev氏が所有。この株式はロシアの中央銀行にInternational Industrial Bank(Pugachev氏の所有する銀行で2010年11月に倒産しています)の未収融資として担保されています。従って造船所は倒産の危機に瀕していると言えましょう。

「Rosenergoatom社の要求により裁判所はBaltiysky Zavod 操船所で建設途中の船を押収した。Rosenergoatom社は倒産処理の最中、他の債権者により造船所の資産が押収されることで、3億4000万ドルの投資を失うことを恐れた」とあります。

世界初の洋上原子力発電所にしては、今ひとつな理由ですが、今後の展開を注目と言うことです。
[PR]

by fukimison | 2011-08-16 23:16 | プロジェクト  

バングラデシュ、発電プロジェクトにADB融資

このところ近東・アジア地域の記事紹介が少なかったので、クライストチャーチの復興原案と迷ったのですが、クライストチャーチのものは東北復興との比較記事も出るだろうということで、これを選んで見ました。

8月11日付けKHLのBangladesh receives energy boostは「アジア開発銀行(ADB)はバングラデシュのエネルギーインフラ改善を支援するため3億ドルの融資を行なうと発表。同融資は同国の電力システム効率改善プロジェクト(Power System Efficiency Improvement Project)支援に利用されるもので、特にチッタゴン地方・メグナ川デルタ近辺にあるAshuganj発電所の老朽化した5つの発電機を新しい天然ガス複合発電所へ転換するものだ。」

「融資はHatiya島の風力、太陽光、ディーゼルハイブリッドシステムに加え、国内電力網と接続される太陽光発電システム(5mW)の資金調達も行われる計画だ。さらに太陽光やLEDによる街頭の設置、または補修wpBarisal, Chittagong, Dhaka, Khulna, Rajshahi およびSylhetの各都市で行う予定だ。」

「イスラム開発銀行も2億ドルの協調融資を供与の予定であり、バングラデシュ政府も8100万ドルを調達し、このプロジェクト費用は総計5億8100万ドルに登る。完成予定は2017年6月」

Energy for Allのサイトにも同様の記事ADB Loan to Help Bangladesh Cut Energy Shortage, Reduce Povertyがあり、こちらは「バングラデシュにおいて電力の需給ギャップは1200mW(2011年)であり、電力へのアクセスのある人は人口の49%」

「これらのイニシアティブはバングラデシュが年間何千万トンもの二酸化炭素排出を削減する一助となることで、このプロジェクトがクリーン開発メカニズム(Clean Development Mechanism)による炭素融資の対象としている。融資期間は5年の金利優遇期間のある25年」
[PR]

by fukimison | 2011-08-12 11:11 | プロジェクト  

ロンドンオリンピック施設、88%完成へ

東北炊き出しボラツアーとこの暑さで参りました。今日は久しぶりに人心地つける気温でウレシイ

このところインフラらしいインフラのニュースが出なくて残念です。こういう景気というのもあるけど、いわゆる先進国における大型インフラ建設時代は終わり、いかに維持管理していくか、ということだと思いますし、インフラ建設する時も維持管理のしやすさ・コストパフォーマンスが重視される時代に入った。人口激減時代を目の前にした西欧と日本、まだまだ伸びシロのあるアジア、特に中国でのインフラ・都市計画建設ということだと思います。

いままである施設をどのように生かして次ぎにつなげるか、は面白い課題だとも思います。そんなことで本日はオリンピック開催まであと1年ということで、7月19日付けBBCの記事London 2012 Olympics building programme '88% complete'を中心にお送りします。

記事のは「ロンドン・オリンピック委員会は2012年のロンドンオリンピクに向けた建設プログラムの88%が完成したと発表」で始まります。

肝心の建設費用ですが「最終費用は5月から1600万ポンド減って72億5000万ポンドと見積もられ、スポーツ大臣のロバートソン氏も930億ポンドの当初予算内に納まると確信している」と述べたとあります。

88%完成とのことですが、国際放送センターをはじめ5つの施設が完成し、水泳競技場も完成真近。

競技施設ではないけど、先月オリンピックパークへ向かう観客の半分が利用するストラットフォード・オリンピック駅(東ロンドン、)の改築(費用1億2500万ポンド超)が完成。この駅の収容力は3倍になり、オリンピックのピーク時に120,000人の乗降客がさばけると見積もられている。

オリンピック委員会のサイトを見るとOlympic Park and Village workforce peaks as ‘big build’ nears completionというのがあって、建設に携わった人数や、そのうち4分の1が施設がある5つの区の住民であり、10人のうち6人はロンドン在住であり、地元の雇用にどのていど役立ったかが示されています。

こういう数字が公開されているのが、面白い。

施設の写真としてはベロドームのがいいですね。

じゃあ、東京オリンピック招致が良いかと言えば、ちょっとよく解らないです。
[PR]

by fukimison | 2011-07-21 14:41 | プロジェクト  

中国政府、山峡ダムの失敗を認める

これはすごいですね。

山峡ダムは長江の氾濫を抑えるために必要であり、孫文の頃からの悲願といわれた国家プロジェクト。

概要をざっとおさらいしてみると、建設費230億ドル(公称)1993年に着工、2009年に完成。70万kW発電機26台を設置し1,820万kWの発電が可能な世界最大の水力発電ダム。貯水池は約660kmに渡り、移住を余儀なくされた住民は110万人、詳しくはwikiをどうぞ。

肝心の記事ですが、6月3日付けThanh nien newsのThree Gorges lessons for Vietnam

記事は「世界最大の水力発電プロジェクトと言われる揚子江に建設された山峡ダム(建設費用は270億から880億ドル)だが、中国政府は公式に同プロジェクトは社会的、環境的、そして地質的に深刻な問題を引き起こしたことを認めた。」で始まります。

その影響ですが、まず出てくるのが強制移住に関する問題で120万人が移住させられ、何百人もの地元行政職員が補償費用を流用、政府は移住者に職や新しい定住地の用意が行えなかった。

ダム建設により魚の回遊が阻害され、川の浄化作用も低くなり、貯水湖沿いの工場から排出される汚染水により有害な藻繁茂がたびたび発生するようになり、揚子江自体のエコシステムにも大きな影響を与えた。さらに漁業不振、揚子江イルカの絶滅も起きている。

注目すべきはこのあたり、「社会的、環境的問題は予測できたが、巨大ダムによる地質的影響は予測していなかった(いわゆる想定外です)山峡ダム貯水池の水位は毎年145mから175mの幅で変動する。これが揚子江渓谷の斜面を不安定にさせ、頻繁に発生する地滑りの原因となっている。専門家によれば、貯水池の半分近く、178kmにおよぶ川岸が崩壊の危険にあり、これによりさらに30万人超が移住を余儀なくされるだろう」とあります。

これらに加え、揚子江が運んでいたシルトの大部分が貯水池に蓄積し、下流域に運ばれなくなったことから、沿岸沿いの湿地が毎年4平方kmの割合で侵食され、揚子江デルタは消失し、海水が上流に逆流することで農業や飲料水に影響を与えているし、栄養が海に運ばれなくなったことで漁業も影響を受けている。

水力発電は二酸化炭素を排出しないので、地球温暖化にとってはエコということになっていますが、層ともいえない、スケールメリットではなく、スケールデメリットになってしまっています。

もう一つ、中国関係で気になる記事が6月6日付けNYTのBuilding Boom in China Stirs Fears of Debt Overloadです。

上海の西425マイルにある武漢の建設ラッシュを例にとり、この建設バブルがはじけたら、というシュミレーション記事をだしています。

いま世界で唯一といってよいほどけん引役の中国ですが、その外交政策といい、近隣との資源争いといいい、ハラハラドキドキです。
[PR]

by fukimison | 2011-07-08 12:08 | プロジェクト  

米、加州最大の太陽光発電プロジェクト再開

4月にグーグルがドイツの太陽光発電に出資という記事を紹介しました。この時期、グーグルは他にも大型出資をしていて、その一つが4月12日に流れた米グーグル、世界最大規模の太陽熱発電所に140億円出資というものでした。

福島のことがあってからドイツ、イタリアの脱原発決定が注目されています。ドイツ、イタリア(スイスも)に出来て日本にできないか?といえば両国は原発大国のフランスから買電しているという実態があります。しかし本当に自然エネルギーシフトするのなら、北アフリカ・マグレブ地域に大型太陽光・風力ファームを敷設し、超高圧送電網で欧州に送るという壮大なプロジェクト構想の現実化が必要でしょう。
同じように日本もアジア大陸間で超高圧送電網を敷設し、電力の相互融通を実現するという考えが人々に問われてもおかしくないでしょう。

しかしその前に自然エネルギーの良し悪しをちゃんと検証する必要があると考えます。

太陽光は風力に比べ騒音被害や渡り鳥の追突事故は起きません。しかし地面に設置することから広い土地が必要になる、風力に比べまだまだエネルギー転換率が低い、パネルは耐用年数が長いがケーブルや機械類の維持管理費・補修費がけっこう高い、という解決が必要な課題があります。しかしこれらが解決されると発電費用が下がります。

前置きが長くなりましたが、本日の紹介記事は4月に計画された米国の太陽光発電所プロジェクトが希少動物調査のため中止状態だったのが先に進む目処がたったという記事です。

6月11日付けENR誌はConstruction To Resume on Parts of Massive Calif. Solar Projectとしてこの件を伝えています。

「米土地管理局はサンバーナーディノ郡東部(ネバダとの州境から約5マイル)のアイバンパプロジェクト(約20億ドル)の次期建設計画を承認した」

「4月、連邦担当官は連邦環境調査が工事により3000超の砂漠亀が被害をうけ、700ほどの小亀が死ぬとの結果を示したことから、ブライトソース・エネルギーシャにプロジェクトの3分の2の建設中止を命じた」

「しかし米魚類野生動物庁は生物学的見解として知られる新しいアセスメントを発表した。それは捕食動物から守る方法やモニタリングおよびフェンスの増強を行うと同時に亀を移動するというものだ」

しかし2011年1月17日付けNewNetNews記事Brightsource Energy’s Ivanpah solar project receives permit complaintをみると非営利環境保護団体から希少生物保護の観点から、事業者訴えられる、正当なアセスをしていないと連邦を訴えるケースが増えているのがわかります。

記事の中に「ブライトソース・エネルギー社は事前にこのような問題に対処する手段をとっており、土地固有の希少種が利用できるよう広大な生息地を購入していた」とあるあたり、事業者側の苦労が伺えます。

完成すれば年あたり40万トンの二酸化炭素削減に寄与する太陽光発電プロジェクトと希少生物、なかなか難しいです。

個人的にはこれよりも、記事にある写真、パネルの発光の方が光害のように感じるんですが。。。
[PR]

by fukimison | 2011-06-15 10:35 | プロジェクト  

ロシア、ガズプロムタワー再出発?

以前にもお伝えしたロシア、サンクトペテルブルグに計画された石油大手、ガズプロムの本社ビル建設計画

まず欧州で最も高い455mのビルを世界遺産のサンクトペテルブルグの中心部に建設するということで、市民から批判、さらにユネスコが世界遺産の称号剥奪をちらつかせながらの計画反対、建設に関する住民説明会では乱闘騒ぎに、しかし建設推進波の政治家は高さ制限を解除して建設誘致となかなかすごい様相を呈していました。

そして6月6日付けBD OnlineはRMJM's Gazprom tower moves to St Petersburg outskirtsとして、「かずかずの批判を受け、ガズプロム社はサンクトペテルブルグの郊外での建築申請を行った」と伝えています。

さらに場所を郊外に動かしただけでなく、高さも25%の減、
なんでも「場所を移動し、設計の見直しをしたお陰で建設費は50%安くなり、工期も2年短縮」だそうです。

また6月3日づけBloombergのGazprom Neft Seeks Consent for Tower on St. Petersburg Outskirtsによれば、「世界遺産のサンクト中心街より10kmほど外側の場所に建設」なのだそうです。

「当初計画は英国を本拠とするRMJMがコンサートホール、美術館、ホテル、ビジネスセンターを併設したガズプロムの本社を設計したのですが、UAEを本拠とするArabtec Holding社に乗り換えてこの建設を続行」だそうです。

まだまだ、完成まで前途多難そうです。
[PR]

by fukimison | 2011-06-09 10:55 | プロジェクト