カテゴリ:公共財( 42 )

 

タタ、モルディブで住宅建設

温暖化のためか、暑くなるのが早くなっている。以前は6月から30度を越すことはなかったし、いくらフェーン現象にヒートアイランドが重なったからといって40度近くになることもなかった。

ルモンド紙の記事A Fukushima, des taux de radioactivité quatre fois supérieurs à la limite légaleによれば、福島市内で1986年のチェルノブイリ原発事故でソビエト当局が住民避難を決定した際の放射線基準値を超えていると市民団体が発表し、妊婦や子供の避難措置を求めているとのこと。福一の核燃料がチェルノブイリのそれに比べ250倍であることを考えると、へんなところで納得してしまうのですが、しかし、欧州にとりフクシマとチェルノブイリは同意語になり、少なくとも今後50年は観光・農業立国はムリでしょう。

福一といえば東芝なのですが、ブルガリアにおける超臨界石炭火力発電及びCCSプロジェクトの案件形成調査なんていうPRを出しています。石炭火力発電でも加圧して気体だか液体だかわからない状態の超臨界状態の発電、うーみゅです。

本日は7月6日付けWallstreet JournalのTata to Build Residential Project in the Maldives を中心にお伝えします。

「インドのタタ住宅開発社(Tata Housing Development Co)はモルディブ政府の委託により、住宅約350戸および別荘、約1億9000万ドル相当の住宅建設を行うと発表」

タタ社の担当役員は「フラットお80%は政府へ直接売却し、残りは市場に出す予定であり、工期は2-3年」と語ったとあります。

今後数年のうちに、同社はスリランカのコロンボでも2つの住宅建設プロジェクトを実施する計画だそうです。
やっと内戦が収まったスリランカ、次ぎは住宅やインフラ建設というのは良くわかります。

同重役によれば、タタは今年度に80から100億ルピーを新プロジェクトに投資する計画であり、うち25億から30億ルピーは海外プロジェクトに投じられるだろうとのこと。

モーリシャスやモルディブといったインド洋諸国、土木のインド系という人口構成に加え、いままではリゾート開発だったのが少し様変わりしてきたのでしょうか?

タタグループはインド国内で4300万平方フィートの用地を開発中であり、さらに今年度中に2200万平方フィートを買い増す計画だとのこと。

やはり7月6日付けWallstreet JournalはInterserve Eyes India's Building-Services Sector というニュースも報じています。

こちらは英国を本拠とするアウトソース・建設企業のInterserve社が買収または合併により、インドの建設サービスセクターへ参入を検討しているというもの。ベースにある考えとして、今後のインドの発展、つまり海外の多国籍企業のインド市場参入やインドの諸都市自体の発展を考慮すれば、ビルの維持管理、電気系統の儀装といった近代的なビル経営が必要になるというもの。

記事によればインドの建設産業は1970年代後半から着実に伸びており、インド政府の統計によれば2007年から2017年の10年間に12.4%の伸びが予測されるとあります。

中国の次ぎはインド、国土、人口、教育からしてもそうでしょう。
中国もインドも同じように民族、環境、官僚組織に問題を抱えています。

どうしても一つの政府が納められる国土の広さと人口、構成に限界があるように感じられて成りません
[PR]

by fukimison | 2011-07-06 12:14 | 公共財  

ラオス、サイヤブリ・ダム建設に向け運動

なぜか日本は建築(建物)がメジャーだけど、ダム、鉄道、道路、橋梁、といった人に必要とされるインフラこそ建設といいたい。

そこで本日はラオスのサイヤブリ(xayaburi)ダムプロジェクトをお伝えします。

このプロジェクトの概要はメコンウォッチのサイヤブリダム情報をご覧いただくのが良いと思います。
このページの関連情報をみると2011年4月、東電に「ラオス・サイヤブリダム建設計画への御社の関与について」という公開質問状が送られています。原発対応で大変な時にラオスのダムについても質問、ご苦労様なことです。

2011年4月20日付けBBCはNo decision on Mekong Xayaburi dam projectとして、「ラオス、カンボジア、タイ、ベトナムの代表はメコン川に建設予定でいろいろな批判にさらされているラオスのダム建設の可否について特別会議を開いたが、合意に至らなかった」と報じています。

しかし6月23日、国際的な河川環境保護団体のInternational riversはLaos Steamrolls Neighbors in Xayaburi Dam Processとしたプレスリリースを出し、近隣政府や地域の活動団体の懸念にもかかわらず、ラオスはメコン本流に計画中のサイヤブリダムをこれらの反対を押し切り進めるようだと知らせています。

この件は6月27日付けKHLもLaos pushes ahead with Xayaburi Damとして報じていることから、建設は動き出すのでしょう。

記事はラオス政府は近隣諸国からの反対にも係らず、タイの請負業者CH Karnchangにメコン河のサイヤブリ水力発電プロジェクト(工費35億ドル)の作業再開認可を与えたと伝えています。

またメコン河の利用に関しては、この流域にあるカンボジア、ラオス、タイ、およびベトナムで構成されるメコン河委員会(MRC)の合意であり、4月の会議で同委員会のうち3カ国が建設に懸念を示したことから工事は休止状態にあったものがここに来てということです。

懸念の一つは適切な環境アセスメントが行われていないということであり、先のInternational Riversも、適切な評価無しでダムが進められた場合、メコン川下流域に住む6000万人の生活が危機にさらされるだろうとしています。

インフラは100年単位で安心して利用され、利用者、事業者、周辺住民が納得するものであって欲しい
[PR]

by fukimison | 2011-06-29 12:21 | 公共財  

中東の道路プロジェクト入札

世界のインフラ事情をお伝えしてはや2年、インフラにまつわるニュースの幅の広さに改めて驚いています。そして2分野以上に跨るものもあれば、インフラと捉えて良いのか迷うこともしばしば。

そんな1つがPRM紙が報じたロシアの国防省が工事入札をインターネットで始める計画というニュース。要約すると国防省は電気的な取引システムを介して物資の調達を行っていたが、7月20日からロシア内軍事施設の工事および改修作業の入札をインターネットを介して行うこととしたというもの。対象となる工事をみていると建物の屋根や外壁の修理、電気回路に加え、パイプラインとあるあたりがロシア的。これにより30-50%の経費削減を予定しているとあります。

しかしロシア国防省のサイトを見ても、7月の話しのせいかプレスリリースがなく、これ以上のニュースが無いのとはたしてこれはインフラなのか?ということで却下。でも伝えたい、ジレンマが良くあります。

しかし本日のメインはカタールの道路プロジェクトのニュースです。
6月17日のThe PeninsulaはQR1.59bn Ashghal contract for Doha Expresswayと題してカタールの公共事業省はSalwa Road projectの第2期となるDoha Expresswayの第7パッケージ(15億9000万リアル・1リアルが25円ぐらい)の落札者を発表したと伝えています。既存の道路間をつなぐ6.9kmの道路(フリーウェイとありますが、four-lane dual carriage とあるからには4車線で中央分離帯のある道路で、日本人の感覚では幹線道路というよりは、高速道路みたいなのを想像してしまいます)

このニュースは6月17日付けのMENAでもLusail Expressway建設と共に伝えられており、これらの道路インフラ建設は2022年のワールドカップサッカー誘致に乗り出すカタールの本気度を示すものだということです。

カタールでサッカー、ドーハの悲劇を思い出します。
[PR]

by fukimison | 2010-06-22 11:12 | 公共財  

タイのBTSグループ、スカイトレインに100億バーツ投資

タイは治安、インフラなどから○印の国であったのがタクシン首相退陣を求めるクーデター以来、政情不安の国になってしまい残念です。

そのタイのバンコックポスト紙は5月12日8% revenue growth next stop for skytrainというタイトルのもと、「長引く赤シャツデモによる悪影響にも係らず、BTS Group Holding 社傘下の高架鉄道運営者バンコク大量交通システム(Bangkok Mass Transit System:BTSC)は今年、2009年の収益(42億バーツ)に比して8%増を見込んでおり、BTSCは現在のスカイトレイン総延長28kmから来年は43kmになることから、新規車両購入に向け100億バーツを投資する計画だと発表した」と報じています。

政治的に不安定な状態にありながら延伸や新規車両の購入を行うと発表するあたり、タイはそれなりにうごいているなぁと思うのですが、記事中に「平均収益は1日あたり1100万バーツであったものが、デモなどにより最近営業時間が4時間短縮されたことで950万バーツに減少している」とあり、おだやかと言われるタイですが、公共交通機関が営業時間短縮や一時運休を余儀なくされるほどのデモ、ちょっと想像がつき難いです。

そのような中でも強気に延伸や車両購入の投資をしてゆく、逆に何かあるのではとかんぐってしまいます。

タイの話題でもう1つ、5月9日付けSiam DailyはThe Bus Rapid Transit (BRT) service to begin on 15 May 2010として5月15日からバンコク市内の高速バスサービスの試行が始まると伝えています。

全長15kmのルート上に12の駅が設置され、所要時間は30分だそうです。
5月15日から8月31日までの試行期間は無料、正式運行は2011年1月2日からで、気になる運賃は距離比例制をとるものの20バーツ以上にはならないだろうとあります。しかし試行期間後も年内は一律10バーツと太っ腹です。
4月29日付けのThe Nation紙の記事BRT bus test run next monthは写真付きでつたえています。写真でみると道路の中央部分にバス専用レーンを設置しています。天然ガスを燃料とするバスで座席数は20、幅2.52m、長さ12m、車高3.34m、乗員定数80名、初年度は1日あたり約35000人の通勤者を見込んでいるとあります。
[PR]

by fukimison | 2010-05-13 10:44 | 公共財  

香港、86億ドルの高速鉄道建設予算承認

暖冬という予想はどこへやら、寒い週末でした。
欧州では寒波で滑り止めの岩塩が引っ張りだこという日本とはちょっと違ったニュースが流れています。

久しぶりに環境系のニュースをと考えたのですが、でもインフラ、しかもアジア圏ということで1月16日にBloombergが流したHong Kong Accepts $8.6 Billion China Rail Link Budget をチョイス。

この記事は「香港政庁は中国の高速鉄道もと連絡する鉄道路線建設に向けたプロジェクト予算86億ドルを承認した」というものです。

財務委員会の議長Lau氏によれば、プロジェクト費用が高額なこと、建設により新界(New Territories)で立ち退きを余儀なくされる住宅が多数に上ることなどから、2回も審議が遅れたが、最終的に31対21で可決された。この鉄道プロジェクトは2015年までに香港を中国の鉄道網に組み込むもので、香港政府が掲げる経済活性を目的とした10のインフラプロジェクトの1つだそうです。

しかし高額な費用や立ち退き問題で、プロジェクトの審議が2回も遅れたとあるように、議会の外では1万人が抗議活動を行ったとあります。
これについては1月16日付けのEarthTimesもHong Kong approves multi-billion dollar rail link to Chinaとした記事で「約8000人がキロあたりの建設費が世界で最も高額となる鉄道プロジェクトに 反対し、プラカードを掲げシュプレヒコールを繰り返した」とあります。

その建設費ですがMRTが建設し、工費は1kmあたり25.7億香港ドル(1香港ドルは11.69円)だそうです。この高速鉄道は時速350kmで運行され、北京・香港間を8時間で結ぶとしています。

1月16日付けのAsian News NetworkのHong Kong rail link sparks protestsによれば、広州・深圳・香港連絡鉄道は将来は中国の高速鉄道網の一部となるもので、香港・広州間を現在の半分の48分で結ぶとあります。
反対派は27もの動議を提出し、審議を長引かせ時間切れに追い込もうとしたが、最終的に可決されたとあります。

反対派のコメントは適切な住民説明がなされていない、立ち退きが求められる用地が広すぎるなどであり、賛成派は調査やアセスメントに10年を費やしており、この建設で職場の創造、経済活性、観光誘致などが行えるとしています。

何故か、こういう大型プロジェクトに対する賛否の構図ですが、いつもどこも同じように見えます。
もっと別の形・手段で解決することはできないのかしらとつい思ってしまいます。
[PR]

by fukimison | 2010-01-18 12:13 | 公共財  

米、Hudson Tunnel Project

季節外れに暖かかったり、季節並みに寒かったり、地球温暖化の影響かと思ったらそれが捏造という報道が出たり、COP15の対立(世界最大の外貨保有や有人宇宙開発計画を誇る国がどうして発展途上国なのだろう)やイタリアのベルルスコーニ首相が襲われたりとなかなか話題豊富な週末でした。

その中で目立たないけどインフラ好きのモノとして外せないのが米の動き、米の大手コンサルが英国の建設企業買収に乗り出していると言うニュースが流れたり、大型インフラプロジェクトの入札が始まったりと、2008年秋の金融危機を作り出した国が被害が比較的軽く、抜け出すのも速いという皮肉な様子を示しています。

その米国といえばニューヨーク、ニューヨークといえばマンハッタン、マンハッタンは島であり本土へ行くにはハドソン川を渡らなければならない。従って橋かトンネルが必要。
12月10日Yahoo Newsは$583M contract awarded for Hudson tunnel projectとしてニュージャージーとマンハッタンを結ぶ新しいトンネルプロジェクト(87億ドル)において第1号となるトンネル契約がNJ交通委員会で全会一致で決定されたと伝えています。
契約内容は同日の建設専門紙のENRが詳しくBarnard-Judlau Venture Wins $583M Hudson River Tunnel Jobとして伝えています。これによればモントリオールのBarnard Construction社とニューヨークのJudlau Contracting社のJVで、で 全長16,500-ft, 直径27-ftのトンネル(上下1組:平均深度120-ft)建設を5億8300万ドル落札したそうです。

建設は2010年に始まり、工期は4-5年を予定していますし、このプロジェクト全体の完成は2017年が見越されています。2本の鉄道トンネルが完成することで列車数は2倍の48本に(現在ピーク時に23本)、マンハッタンへ向かう利用者数も1日あたり85000人から127,500人へと増加すると見込まれています。

巨額のインフラ投資に対し10億ドルのbudget gap、赤字予算があるときに費用がかかりすぎると批判があったとあり、このあたりはどの国でも同じだなぁと感じます。費用のうち約60億ドルはNYとNJおよび連邦大量輸送基金が拠出し合い、残りは連邦大気浄化プログラムと12億5000万ドルがNJターンパイク利用料値上げにより賄われるそうです。

このトンネル工事ですが、請負業者は一定の設定日より早い完成を見た場合最大1日あたり50,000ドルの報償金が受け取れますが、逆に完成できなかった場合、同等の損害賠償金の支払いに直面するとあります。所謂インセンティブと損害賠償金の人参がぶら下げられた契約になっているようです。またearly completion of certain milestonesと規定日が複数になっていることから、「この日までにこれ」というのが幾つかあり、そのたびに1日あたり5万ドルが支払われるし、逆に5万ドル減らされることもアリと想像されます。

1日5万ドルのインセンティブ、日本で結ばれている公共事業系の契約はどの程度、インセンティブと賠償の組み合わせが付けられているだろうか?
[PR]

by fukimison | 2009-12-14 12:36 | 公共財  

英、The British Libray 新館落成

図書館はインフラだろうか?
道路やダムと性質は異なるものの、やはり重要なインフラでしょう。
随分前になりますが、日本の国会図書館の新館を始めて利用したとき、昔と比べて感動したのを覚えています。インターネットが普及して図書館へ行く頻度は減ったというより、殆ど行かなくなりました。巨大なDBのインターネットが無ければ、こんなブログは成立しなかった。

こんなことを考えながら選んだのが12月3日付けNCE誌の£26M British Museum depository opensという記事です。英国図書館は世界最新鋭の所蔵庫をヨークシャーに建設(工費2600万ポンド)していたが、これが完成し開館式が開かれました。英国図書館のプレスリリースも湿度と温度が管理された全長262km(ロンドンからマンチェスターの距離に匹敵)の書庫が完成し、これに700万点の所蔵品が収められるとあります。
今後2年をかけSt.Pancrasの図書館にある収蔵本のうち利用率の低いものが、新しくできた収蔵庫(Additional Storage Building:ASB)へ送られます。

ASBの機能で注目されるのは自動所蔵・回収システム、低温・低湿の環境システムに加え、火災の発生を防ぐための低炭素レベルに建物全体が管理されているそうです。(酸素が17%以上あると火災発生するため、14.8%に抑えられている)また英国で最も気密性の高い建物だそうです。所蔵品は14万超のバーコードの着いたコンテナに収められ、所蔵品の出し入れは人間が行うのではなく、新規に導入された自動所蔵システムにより7機のロボット制御クレーンがコンテナを所定の場所に収めると共に必要に応じて取り出しを行うのだそうです。所蔵庫から取り出された資料入りコンテナは回収エリアに送られて職員により取り出され、St.Pancrasの英国図書館へむけ送り出されるのだそうです。リクエストを出してから最大48時間で英国図書館の閲覧室に届く手はずだそうです。

どこかにこの自動所蔵・回収システムと所蔵庫の写真が無いかと思い探したところ、みつけました。
The British Library's Additional Storage Building (ASB) in Boston Spa(工事中のものですが、こうなっているのかぁ、すごいの一言です)
[PR]

by fukimison | 2009-12-04 16:11 | 公共財  

世銀、インドに43億ドルの融資

9月23日のロイター伝としてWorld Bank approves $4.3 billion in loans to Indiaが流れました。

9月22日火曜日、世銀は世界金融危機からの経済回復のため、インフラプロジェクトを支援し、国営銀行の資本強化のため43億ドルの融資を承認した。世銀のカントリーディレクターは「最悪の時期は脱したものの、回復のペースはいまだ不明だ。2009/10においてインドの経済発展は5.5%から6.5%というあたりが妥当であろう」と述べた。

KHLも9月24日にWorld Bank supports Indian infrastructureとしてこのニュースを伝えています。建設系経済ニュース誌だけあり「世銀はインド政府のインフラアジェンダおよび同国の経済刺激プログラムを支援するため計43億ドルの融資を承認した」で始まります。

「20億ドルの金融部門支援融資はインド政府の予算支援の提供、信用成長レベル、social banking および雇用の伸びを維持するものとなろう。一方インドインフラ金融公社(the India Infrastructure Finance Company :IIFCL)への12億ドルの融資は、インフラにおける官民パートナーシップ(PPP)に対する民間金融を刺激する同組織の役割を支援するよう設計されている。

記事中に同じカントリーディレクターのコメントが引用されているのですが引用部分が全く違い、kHLでは「世銀の支援は信用成長および継続的なインフラ投資の維持を支援するものとなろう。インフラ支援は現在の危機において特に重要であり、世界的な需要減退期に国内経済を維持するだけでなく、今後のより強力な伸びのための基礎作りとなるものだ」とあります。

さらに10億ドルの融資が第5次電力システム開発プロジェクトに与えられている。これは国営送電公社(Powergrid Corporation of India )が北部、西部および南部地方の5つの送電システムを強化するのに利用される予定だ。

また世銀は1億5000万ドルの融資をアンドラプラデシュ地方給水および衛生プロジェクトに与えている。このプロジェクトは6つの区域にある2600の村落の給水および衛生を改善するものであり、210万人に水道を提供し、現在衛生サービスの得られない100万人に公衆衛生サービスを提供するものだ。

20+12+10+1.5は43.5でちょっと数字が合わないのですが、インドの数字の大きさに圧倒されます。
[PR]

by fukimison | 2009-09-25 17:00 | 公共財  

GCC諸国、第1期送電網

無駄に忙しい日々を過ごしており、数日空いてしまいました。
中東諸国、特にドバイやアブダビは高層ビルプロジェクトでたびたび登場しますが、Gulf Cooperation Council(GCC:湾岸協力会議)加盟国の動きというのは、なかなかニュースにならないということでのチョイスです。まず湾岸協力会議参加国ですが、サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、オマーン、カタールの6ヶ国で、その目的などはGCC(湾岸協力会議)をご覧ください。

この6カ国の送電網を連結するというプロジェクトが行われており、その第1段階としてサウジアラビア、カタール、バーレーンそしてクウェートの送電網接続が7月26日に完成し、さらに2011年にアラブ首長国連邦とオマーンがこの送電網に加わるとGCCIA(GCC域内連結機構)の総裁が発表したというニュースがArab Newsに発表されました。
フィージビリティー調査の後、2004年に開始されたプロジェクト(14億ドル)ですが、電力需要の急増に対処し、停電を防ぐ、さらには発電費用の削減になるものとして期待されています。

電力を融通しあうというのは各地域で行われていますが、ピーク時がずれている、つまり生活パターンが違うから融通できる、または使い切れないほどの大量の発電が行える施設があるという大前提があります。日本人にとり解りやすい例えは、甲子園の決勝戦が午後3時にピークを迎える、しかもその日は熱帯夜の翌日で朝から気温は30度超、みんなが屋内でエアコンとテレビをつけている。余分の電力を融通しあう余地がない。逆にこれに対処できるような発電量を平常値にしていたのでは、電力需要の低い時期には負担となってしまうという欠点があります。だかららこその送電網の連結なのですが、甲子園を見るのは名古屋から西だけで、名古屋より東は見ないというのであれば送電網連結は意味がありますが、GCC参加国はどこも同じような気温であり、生活パターンであることから、記事を紹介しながらも、私はこのシステムに懐疑的です。
[PR]

by fukimison | 2009-07-30 22:46 | 公共財  

AFIREのインフラ投資レポート

本日は少し古い情報ですが、AFIREのニューズレターにインフラ投資に関するものがあったのでそれをご紹介します。

タイトルはInfrastructure Investments-Governmental Asset Class Opportunityというものです。

レポートの出だしは「インフラ投資は比較的新しいもので、1990年代のオーストラリアで始まった」です。ここからして知らなかった。経済の行方が不透明の現在、より安定的な投資先としてインフラ投資が浮上しているという、現在のトレンドを紹介しています。
そして「インフラ=コミュニティーの経済的発展・成功に不可欠な資産や一次的業務」という定義が続きます。そして社会的・経済的サービスを提供する公的機関により利用される施設や構造物とされ、学校、病院、政府機関などの公的建造物のほか、交通、エネルギー、上下水道、情報通信システムなどがそれにあたります。

また経済インフラと社会インフラに別れ、経済インフラは空港、鉄道、有料道路といった交通、そして上下水道、ガス、太陽光などの再生可能エネルギー源が含まれ、一方社会インフラは政府が使用または専用する資産、不動産の開発、運営、維持管理とされています。

ポートフォリオの多様化
インフレに対するヘッジ
予想可能な需要
予想変動率の低さ
長期にわたる収益
安定的かつ確実なキャッシュフロー
といった要素に加え、低リスクであり比較的高い利回りという言うことなしの条件

ビルのテナントは経済状況により移転を決定するのに比して、政府・地方自治体がテナントであった場合、経済よりも政治的な問題や予算により決定され、場合によっては移転を遅らせたり、中止に追い込んだりすることがある。契約延長率とでも言うのでしょうか、リテンション率は民間テナントが65-70%であるのに比して公共部門のそれは90%超に達するとあります。

このようなデータを示されると商業ビル、しかも地方自治体や政府系機関が入居するビルのREITがよろしいようで。
[PR]

by fukimison | 2009-06-23 14:12 | 公共財