カテゴリ:グリーンビル( 17 )

 

LEED 2009 改定へ

本日は久しぶりに環境系、グリーンビルの話題です。

環境に配慮した持続可能なグリーンビルといっても、その評価方法を巡り各国がしのぎを削っています。英国はBREEM、日本はCASBEE、そして米国はU.S. Green Building Council(米国グリーンビル協議会)がLEEDという評価システムを導入しています。
このUSGBCに関してはNEDOがレポートを出しています。

これは建物のみならず、飲料水の使用量の削減、代替エネルギーの導入、建築材料の有効利用、室内環境の品質改善、といった観点からの評価も数値化しての評価システムです。その評価システムが改定に向け最終段階に至ったというニュースが米国の建築専門誌であるENRや環境ニュース配信のENNで流されました。

どちらにも「9月2日まで改定内容に対するパブリックコメントが行われ、その期間中に1万8000人の会員中約7,000の意見が送付された」というコメントがあり、関心の高さが示されています。

USGBCによるLEED2009の解説はこちらで読めます。
それによれば、既存のLEEDの焼き直しでなく、どちらかえといえば幾つかの重要な進歩を伴ったLEED評価システムの再構築だとしており、LEED2009はLEED必要条件/クレジットアラインメントおよび調和、予測可能な開発サイクル、透明性のある環境/人的影響へのクレジット加重、地域化を綜合したものと記しています。

ENRやENNは、「LEED2009において最も興味深いことは、最優先課題として気候変動と省エネを反映させるため、LEED間のポイント割当を変更したことだ。これは評価システムの中で最も重要な変更の1つであり、エネルギーの自給、気候変動の緩和、他の世界的な優先課題にたいし直接的であり、重要な解決に寄与する1つの方法として、グリーンビルの重要性を増すものとなろう、これに加え地域クレジットがプロジェクトの特別な環境ゾーンに適用される計画だ」としています。

各項目の配点を再検討し、これを気候変動の緩和、省エネ、ライフサイクルコストといった観点から配点しなおしたということですね。

過去でなく今後を見据える、建設物は建設された後が重要、との視点を大きく打ち出したといえましょう。
[PR]

by fukimison | 2008-11-28 12:08 | グリーンビル  

グリーンビルディングの持つリスク

グリーンビルとは環境に配慮した持続可能な建築物であり、米グリーンビル協会からLEED認定を受けているビルというのが一般的な概念だと思います。

しかしLEED認定を受けるのは、ISOやHACCAPを取得するのと同様の大変手間のかかる、難しいプロセスを必要とします。

このプロセスを経てやっとの思いで得たLEEDですが、これにより運営費が削減されたり、投資収益率が上がったりと、それなりのリターンがあることになっています。

ところが、米ENR誌のInsurers Worry About Green-Building Risks という記事が目を引きました。

出だしの所を要約すると、「施主は持続可能で、従業員が使いやすいビルを希望した。建築家はより自然光が入るようにするため、より採光の行えるシステムからなる設計を行った。施主が防衛、または連邦政府関係であったので、大型の窓やスカイライトは保安上のリスクがあると判断した。それは施主の保安評価を無効にする恐れがあることから、この契約を破棄し、今後の契約も禁止した。施主は建築家を訴えた。」

日本人の感覚からすると「うーん、なんなんだ、これは」という気がしますが、この記事でインタビューを受けている弁護士は「典型的なケースだ。まだグリーンビルリスクの一般的な判例はないが、これから増えるだろう」と語っています。さらに記事は、保険業界はグリーンビルに関連したリスクについて憂慮していると続いています。

日本はグリーンビルの数も少なく、屋上緑化、壁面緑化に補助金を出し、これを勧めていますが、保安上の問題など、全く話題にもあがったことがないだろうと想像します。

保険上の問題点は1、LEEDなどの環境認証取得の失敗、2、予定された環境負荷削減効果があがらなかった、3、新規技術や設計による不具合や遅延といったもので、このようなリスクに対応する保険商品がまだない、というのも問題のひとつとなっています。

環境後進国の日本からみると、ある意味、うらやましいような話です。

保険業界の談話として「グリーンビルのリスクの数や規模がまだ整理されていないし、それにはあと10-15年はかかるだろう」としています。

このグリーン問題における建築家vs施主事例

認証:建築ははLEED Gold認証で設計することに同意し、開発業者はそれを下にリース契約を販売、時間や予算の成約がGoldの認証を妨げる。開発業者は是に対し、建築家を怠慢、契約違反で訴える。

緑化屋根:構造的な問題が原因とする緑化屋根の漏水損害、建築家が提訴

予期せぬ出来事:大学図書館設計の際、建築家は新鮮な空気を取り入れることを重要視し、開閉式の窓枠を設計、庇がハトによいねぐらとなる。図書館を利用することで学生に呼吸器疾患が発生、建築家がハトの糞による疾病を防ぐことを怠ったとして訴えられる。

この緑化屋根との問題は、設計・施行段階でなんとかなりそう、ハトの問題も是から学ぶということで防げそうな気がしますが、一番避けにくいのが予算・時間・認証の関係でしょうね。

でも、アメリカですね。
有名なカリフォルニアのケース、泥棒が盗んだ家財を車に乗せて逃げようとしたら、立ち木にぶつかって車が壊れ、自分も怪我をした。泥棒に入った家の持ち主を訴えた。結果、泥棒行為はそれで罰せられたのですが、持ち主は損害賠償の支払いを命じられるというのを思い出します。
[PR]

by fukimison | 2008-07-16 10:24 | グリーンビル  

米大学はグリーンビルディングブーム

環境サミットがらみでグリーンビルのニュースが多くなっています。
特に今日の新聞で目を引いたのは、朝日新聞の住宅シリーズ「わが家のミカタ」でマンション建設時における二酸化炭素排出量について書いていることと、三井物産が羽田の貨物ターミナルの屋根に太陽光発電機を設置し(10億円)ターミナルの使用電力の10%を賄うという記事です。

海外ではどうかしらと思い調べたところ、L.A.Timesに大学の施設のグリーンビル化が進むという記事がありました。

以前からグリーンビルの必要性は言われていましたが、技術が未熟であったりして、設置にしても維持管理にしても費用が嵩むことが、導入時のネックでした。つまり思想であって経済ではないということです。

記事によればEast Los Angeles Collegeは駐車場の屋根に5952枚の太陽光パネルを設置し、大学が必要なエネルギーのうち約45%、または190万kWを少なくとも40年間に亘り毎年賄うことで、270,000ドルの節約が期待されているそうです。ほかにもサンタクララ大学のように高床式にして、床下換気をおこなうことで空調費の削減をおこなったりといろいろな例が挙げられています。

2004年に新築または改築の際は、環境に配慮した建物にすることという政策がとられたことにより、加州にある10の大学が是に従って行った工事により約500万ドルが節約されたと伝えられています。
米グリーンビルディング協会(USGBC)によれば、従来型の建物は米国の総温室効果ガス排出量の36%、総二酸化炭素排出量の39%を占め、また電力の71%、世界の原料の40%を消費します。

この記事で目を引いたのは、「一部の学生団体は建設費にあてるための資金調達について投票を行った」という部分、さらに「加州のタイトル24は公的資金で建設された施設は環境に負荷を与えないものであることを要求する」とした部分です。

タイトル24、簡単に言えば建築規則で、以前各機関で使用されていた建築規則をすべて総合したものです。

記事を要約すると、グリーンビルにするといろいろな助成金が得られ、また学校という公的機関に対する社会的責任の面からも、教育機関はグリーンビル建設に意欲的だというもの。米建築家協会と共同で実施された調査によると、環境に負荷をかけない建設は、欠席率を低くし、生産性を向上させ、学生や教師の健康問題を防ぐ一助となるとあります。

オークランドのMills Collegeはベイエリアにある大部分の研究施設に比べ、90%以上も省エネの新自然科学校舎を建設したところ、環境や科学専攻の志願者が急増したと入試事務局は発表しています。

いい事づくめです。

以前も書いたUSGBCのLEEDを取得した教育機関は2001年に24校に過ぎなかったのが、2006-2007年にかけ769から1412に倍増し、6月現在で1497の機関が取得を検討しています。

こういった教育機関で行われた省エネに向けた改修工事で米国最大のものは、2003年に1700万ドルを投じて行われミシガン大学のDana校舎のものでしょう。
空気は屋根で温めたり、水を通る銅管で冷やしたされ、電気は太陽光パネルと校内の発電所で生成されます。トイレは人糞を肥料としてコンポストする節水タイプ、センサー起動の蛇口とトイレが設置されていますし、またトイレのタイルも飛行機のフロントガラスによるもので、水の利用を極力抑えるよう設計されています。さらに以前の校舎のレンガは、今後使用する際のためとって置かれました。

個人的には、国レベルではなかなか進まないが、ニューオリンズを襲ったカトリーナが米国人の危機感を刺激したことと最近の原油高で、根レベルでより一層草の環境に配慮した製品や生活スタイルが進むだろうと感じています。
[PR]

by fukimison | 2008-07-08 16:54 | グリーンビル  

米国のグリーンビル事情

6月18日付けのネット版ENR誌を見ていたら、数年前までグリーンビルディングは費用がかさみ、格好は良いけど添えモノ的な扱いであったのが、この2-3年に環境問題や気候変動への関心の高まりから持続可能な設計が台頭してきた。 更に石油価格の高騰、環境に配慮した製品や素材の普及により、グリーンビルの建設はぜいたく品ではなく、場合によっては今までの設計手法に対する省エネ代替法となり、市場として成立し始めたという記事にぶつかりました。

ENR誌は5月にグリーン設計市場の調査を行い、このほど結果が発表されました。それによると上位100社は国内市場16億2000万ドル、海外市場1億2120万ドルの収入を得、その総収入は17億4000万ドルにのぼりました。設計企業上位100社でみるとグリーン設計は7.4%を占めています。グリーンスタンダードが一般的な建設市場において上位100社の総収入は86億8000万ドルであり、そのうちグリーンプロジェクトは18%、15億6000万ドルを占めているとあります。

この台頭の理由として、持続可能法により新規プロジェクトに対しLEEDのお墨付きを要求する都市(ボストンやワシントンD.C.など)の出現があげられます。また一部ではテナントが省エネ、良好な水質や換気を要求することで、機を見るに敏な開発業者にグリーンデザイン採用を促しています。一部地域は地域法において促進する必要があるものの、持続可能な設計は開発市場でも普及しています。ある中西部の都市は、ビル所有者や設計家に断熱、エアコンやエネルギー利用法といった問題に配慮を促すための独自の持続可能ガイドを採用しています。

また今までは小規模な、ある意味趣味的なものであったLEEDに則ったグリーンビルが、だんだんに大規模プロジェクトでも見られるようになってきた。ラス・ベガスのPalazzoは3000室、19億ドルのカジノですが、LEED承認を受けた世界最大のグリーンビルでもあります。

このリゾートカジノホテルのプールは太陽光パネルで温められ、水を温める必要のない夏季は客室のお湯を沸かすのに使われます。このほかラス・ベガスのMGMシティーセンターでは各ビルがLEEDのシルバー基準に合致したものとなる、1800万平方フィートのプロジェクトが進行中です。あの享楽都市のラスベガスのカジノが環境に配慮した建物に変身?カトリーナが米国に与えた影響の大きさを感じます。

このLEEDとはU.S. Green Building Council(全米グリーンビルディング評議会)が実施するThe Leadership in Energy and Environmental Designの略号で、LEED Green building Rating systemは高性能なグリーンビルの設計、建設および運営の全国的なベンチマーク、つまり環境性能の格付けとなるものです。

このLEEDの説明はNEDOが2006年に米国のグリーンビルディング評価制度というレポートを出しています。

是に対し英国はBREという格付けシステムを持ち、両者はちょっと複雑な関係にあります。
これに関しては以前の記事(4月21日のスタンダードとは)をご覧ください。
[PR]

by fukimison | 2008-07-02 19:13 | グリーンビル  

スタンダードとは

建物は地球温暖化に大きな影響を与えており、米国では全エネルギー使用量の40-60%、水の消費25%、二酸化炭素排出の38%を占めているといわれています。

米国の建物だけが環境負荷が高いわけではないので、先進各国の建物が環境に与える負荷は大体において、このようなものだと考えられます。

そのため各国が環境負荷のない建物、いわゆる「グリーンビル」の建設に熱心です。
一口でグリーンビルといっても屋上を緑化しただけでグリーンビルといえるのか、新築の場合、商業ビルと住宅で同じような数値を求めるのか、既存ビルの改築においてはどうなのか、基準や対象とする建築物、検査項目もさまざまです。

英国はBREEAM(Building Research Establishment Environmental Assessment Methodの略)を、建築・建設・エネルギー・環境・火災・リスクなどを専門に手がける英国の建築研究所(BRE)が作成し、その普及に努めています。

こういった基準や普及努力は英国だけかというと、やはり各国で開発競争が行われています。

ブッシュ大統領は京都議定書からの離脱を行ったりと、温室効果ガス削減よりも自国の経済発展を優先させる政策を採っていますが、非営利組織のU.S. Green Building CouncilがLEED(Leadership in Energy and Environmental Design)と呼ばれるもので、作成しています。

これに対し日本も日本サステナブル・ビルディング・コンソーシアムが作成母体となり、CASBEE(Comprehensive Assessment System for Building Environmental Efficiency:建築物総合環境性能評価システム)というのを作成し、(財)建築環境・省エネルギー機構という組織が、評価ツールであるCASBEE販売や、CASBEEを利用して建物の環境性能評価を行うCASBEE建築評価員試験を実施したりしています。

このほかオーストラリアではGreen Building Council AustraliaがGreen Starという評価システムを作成・実施しています。

各国が独自の基準を作り出し、検査員の研修や資格試験を実施し、自国内で活用しているのなら、別に問題は起こらないのですが、2月、オイルマネーに物を言わせ、メガプロジェクトをいくつも建築しているドバイが、今後建設するグリーンビルはLEED基準に合致したものとすると発表しました。これはLEEDの資格を持つコンサルタントしか、今後ドバイで受注できなることを意味し、波乱を呼んでいます。

日本でCASABEEも開発が始まったのは2001年で、それなりの投資をおこなっております。

こうした開発投資を行わずに、あそこの評価法は評判がよいから採用しようと決めるのは、ある意味見識だと思うのですが、それを逆に見ると一つの手法がグローバルスタンダードになる道を歩み始めたともいえなくもなく、そのあたりが興味を引くポイントです。

当然、英国のBREEAMの資格を持つコンサルタント(主に英国人ですが)は、ドバイでグリーンビル建設の仕事を受注できなくなることは確かですし、評価手法の内容よりも、米国のロビーイングが勝利だと皮肉をいったところで、作戦転換をはからないことにはどうにもなりません。

建築でもマックOS対ウィンドウズ、はたまたリナックスのような戦いが起きるのでしょうか?

それともうひとつ、アラブ産油国はエコという言葉はアラブ語にはないのか、というほど環境保護意識はなかったのですが、最近では太陽光発電を建物に組み込んだり、自動車の乗り入れを行わないエコシティー建設のプランを打ち出したりと、ちょっと風向きが変わりつつあります。
[PR]

by fukimison | 2008-04-21 22:24 | グリーンビル  

グリーンビルスタンダード

ある業界誌をみていたら、グリーンビルの国際基準を作ろうという動きの記事がありました。

その記事によれば、英国不動産連盟(British Property Federation)が主催し、日、米、独、伊、フィンランド、スウェーデン、デンマークなど世界20カ国の建設・不動産業界のトップが集まり、グリーンビルの対比に必要なベンチマークとその測定方法を研究し、国際的なグリーンビルインデックス開発を行うことに合意したそうです。


初期目的はエネルギー、水、廃棄物、交通といった重要分野に置かれるとのこと。

この記事中で、「建築物のエネルギー性能における欧州指令:DEPB」などのEU政策によって、特に欧州全体で影響が起き、持続可能性に関する報告により価値の変化が生じるに違いない。来年のMIPIMまでにある程度の成果を出したい」というコメントに注目です。

各国が経験則を持ち寄り、国際的な比較項目、測定方法、基準を策定し、その基本線に各国が実情に合わせ若干の付帯条項を加える。

時間はかかるでしょうが、全体としてこの方向に進まざるを得ないのだろうなぁと納得です。
[PR]

by fukimison | 2008-04-03 11:43 | グリーンビル  

グリーンビル台頭

ハリケーンカトリーナに始まり、各地で報告される異常気象は地球温暖化の証と捕らえられ、さすがに米国や日本も、なんとかしないと危ないと思い始めた様子。

助成金がつき始めたことで屋上緑化だとか壁面緑化だとか言われ始めてきた。
けれどもガソリン税でよく分るように、助成金はいつまでもつくわけじゃなし、助成金がなくてもマーケット的に成立する価格+利点構造にならないと本当の普及は無理でしょう。

そうじゃなければ欧州つまりEUですが、みたいに「建築物のエネルギー性能にかかわる欧州指令」(Directive on the Energy Performance of Buildings)的なものを導入しなければ無理でしょう。

この指令はエネルギー消費量の約40%が、建設部門によると観られていることに端を発したもので、段階的に、商業建築物および改築中の建築物は全てそのエネルギー効率を評価するため、エネルギー性能証明の取得を行うようにするもの。

そのためかイギリスやドイツではグリーンビルの建設が盛んです。
それも屋上・壁面緑化とかいった程度ではなく、天候センサーでブラインドや窓の開閉を捜査する、人工照明の利用を最小化できるようなビル形状にする、夏季の余剰熱を地中貯蔵して冬季に利用するといった具合。

米政府はこのあたり鈍いのだけど、個々としては始まっていて、WTC跡地に建設されるフリーダムタワーは、太陽光・風力発電でタワーの必要電力の20%を賄う計画

無事に完成すれば、最もすごいのが中国のエコシティー計画
これは上海近郊の揚子江デルタに建設されるもので、マンハッタンぐらいの規模の島ひとつをエコシティーにしようというもの。英国のArup社が設計を担当
当然、いわゆる自動車は走行禁止、建設に伴う埋め立ては最小限にし、再利用や廃棄物管理を行う

面白いことに今年3月カンヌで開催された第18回MIPIM(国際不動産見本市+カンファレンス)で、はじめてグリービル賞が設立され、オランダのプロジェクトが受賞

いままではオフィスセンター部門、住宅開発部門、ホテル&リゾート部門、商業施設改修部門とコテコテのイケイケ系部門しかなかったのに、グリーンビル部門です。

それだけグリーンビルがメインストリームに出てきたということだと実感

この受賞プロジェクトは川岸にある50-60年ぐらい前のコンクリート基礎を再利用し、オフィスビルにしたもの。川岸ということで、川の水を利用した冷暖房と将来どんな要求がでても対応できるように、可変的構成になっているのが、グリーンだということで受賞。

ただ、この基礎部分、野鳥の営巣地としても役立っているということなんですが、写真で見る限り鉄骨むき出しで、野鳥の糞による腐食は大丈夫なのだろうか、そのあたりの手当てを含めての受賞なんだろうなと想像。
[PR]

by fukimison | 2008-04-01 11:02 | グリーンビル