<   2009年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

 

金融収縮でロンドンの沖合い風力発電が頓挫?

オバマ新大統領はグリーンニューディール政策で環境産業を振興し、自動車などの従来型の産業に変わるものに育てようとしています。これは私のような素人でも分る話。
それに関連し、本日は英国のお話です。

欧州は米国や日本に比して以前から環境配慮型政策を取ってきました。
その成果がデンマークのベスタスであり、ドイツは風力発電、スペインは太陽光発電の比率が大変延びています。英国も大きな削減目標を掲げ、大規模な沖合い風力発電プロジェクトや潮力発電プロジェクトに力を入れています。

しかし1月22日のNCE誌はWeak pound threatens London Array wind farm、世界最大の沖合い風力発電ファーム開発事業がポンドの下落で危機に瀕しているという記事を載せています。

London Arrayと名付けられたプロジェクトは、ロンドンの東、テムズ川の河口に271基のタービンを設置して75万世帯を満たす1GWを発電しようというものです。
問題の資金構成はアブダビのエネルギーファンドMasdarが20%、E.ON(デュッセルドルフを本拠とする欧州の大手エネルギー企業)が30%、デンマークのエネルギー企業Dongが50%です。もともとShellが参加していたのですが、米国の内陸発電開発に集中するため参加を取りやめ、その代わりに10月になってMasdarが参加しました。そのMasdarの役員が「このプロジェクトの財政的実行可能性を再検討する必要がある」と述べたことで問題発覚です。

ポンドはユーロに対し1.28だったものが1.07に落ちています。またE.ONの役員もこのビジネスプランは対ユーロが1.34で組成されており、建設資材はユーロ、収入はポンドというスキームを考えるとなかなか難しそうということで、建設入札は行われるもののこの30億ポンドの事業が順調に進むとは思いがたいです。

それに加えInvestment Management Associationが発表した最新の数字によれば、2008年にoverseas-domiciled fundsが180億ポンドから161億ポンドに下落すた一方、追加型の英国ファンドの資産価値は23%下落し3607億ポンドとなったとしています。これに加えMoody’s Investors Serviceは英国の商業地価格はさらに25%下がるだろうとしていますし、英国、つらそうです。
[PR]

by fukimison | 2009-01-29 11:15 | プロジェクト  

中東、計画延期による人員削減

サブプライム、リーマンショックに端を発した不況は世界中を襲い、アイスランド政府は崩壊し、日本でも派遣切りや人員削減によるデフレ不況がひたひたを押し寄せています。

先日も中東の不動産価格の下落のニューをお伝えしましたが、今回はメガ・プロジェクトの延期や中止による辞任削減のニュースです。

英国の建設専門誌NCEは1月15日、16日にそれぞれAbu Dhabi slowdown forces Laing O'Rourke to cut 200 jobsAtkins to shed up to 210 staff in Middle and Far Eastという記事を載せ、中東での建設不況の様子を伝えています。

まず、Laing O'Rourke社は世界各地に営業所を持つ英国のゼネコン(売上高30億ポンド)です。そのLaing O'Rouke社とアブダビを本拠とする開発業者のAlder社のジョイントベンチャーであるAldar Lang O'Roukeは社員の約10%にあたる200の職場を削減しました。さらにコンサルティングエンジニアのNorman Disney Young社も「2008年第4四半期におけるドバイ不動産や建設市場の低迷により、ドバイ事務所の職員削減を行った」と発表しています。

また2009年9月に開業を目指すドバイメトロの工事を請け負っているAtkins社ですが、同社はドバイに3000人の職員を抱え中東でビジネスの展開を行ってきましたが、やはり最大5%の職員削減を行うかもしれないといわれています。

いまのところドバイ事務所で170人、中東で行われるプロジェクトの設計管理を行っているマニラ事務所で40人の人員削減が囁かれています。

クレジットの不足、不動産供給過剰に対する不安、原材料のインフレ不安によりドバイの不動産市場は下降し、アラブ首長国連邦全体として工事入札数は85%減少するといわれています。
カタールやサウジアラビアといった他の中東諸国は、ドバイに比べればまだ堅調でだと言われていますが、果たしてそうでしょうか?
[PR]

by fukimison | 2009-01-27 12:17 | つれづれ  

アフガニスタン、インド支援の道路開通

久しぶりにインフラのニュースです。

1月22日付けのBBCにIndian-built Afghan road opened というニュースがあります。
内容は、インドの資金提供により「アフガニスタン南西部に位置し、イランと国境を接するニィームローズ州の州都ザランジとへラート、カンダハール、そしてカブールを結ぶ主要道路とを連絡する道路(全長200km、工費8500万ドル)が開通し、アフガニスタンのカルザイ大統領とインドのムカジー外相が出席し式典が行われたというものです。

関連記事を探してみるとOptimistic CynicというサイトにDelaram-Zaranj Highway Completedという記事があり、正確にはインドの手によりタリバンの勢力化にあるZaranji-Dalarm間215kmが完成したこと、完成までにインド人6名を含む135人が命を落としたとあります。

ザランジはアフガニスタンとイランの国境にある町であり、この道路が完成することで他のアフガン主要都市とイランが結ばれます。一方イラン側もここからバンダル・アッバス港へ至る道路があります。現在パキスタンは、インドがパキスタンの領空を飛行を認めていません。(あのムンバイの爆破事件などなど)

この道路のお陰でインドはイラン港湾まで海路を、そしてその後は陸路を利用することで商品をアフガニスタンの市場に持ち込めます。

インド政府はこのほかにも新しい国会の建設や送電網の改善工事を行うなど、アフガニスタンの再建事業や支援に深く係っています。この新しい道路は両国間のさらなる経済および政治的つながりを深めるでしょう。

陸続きの国と日本のように海に囲まれた国を比べると、どうも国益を含む切実感が低く感じるのです。

それよりも米国のオバマ政権ですが、今ひとつ経済系の閣僚人事に不安を感じます。
NY連銀総裁のガイトナー氏を財務長官に、国家経済会議委員長をサマーズ氏にとしていますが、ガイトナー氏は所得税の不申告、サマーズ氏はハーバード大学学長時代に女性蔑視論やリーダーシップの面から辞任に追い込まれた経緯があり、そういう人間性に根ざす問題をもった人物を指名してしまうのは、いろいろな面でちょっと大丈夫?という気持ちが抑えられません。
[PR]

by fukimison | 2009-01-26 11:06  

ULIとAFIRE

日本の新聞にも報道されていましたが、アメリカのシンクタンクで都市開発を専門とするUrban Land Institute(ULI)がEmerging Trends in Real Estate(不動産における新傾向)と題した報告書を発表しています。

これは米国、アジア、欧州の3地域に分かれており、ULIとプライスウォーターハウスにより発表された同書によれば、「不動産業の専門家は米国金融・不動産市場は、資産のキャッシュフローを妨げるプロパティー価の下落進行、より多くの抵当流れや債務不履行、そして弱い経済が影響し、2009年に底を打ち、それは2010年の遅くまで続くと予測」とあります。

アジアの部ですが、投資の面からみると、東京、シンガポールそして香港が1位、2位、3位をしめ、上海は前回の1位から4位のバンガロールの次の5位へ落ちたとあります。なんとなくふーんなのが、クアラルンプールの10位ですし、資産面有望なのがホーチミンへのオフィスビルへの投資とあるあたりです。

一方でAFIRE(Association of Foreign Investors in Real Estate)ですが、この組織は21カ国、約200の海外不動産投資機関により構成されているNPOです。この予測は2008年の第四四半期に会員企業(およそ1兆ドルの不動産資産を所有)へのインタビューによるものです。

ULIと違うのは投資先として1位ワシントン、ロンドンとニューユークが僅差の2位と3位、すこし間があいて東京、上海が4位、5位という結果でしょう。面白いのは、最も資本の評価増が見込める都市として37%が米国を、16%がブラジルを挙げていることです。さらに回答者の53%が米国を最も安定的で安全な不動産投資先とし、11.3%がドイツ、そしてスイス、4.8%のオーストラリアとカナダが続きます。

海外不動産レンダーは海外投資を54%、米国投資を58%増とする計画と言っているのに対し、株式投資家は海外活動を40%、米国を73%増とする計画としています。
[PR]

by fukimison | 2009-01-22 12:11  

ロンドンでshared space計画暗礁?

昨年(2008年)4月にロンドンでshared space(共有空間)の実験が始まるという記事をお伝えしました。

今回shared space化されるのはSlaone Square駅前の広場です。
まず、スローンスクウェア駅ですが、チェルシー地区のスローン・スクウェアにある地下鉄(ディストリクト線・サークル線)の駅です。

駅前の13m×3mの道路部分が歩道と同じ高さにかさ上げされ、shared spaceとする計画が暗礁に乗り上げています。

反対派は、「スローン・スクウェアの駅前は1日あたり5万人が出入りし、また待ち合わせたりと大変混雑した場所である。それをケンジントンおよびチェルシー区の行政は、歩道と車道の区別のないshared spaceにし、目の不自由な人に対しshared spaceであることを報せる触感の違う舗装やその他何らかの標識も設置せずに実施しようとしている」と主張しています。

英国でshared space導入について記事が出始めたのは3年ぐらい前からです。スローン・スクウェア自体は最終整備が行われたのが15年ほど前で改修を求める声、また改修の実施者にAtkins社が決まったことや、同社による改修の住民説明会などのファイルがネット上に上がっています。

Shared space計画はすでにオランダやドイツといった国では広く導入されていますし、車道の高さを歩道と同じにするだけでなく、ガードレールを取り外すことで、運転者は歩行者に気をつけ、それで交通事故数が減るという効果がでているそうです。

目の不自由な人は縁石で車道と歩道を区別する、盲導犬は信号やガードレールで判断しガイドする、弱視の人は、とハンディキャップのある人々からshared space導入について不安の声が上がっています。

どちらの意見もわかるなぁ、

多分これを読むともっと分るだろうというのがShared Space; Safe or Dangerous?
2007年の研究調査ですが、面白いです。
[PR]

by fukimison | 2009-01-21 22:07  

カナダのソーラーシティー

オバマ大統領の就任式を控え、やはり本日は環境系の話題でしょう。
グリーンニューディールで50万人の雇用を生み出すとのこと、これだけ地球温暖化防止、CO2削減が叫ばれていると、自動車といった形式の乗り物はなくならないけれどCO2や微粒物質を排出しない、動植物や環境に配慮した乗り物が必要になるのは当然の動きでしょう。
それにベスタスという世界1の風力発電機メーカーを育て上げたデンマーク(同国の国民の4分の1は何らかの形で風力発電産業に係っているといいます)という例もあります。

ということでアメリカではありませんが、お隣カナダの話題です。
カナダ・アルバータ州のOkotoks(カルガリーの近くです、ロッキー山脈の麓にあり海抜1000m)近郊のDrake Landingでソーラーコミュニティー(Drak Landing Solar Community:DLSC)開発が行われています。

ロッキー山脈に位置する都市のですから当然、冬は長く寒い(マイナス33度)。それなのに夏の間の太陽光で温めておいた水を地下貯蔵し、それを冬季の住宅暖房(90%)と給湯(60%)に利用するというプロジェクトです。2007年8月に全52戸の住宅が完成し、現在51戸に居住者がいるとあります。カナダの平均的な住宅は年間およそ6から7トンの温室効果ガスを排出しますが、このDLSCプロジェクトの住宅の排出量は年間約5トンは少ない排出量(1-2トンということですね)です。

システムはコミュニティーの全ガレージの屋根に設置された800枚のソーラーパネルが、夏季に1日あたり1.5メガワットの発電を行い、それを冬の地域暖房システムに利用するというもの。
DLSCプロジェクトは太陽エネルギー収集、短期エネルギー所蔵所を備えたエネルギーセンター、冬季用掘削サーマルエネルギー貯蔵システム、地域暖房システム、およびR-2000基準の認証を受けた省エネ住宅の5つで構成されています。

冬が長く寒い地域で太陽光利用と省エネ住宅のミックスによる実証実験、金額が出ていないのが残念。

最後に、DLSCプロジェクトはカナダ政府の1部門であるカナダ天然資源省(NRCan)が発案したもので、NRCanに加えその業界で進歩的、環境問題に関心が高いといった定評のある各企業とパートナーシップを組んでこのプロジェクトを実施したとあります。
Funding Partnersだけで11社、Project Participantsは16社におよんでいます。
[PR]

by fukimison | 2009-01-20 10:59  

ノルウェーの沈埋函トンネルプロジェクト

今ひとつ体調不良なのですが、記事をネットサーチをしてブログを書こうという気力がでるところまで回復しました。
明日はオバマ次期米大統領の就任式、これにからめ本日のブログは、彼の打ち出したグリーンニューディールに係る環境系の技術開発や法制度などにしようかと思ったのですが、インフラ好きの私はユーチューブに上がっていたノルウェーのトンネルに決定、

このトンネルの名称はBjorvikaトンネルというもので、オスロ港の海底を抜けてノルウェーの首都オスロにある既存のFestiningsトンネルとEkesbergトンネルを結ぶというものです。これによりオスロの臨海地区の再開発が可能になり、市中心部の南側に東西を結ぶバイパスルートが完成することになります。

イギリスの建築専門誌NCEにもThe Bjorvika immersed tubeと題されたビデオが上がっていますのでこちらも併せてご覧になると楽しいと思います。

片側3車線のトンネルで中央部が6つのプレハブ沈埋函で構成された約650mの沈埋トンネルというのはわかるのですが、なぜか全長が書いてありません。両端は現場打ちの開削トンネルが計画されているとCowi社は記しています

トンネル断面図を見ると高さ10m、幅35mあり、中央部の壁で上下線に分けられています。1日あたり10万台の通行量を予測して計画されています。船舶航行のため、海面下約9mのところにトンネルのトップが来るように計算されています。

2005年に始まったこの工事ですが、2010年の完成を目指し順調に進んでいるようです。
ちなみに工費は2億8000万ドルとかかれており、超過したとか、予算どおりとかそのあたりについての記述は見当たりません。

なんとなく北欧、ノルウェーというと工期、費用ともきっちりしたプロジェクト運営をしそうというイメージがあります。
[PR]

by fukimison | 2009-01-19 12:51 | プロジェクト  

フィジーで洪水

なんとなく風邪っぽく、オーストラリアの鉱山の話とかあったのですが、昨日は怠けてしまいました。

そんなものですから本日は軽めの話題です。
記事としては軽い(短い)のですが、内容は軽いとはいえないフィジーで洪水が発生し、少なくとも10名の死者が出たというものです。

今週の初め(1月12日)ごろからフィジーを豪雨が襲い、死者が4名といったニュースは流れていたのですが、1月14日のBBCは死者は少なくとも10名に達し、さらに豪雨の襲来が予想されるといった記事を流しています。

泥流により住宅が浸水したため9000名近くの住民が緊急シェルターに避難し、また避難民のボートが転覆し24名が行方不明になったといったニュースも伝えられています。

フィジーは330余りの諸島で構成されているのですが、その中で大きいビチレブ島の南東部にスバという首都があります。(でもリゾートとして栄えているのは西部のナンディー)このビチレブ島を数日に渡り豪雨が襲い、道路は冠水、町も浸水、橋は流されるという被害が出ています。

フィジーは観光のほかは砂糖生産ぐらいなのですが、そのサトウキビも数千万ドル相当の畠が冠水したと伝えられています。気象学者はあと3日は豪雨が続くと予測していますし、フィジーは近来希に見る最悪の洪水に見舞われているようです。

欧州は寒波が襲い、エッフェル塔も雪化粧、南仏も20数年ぶりに雪というニュースが流れています。これに加えフィジーの豪雨、地球温暖化の証でしょうか?
[PR]

by fukimison | 2009-01-15 10:00  

米、グリーンビルディング協会のニュース

大抵、欧米の建設専門誌、大手英字新聞などなどを見て面白そうな記事を探すのですが、本日は久しぶりに米グリーンビルディング協会を見たところ、Real Estate Investors benefit from Green Building Momentumという記事があり、記事の論旨よりも、記事内に引用されている数字に驚かされました。

まずロサンゼルス周辺の不動産売買リストにある住宅の90%が担保物件だとういうこと。サブプライムの破綻=カリフォルニアの土地バブル破綻とは理解していましたが、90%が抵当流れ物件というのは凄い。

McGraw Hill Constructionのグリーンビルアウトルックによれば、2005年にグリーンビル建設は100億ドルであったものが、2008年にほぼ500億ドルに増加した。さらに2013年までにこの数字は1500億ドル近くにまで伸びると予想されている。
建設費用が従来のビルに比べ数%高くつくグリーンビルですが、環境問題からグリーンビルが伸びているというのは知っていましたが、ここまでとは思いませんでした。

建設費は高くつくものの、その後のライフサイクルコストは別です。カリフォルニアにある環境保護庁ビルのグリーンビルですが、システムキャリブレーション、モニタリングやエネルギー性能の維持管理によって、年間ほぼ20万ドルの節約が可能となります。さらに建物外側の照明システムに加え営業時間外の暖房、照明コントロールはさらに年間11万ドルの節約をもたらします。全体として省エネの改善、運営および従業員の教育に50万ドルが投じられましたが、これらによって年間61万ドルが生み出されているというか節約になっているそうです。つまり初期投資は1年弱で回収されたことになります。
この建物のグリーンビルプロジェクト 概要によれば、8%の資本家率を利用し計算すると年間の費用削減はこのビルの資産価値を1200万ドル近くも増加させるものとなっています。

グリーンビルの建設費用や改築費用は高価についても、その効果はあまりあるということです。
グリーンビル事務局のニュースですから若干は割引をしたとしても、充分検討に足る事例といえましょう。

やはり従来型の建築開発は曲がり角にあるという証明のようです。
[PR]

by fukimison | 2009-01-13 17:33 | グリーンビル  

イスラエルの海水淡水化プラント

先日のイスラエルとパレスチナ関連に引き続き、本日もイスラエルものです。

イスラエルはその地政学的な環境ならではの技術を発達させています。その1つがテロリストなど不法侵入者摘発のため国境検問所で利用するための音声認識ソフトです。これを日本はサラ金の窓口で利用しているそうです。その他に灌漑技術、特にほぼ砂漠状態の地域で農耕を行うために開発された点滴灌漑、北京でも水泳競技の水質確保に利用された水質検査溶液など水関連の技術開発力の高さで有名です。

大河が無い乾燥地帯にある、しかし技術力が高いとなると海水の淡水化ということになります。しかし淡水化プラントは大量にエネルギーを必要とすることからコストと環境面からなかなか前に進みません。どう両立させるかに悩んだような記事が2008年7月のArutz Sheva(イスラエルの情報オンライン)のIsrael To Develop Water Technologiesでしょう。

淡水化プラントは環境汚染をもたらすが、水関連産業におけるイスラエルの優位性を確保するため、同国政府は2009-2011年に新技術開発プロジェクト実施(総予算はおよそ3000万ドル)を決定したというものです。

走行するうち、2008年末に米専門誌のENRがAnticipating Thirsty Future, Israel Speeds Desalination Plant Biddingという記事を出しました。

記事によればイスラエルのインフラ・財務省はテルアビブの南40kmの地中海沿岸のSoreqに世界最大の逆浸透脱塩プラント建設を目指し、2009年1月にBOT(建設・運営・譲渡)入札を行う予定だそうです。入札は最低100MCM(1MCMは100万立方メートル、つまり1億立方メートル)の生産量であるものの、落札者と協議のうえ1億5000万から2億立法メートルの範囲で決定されるというもの。

インフラ・財務省の担当官は2012年に6億立方メートル、2016年に7億5000万立方メートルの生産が目標だとコメント。

現在イスラエルの淡水化施設は年間1億350万立方メートルの淡水を製造しています。これに2009年に完成予定のHaderaプラントが加わると、さらに1億立方メートルの淡水が行えます。

脱塩の副産物として鉄が発生し、既存プラントで最大のAshkelon(年間生産量1億3500億立方メートル)は400トンの鉄を海中投棄しています。計画通りに脱塩プラントが建設されると、海水汚染はさらに加速化することになりるとして環境学者は警告しています。
[PR]

by fukimison | 2009-01-09 11:11 | プロジェクト