<   2010年 04月 ( 19 )   > この月の画像一覧

 

インドネシア、ジャワ・スマトラを結ぶ橋梁

祝日があり、すでに日本でも報道のあったプロジェクトですが、ここまで大型のものだとなかなか見逃すわにいきません。

4月26日ロイター伝としてIndonesia's Java-Sumatra bridge could cost $19 bln - officialとして「ジャワ島とスマトラ島の間のスンダ海峡に両島を結ぶ橋梁(全長30km)の建設費は190億ドルに達するだろう」として記事がでました。

スンダ海峡大橋、この種の大型というか、夢のようなインフラプロジェクトはいくつかあり、その代表例が起源は17世紀に遡ると言われる、タイとマレーシア国境付近に運河を掘る、クラ地峡運河計画でしょう。ほかにも入札までいったものの、大統領が変わったため頓挫したものにイタリア本土とシチリア島を結ぶメッシーナ海峡大橋があります(これはベルルスコーニ大統領が返り咲いたので、プロジェクトも生き返ったというニュースが流れましたが、その後どうなったのでしょう?)

このスンダ海峡大橋の記事ですが、初期調査では111億ドルと見積もられた工費が190億ドルにまで跳ね上がったことを伝えるものです。しかし同時に「プレ・フィージビリティー調査の段階であり、調査が進めば費用は下がるだろう」や「政府が許可や規制を担当し、民間が資金調達を行う、官民ファイナンススキームを組み込む」とった関係者のコメントが並びます。

おそらく「2009年、ユドヨノ大統領は2014年までに7%の伸びを達成するため、南東アジア最大の経済におけるインフラ発展に今後5年間に1400億ドルを投じると約束した」が引き金となっているのと推測。

この記事の関係資料を探しているうちに見付けたのがこのサイト:Java Sumatra Super Bridgeで、「いままで3時間かかっていたジャワ・スマトラ間の移動が30分に短縮」とか「橋梁は自動車6車線と複線の鉄道で構成」「物品や人の移動の向上」といった言葉が並びます。

ロイターの記事は主に工費について伝えているのに比して、4月14日付けのインドネシアAntara NewsはIndonesia to build bridge over Sunda Strait in 2012として「2012年半ばに着工は可能であり、2017年か2018年に橋梁は完成もあり」と報じています。さらに「橋梁設計は2012年に完成する一方、フィージビリティー調査は1年半程度要するだろう」とした関係者コメントを伝えています。

(理論上は可能だということだとう意味と解釈します。)

肝心の資金ですが、中国によるプロジェクトファイナンスという言葉がありますが、これも確定でなく、希望というニュアンスが。。。。

この4月にもスマトラ沖地震(M7.7)があったと、世界でも有数の地震地帯に建設する橋梁です。
行く末をきっちり見たいものです。

個人的には、海底トンネルと斜張橋の合体タイプがいいなぁ。
[PR]

by fukimison | 2010-04-30 11:19 | プロジェクト  

ベトナム、電力事情

一昨日のブラジルのベロ・モンテダムに続き、本日もエネルギー関係のニュースです。これは昨日の日経がベトナム原発に低利融資と伝えており、エネルギーが必要なのはわかりますが、それが原発なのか?ダムによる水力発電はCO2の発生は防げるが自然破壊は大きい。原発もCO2の発生はないが、これから派生する問題は大変大きい、モノは全て寿命があり、使えなくなった時に無力化する方法がない、ここが大きいです。

では自然エネルギーか?といえば、まだまだコスト的にあわない。

ではどの程度ベトナムに電力があるのか(必要なのか)?4月26日付けのViet Num NewsはCity uses bulk of electricity とした記事を掲載しており、これによればThe Viet Nam Electricity Groupはホーチミンシティーに1日あたり4350万kWh、ハノイに2700万kWh、ドンナイに1800万wWhを割り当てるとしたと伝えています。

日本の場合、1世帯あたり1ヶ月に300kWhです。東京の世帯数が630万世帯ですから、1日で考えると10kWh×6,300,000という数値になります。

ベトナムの問題は需要と供給のバランスであり、電力不足による停電の可能性が記事に示唆されています。
4月21日付けの記事Dry rivers spell power shortageは、全国的に河川の低水位、特に北部の紅河、が報告されており、一部の貯水池では平均より35から65%も低くなり、これに呼応して電力も 6億kWh不足しているとあります。この低水位の原因のひとつに上流に位置する中国のダム建設が上げられています。

そうした中で注目すべきなのは22日のVN to tap German green know-howという記事で、これは21日にクリーンエネルギーに関するドイツの経験や技術を中心としたベトナム・ドイツビジネス会議が初めて開かれたというもので、担当大臣は「ベトナムはエネルギーの輸入が必要になり、気候変動の影響を受けることになろう。わが国はエネルギーの効率化を進め、環境負荷を軽減する政策に転換しつつある」と述べています。

やはり過渡期の原発ということになるのでしょうか?
[PR]

by fukimison | 2010-04-28 11:20 | 動向  

英経済、本当のところは?

2番底はこない、景気は上向いている、回復基調だという報道が流れているものの、生活実感はほど遠く感じます。
インフラ・不動産系のニュースを見ていても、各国で事業者が大型開発から手を引いたというニュースが流れるかと思うと、プロジェクト継続を発表したりしています。

そうしたなか英国の建設専門紙Building Designは4月26日アラップ社が100人の人員削減を発表したと報道しました。Arup to slash 100 jobs

アラップ社はエンジニアリング・コンサルタントで世界30カ国余りにオフィスがあり、英国では115人の建築家を含め4000人超を雇用する企業です。(日本にもオフィスがあり、日本アラップのサイトをみると新宿に完成したモード学院の構造設計や現場管理を担当したとあります)

そのアラップ社の英オフィスが長期的に見た今後の事業展開をもとに人員整理を行うことにしたそうです。

Construction Products Associationによれば、「今年、建設作業は3%の減少が予想され、2011年も1%程度のリターンしか見込めないだろう。最新のGDP数値は建設産業が不況から抜け出せない一方、経済は2010年の第1四半期に0.2%の伸びを見た」ということです。

やはり4月26日のBuilding Designはフォスター氏が建築家として唯一、サンデータイムス紙恒例の高額者リストに名を連ねたことを伝えています。
Foster is the only architect in Sunday Times Rich List

しかし記事をよく読むと、2008年に2億5000万ポンドで325位、2009年は1億7000万ポンドで333位、そして今年は1億6800万ポンドで394位と微妙に後退しているのがわかります。チェルシー再開発での問題などが影響しているのでしょうか?でも建設業界全般と建築家の収入は連動しないのでしょうか?

それを言うなら、英国経済全体を見たときどうなのでしょうね?
この状況を見ていると、18世紀から19世紀に変わる頃の英国は産業革命により農業は崩壊し、どのように国の舵を取っていくかが模索されましたが、その頃を思い起こさせます。
[PR]

by fukimison | 2010-04-27 11:00 | 動向  

ブラジル、アマゾンのダム建設続報

2010年2月5日にブラジル、アマゾンダム建設か?と題してお知らせしたブラジルのBelo MOnteダムですが、4月21日に英テレグラフ紙はBelo Monte dam approval provokes 'bloodshed' threats from Amazon Indiansと題してブラジル政府の承認が出たものの、抵抗は続いていることを伝えています。

ここでBelo Monte Damのおさらいです。
アマゾン支流に建設されるベロモンテ・ダム(水力発電)は30年前に計画されたもので、ブラジルの2300万世帯に配電すると同時に、500平方KMがダム湖に沈み、4万人が移住を余儀なくされます。

支援者には有名人が名を連ね、テレグラフの記事はジェームズ・キャメロン監督(アバターでアカデミー賞を受賞した)がインディオと抱き合っている写真を掲載しています。

結局、法廷闘争で9社からなる企業コンソーシアムが勝訴し(神からの贈り物とコメント)、ブラジルのシルバ大統領は伸び行くブラジル経済へ再生可能エネルギーを提供するものとなろうと述べています。

2014年にサッカーのワールドカップを開催し、さらにその2年後にオリンピックを開催するブラジルにとり、ブラジルの電力需要の6%が供給できる(であろう)ベロモンテダムの建設は大きいでしょう。

このベロモンテダム承認は4月21日付けのUS InfrastructureでもControversial Belo Monte Dam green-litと報道されており、こちらは「今月始め、ブラジル最大の建設企業2社が収益が低すぎる」として入札プロセスから離脱したとあります。

同誌のコスト表によると工費は170億ドル(うち8億ドルが環境保護費)、発電量は11,000メガワットでこれは中国の山峡ダム、ブラジルとパラグアイの国境にあるイタイプダムに次ぎ第3位(パナマ運河建設に使用されたよりも大量のコンクリートが必要となるほどの規模)でありながら、乾季は1000メガワットしか発電できず、世界で一番非効率なダムだそうです。

地元インディオのリーダーは150人のインディオが建設現場に移住する予定であり、流血の事態が起きるとしたら、それは政府の責任だと述べているとあります。
[PR]

by fukimison | 2010-04-26 12:20 | プロジェクト  

米、メキシコ湾で石油リグ爆発

4月21日、BBCはOil rig blaze off Louisiana leaves at least 11 missingと題して、4月20日の夜半、ルイジアナ州ベニス港の南東84kmにある石油掘削リグで爆発が発生し、現在も延焼がつづいており、このDeepwater Horizonリグで働く作業員126人のうち11人が行方不明だと伝えました。リグは約70度傾いており、倒壊の危険があるそうです。

このリグは2001年に韓国のHyundaiが建設したもので、全長120m、幅78mの半潜水型海洋掘削リグで、半潜水型海洋掘削リグというのは掘削サイトの上方に浮かんでおり、海底に固定されたものではないのだそうです。

記事によれば爆発の兆候は無く、作業員はごく普通に作業を進めていたとありますし、スイスを本拠とする請負業者のGreg Panagosも、当時掘削作業を行っており石油生産は行っていなかったとあります。

4月22日になるとMSNBCは11 workers still missing after explosion, fire off La.として「爆発によりリグは36時間炎上したのち沈み、そのため大規模な石油流出が起きる可能性が大となった」と伝えています。

同日BBCもOil rig sinks in Gulf of Mexico after explosionとして「沿岸警備隊によれば1日あたり8000バレル(30万ガロン)の石油流出が懸念される」と報じています。

1.5km×8kmの石油の帯が海上に現れたという報告もあり、この流出した石油が50マイル離れたルイジアナ沿岸に達した場合、最悪の環境被害が起きるでしょう。

先日はオーストラリアのゴールドコーストでタンカーの座礁事故がありましたし、今回は米国の掘削施設事故での流出、地震に津波、石油流出に火山噴火、そしていつまでも冬のような気温、農作物は大打撃でしょうし、温暖化は寒暖の差が大きくなることで証明されるといわれますが、まさにそんな感じです。
[PR]

by fukimison | 2010-04-23 11:05 | 事故  

世界の住宅価格、2009年第4四半期報告

4月21日、英国をベースに活動する世界的な不動産エージェントのKnight Frank社が2009年第4四半期の住宅価格指標を発表しました。Knight Frank Global House Price Index – Quarter 4 2009

注目項目として
1、KF社が住宅価格指標を採取する都市の約半数で価格の上昇が見られた。
2、世界的に平均3.8%の下げを見た一方、アジアパシフィックは平均8%上昇し、最も大きな伸びを見せた。
3、最大の伸びを見せたのは香港で(30%近い伸び)、エストニア(-40%)ドバイ(-42%)ラトビア(-50%)の3都市が最も価格下落を見た都市
が記されています。

KF社の調査担当者のコメントは「世界的な住宅価格の回復はまだまだ不安定な状態であるが、表をみると二桁の伸びを見せた5カ国と10%超の下落を見せた9カ国という、両極状態が明らかになっている」。香港と中国は中国政府の景気刺激策により大きく伸びており、その恩恵を受けたオーストラリアは13.6%上昇し、世界的な不況から素早い回復を見せている。」

この表をみて「ほう!」と感じたのは21.3%の伸びを見せ3位に登場したイスラエルでしょう。パレスチナ問題、イスラムとの対立を抱えながらこの上昇、担当者のコメントも「不動産への投資誘導、利回りの低い預金といったものが不動産価格の上昇を導いている」とあります。

一方、Property Wireは4月16日Serious drop in first time property buyers expected in Australiaというタイトルのもと「金利の上昇、貸し出し基準の厳格化、政府刺激策の削減が新規購入者を直撃し、分析によれば10月の新規購入者42%に対し、2月は36%に減少した」と伝えています。

時々思うのですが、こういう不動産価格とは別に、気持ち良く暮らすって、本当の意味はどういうことでしょうね。
[PR]

by fukimison | 2010-04-22 10:11 | 不動産  

中国、70都市で不動産価格上昇

上海万博のオープンを控え、あいかわらず元気な中国、バブルだ、もう危ないとか言われていますが、4月15日に香港貿易発展局(Hong Kong Trade Development Council)が発表したリリースProperty prices in 70 Chinese cities up 11.7% in March は、国家統計局が4月14日に発表した統計によれば、中国の主要70都市における3月の不動産価格は前年比で11.7%上昇したと伝えています。

新築不動産は前年比14.2%という数字もすごいですが、高級物件は18.5%という驚異的な伸びを見せています。さらに言えば、90平米かそれ以下の広さの新築アパート物件は19%(前年比)であり、海南省の省都海口、三亜(海南島)、浙江省温州市、浙江省金華市、広東省広州市の新築住宅物件はそれぞれ64.8%、57.5%、22.3%、20.9%、20.3%(前年比)で伸びえているとあります。

こういう数字をみるとバブルだといいたくなります。

またこれら70都市の比居住用不動産も前年比5.9%で伸びているとあります。

上海万博の事前報道の画像をみても、人さばきや建築物の進行状況、この数年間で地下鉄の総延長が世界最大になったことなどを考え合わせると、本当に大丈夫なんでしょうか?
[PR]

by fukimison | 2010-04-21 17:19 | 不動産  

エジプト、太陽光発電プロジェクトで中東に学ぶ?

中東のニュースはいろいろとお伝えしていますが、ドバイ、アブダビが中心になり、国民の90%がイスラム教徒でありイスラム圏でそれなりのプレゼンスを持つエジプトのニュースがなかなか伝えられないでいました。
そんなこんなで本日はエジプト初登場です。

エジプトといえば大ダムの祖みたいなアスワンダム、
いまだったらユネスコが世界遺産を壊すといって大警告運動をくりひろげたでしょうと思いながら、トピックは巨大インフラではなく、太陽光プラントです。

この記事は4月15日付けのArabian Business紙がEgypt in talks with Masdar on solar power planとして伝えたもので、「エジプト政府は東部紅海沿いの太陽光プラント建設に向けた資金調達についてアブダビの国営クリーンエネルギー企業であるマスダールと協議を行っている」とあります。

エジプトは10億ドルの太陽光プラント建設を計画中で、その資金調達や技術移転についてマスダールや欧州の企業3社と協議中だそうです。

はっきりした建設地や発電規模が記されていないのが気になりますが、隣国のモロッコが90億ドルという巨大太陽光プラントプロジェクトを発表していますし(これの第1期工事500MWに向けた入札が2月に開始)、エジプト自身も2020年までにエネルギー需要の20%を再生可能エネルギー源にする計画の一環として、スエズ近郊に200MWの風力発電ファームを建設する契約を2月にマスダールと結んでいます。

4月16日付けのMENAもEgypt's solar power plans としてこのニュースを伝えており、エジプトが再生可能エネルギーへのシフトを強化する理由として「何年にも渡りエジプトは二酸化炭素排出量削減と戦っている。エジプトの国民1人当たりの排出量は世界でも最大に属し、ピラミッドにダメージを与えたり、スモッグで見晴らしが悪くなったりと、同国最大の収入源である観光産業を脅かすものとなっている」としています。

スモッグでスフィンクスの色が変色したり、アブシンベル宮殿が崩落したりしたら、それは大問題。

再生可能エネルギーにシフト、切実でしょう。
[PR]

by fukimison | 2010-04-20 11:22 | 動向  

NY、ガバナーズアイランド再開発

このところ緊急対応が必要なことが起こったり、なんとなくその余波で気ぜわしくなったりで思うようにネットサーチが行えなかったり、書き込む時間がとれなかったりと不本意です。

本日ご紹介する記事も本来なら3-4日前にご紹介できたはずなのに押せ押せで本日になってしまいました。これは4月11日付けNew York timesがNew York City Takes Over Governors Islandとして紹介しています。

エリス島やスタテンアイランドあたりはご存知の方は多いと思いますが、ガバナーズ・アイランドといっても聞きなれない名前でNYのどこにあるの?だろうと思います。マンハッタンの南端にあるスタテンアイランドへ行くフェリー乗り場からフェリーにのり5分ほどのところにある小さな島で、沿岸警備隊が常駐していましたが2003年にNY州からNY市へ譲渡されました。詳しくはこちらを

譲渡されたものの(1ドルでも譲渡なのですよね)特異な開発制限が付けられていたため、長年にわたり州対市の協議が続きこのほどやっと基本案がまとまったというのがこの記事です。

フェリーで5分、そこに172エーカーの土地(21万坪)があれば住宅開発というのがステレオタイプ的日本人の発送。しかし開発にむけた内容をみると、土地の大部分は公園になり、あとは高校と若干の商業開発、恐らくニューヨーク大学のサテライトキャンパスになる計画だそうです。

1970年代、ニューヨーク市財政は破産の危機に瀕し、それから40年、ニューヨーク州と市の財政状態は逆転したことで、現在市は市内の主要インフラ(ブルックリンブリッジパークやバッテリパークシティー)を州から購入する交渉を行っているそうです。

このガバナーズ・アイランド再開発の記事は4月14日付けUS InfraにもNew York's $220m Governors Island park developmentとして紹介されています。こちらは2003年に1ドルで手に入れた島を2億2000万ドルかけて公園に再開発という紹介の仕方で、オランダ系企業のWest 8がRogers Marvel Architects, Diller, Scofidio + Renfro, SMWM and Urban Designとパートナーシップを組んで設計にあたるそうです。

40エーカーの公園のほか、マンハッタンの南側に臨む丘陵や全長2.2マイルの自転車道や遊歩道が建設されるそうです。市は第1期建設費用の4150万ドルを用意し、建設は2012年に始まるとしています。完成の暁にはNY市にとりあらたな観光資源となることは確実でしょう。

任期中に新しい公園建設が行える、これはブルンバーグ市長にとりなかなかおいしい成果となると想像します。
[PR]

by fukimison | 2010-04-19 11:18 | プロジェクト  

ロンドンのHeron Tower

ロンドンに建設中のHeron Tower, 開発業者のHeron Internationalが建設中の46階建て・202m、屋上のマストを含めれば230mの超高層オフィスビルですが、ここのロビーに巨大なサメが泳ぐ小型の水族館が設置されるというのがFinalcial NewsにShark set for hedgie face-offとしてありました。

これは泣く子も黙るヘッジファンドとサメ、(ローンシャークといえばサラ金)
なにかの冗談でしょうか?

Heron Tower形状はもうすこし、芸があってもよいんじゃないかな?

その分、ロビーのサメなのだろうか?

このHeron Towerですが床面積は462,000 平方フィートで、ヘッジファンドのマネージャーが好みそうなハイクォリティーのオフィスビルだそうです。

肝心のサメですが、全長1.2mで7万リットルの水槽に他の1300匹の魚と一緒に泳ぎ回ることになるそうです。
[PR]

by fukimison | 2010-04-15 12:21 | つれづれ