<   2010年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧

 

中国銀行、鉄道プロジェクトに75億元投資

先週に引き続き鉄道記事の紹介です。

5月28日付けRailway Gazette紙はRail attracts investorsと題して中国国営銀行である中国銀行を含む投資家はJinyulu Railway Channel Co設立に関する協定に署名した。Jinyulu Railway Channel社は998億元を投じ、山西省のXingxianにある鉱山から河南を抜け黄海の港湾である日照に至る1260kmの貨物鉄道開発を行うものだと伝えています。

もう少し詳しい情報をと思い探したところ5月11日付けQuote.comにBOC Investing in Railway Project againという記事があるのを発見。
内容はほぼ同じなのですが、中国銀行は子会社のBOC Investmentを介してプロジェクトの株式の14.45%を取得し、第3位の大口株主をなったとあります。

さらに記事は、一ヶ月ほど前中国銀行は、60億元を投じ、上海・北京高速鉄道プロジェクトにおいても株の4.5%を所有する大口株主(第5位)と発表したばかりだと続いています。

上海・北京の高速鉄道は旅客用のものですし、今回の投資先は貨物輸送を専門にするものなので、若干違うといえば違うけど、鉄道は鉄道、いままでものすごい勢いで道路の延伸に務めてきた中国ですが、経済的に考えれば、鉱石は鉄道輸送ですよね。

Quote.comの記事によれば「このプロジェクトは主にこれらの地域にある主要な炭田や鉱山を結ぶものだ。近年中国は鉄道建設に注力しており、2010年1-3月期に約893億6000万元の資金を鉄道セクターに投じている。固定資産投資は前年比18.4%増であり、インフラ投資は21.6%増とあります。

いままでもインフラ投資は莫大な額であったと思いますが、さらに伸ばしているというのはどこかが削られているわけで、大丈夫なんでしょうか?
このグローバル時代、けっして他人事で終わらないのが恐ろしいです。
[PR]

by fukimison | 2010-05-31 11:16  

サウジアラビア、リヤドに新駅建設

今ひとつ調子の出ないUAE、しかしサウジアラビアやカタールは相変わらず大型プロジェクトが目白押しです。
5月25日付けArabian BusinessはRiyadh eyes massive new railway station by 2013としてSaudi Railway Company(SAR)が2013年を開業を目指し、年間乗降客80万人を裁く新鉄道駅をリヤドに建設する計画を発表したと伝えています。

SARの会長は「計画中の駅舎は最新の設備を備えており、King Khaled国際空港のそばの50,000平方mの用地に建設される」と述べています。

このニュースは5月25日付けのMENA InfraにもRiyadh to get mega-railway stationとして報じられています。
こちらは「完成の暁にはリヤドの巨大鉄道駅は計画中のリヤド、カスィーム、ハィール、ジョウフ、そしてヨルダンとの国境のAl-Hadithaをカバーする全長1000kmの鉄道のターミナルとして機能する計画だ。このプロジェクト費用は42億ドルが見込まれており、鉱物の輸送やこの地域の旅客輸送のみならず、3000を超える職場の創設が期待されている」とあります。

これに関連したニュースを探したところ、5月17日付けのArab NewsはNorth-South rail to start this yearがあり、これによると「SAR社は時速200kmで旅客列車を運行し、全1,486kmのうち800kmが完成している」そうです。
またSaudi Gazetteは駅舎建設の入札に関する記事を掲載しておりTenders for Riyadh train station soon こちらには「鉄道は鉱物輸送用の軌道と旅客輸送用の軌道と2軌道で構成されており、4年前に行われたフィージビリティー調査では年間150万人の利用を見込んでいる。工事は2012年に終了し、2013年からの営業が予定されている」とあります。
サウジも高速鉄道時代になっているのですね。
[PR]

by fukimison | 2010-05-28 11:33  

中国、ジンバブエの水力発電に4億ドル

先日、中国の風力発電事業についてお伝えし、本日また中国ものですが、これは中国のアフリカに対する資源外交の実例ということで元記事は少し古めなのですがご紹介です。

5月3日付けAfrica NewsはZimbabwe, China sign $400m power dealとして「ジンバブエの経済復興を停電が脅かすことから、同国はKariba水力プラントの拡張に関し中国のSinohydro社と4億ドルの契約を結んだ」というリードを載せています。

カリバダムをwikiすると「南部アフリカのザンベジ川中流のカリバ峡谷に作られたダム」とあります。

記事に戻ると「ジンバブエ政府は中国のシノハイドロ社と既存のカリバダムに150MWの発電所を2カ所増設する覚書に調印した」とジンバブエの国営発電企業であるZimbabwe Power社がロイターに伝えたとあります。さらに「中国の輸出入銀行がこのプロジェクトに4億ドルもの大金を供給する予定」と続きます。

今までにジンバブエは、発電能力増加するため複数の外国政府と何億ドルもの協力協定を結んでいるが、どのプロジェクトも動き出していないなか、中国は実際に資金の手当てを行い着工に向け着々と動いているようです。

数字を拾うと「現在Hwange火力発電所とカリバダムにより940MWの発電を行っているのに対し、ピーク時の需要は2500MW」とあり、停電が日常化していることを示しています。

このジンバブエと中国の協定について5月6日付けのPower&Energy誌もZimbabwe, China in $400 million hydro plant dealとして伝えています。

大筋は同じなのですが、周辺情報として「ジンバブエはモザンビークとザンビアから電力輸入を行っているが、ボツワナへ40MWの輸出を行っている。これはジンバブエのBulawayo市にある火力発電所(90MW)の改善資金としてボツワナから800万ドルの提供を受けていることによる」とあります。

やったり取ったり大変、その上、Hwange火力発電所は750MWの発電能力を持つプラントして設計されており、おそらく1期として3ユニット計350MWが建設され稼動するはずであったのに、現在は2ユニットしか稼動していない、しかもその原因が停電によるものだとあるあたりが悩ましい。
[PR]

by fukimison | 2010-05-27 11:32 | 動向  

英、連立政権の予算

下院選挙で13年ぶりに保守党が政権復帰をした英国ですが、保守・労働のどちらも過半数が取れないハングパーラメント、第2次世界大戦以来の連立政権となりました。そしてイギリス議会が開催されエリザベス女王が財政赤字の削減と景気回復を最優先課題とした施政方針演説を述べるなどして、キャメロン政権が動き出しました。

景気回復と赤字削減、程度次第であるものの、この言葉の出ない国は無いのが現状。
ということで本日は英国の建設を中心にした英国の予算カット状態をお伝えします。

一番解りやすいのはthe construction indexのHow the £6.2bn spending cuts will affect construction and reactionでしょう。

この記事によれば運輸省は6億8300万ポンドの削減を受け、これにより主要幹線道路の改良、拡幅工事が延期、従って運輸省が出していた助成金もネットワークレイル(線路や信号などのインフラ全般や一部の駅などを運営)1億8000ポンド、ロンドン交通局(1億ポンド)、地上自治体向けの助成金も3億900万ポンドが削減されたとあります。

他にも政府全体としての住宅予算が1億5000万ポンド、オリンピック実行委員会が2700万ポンドの削減とあります。

5月24日付けBD誌をみるとCabe and EH and Tate all face cuts this yearというタイトルのもと、「CABE, English Heritage, Tate Galleryは併せて700万ポンドの削減が求められている。全省庁は3%の削減が求められており、CABEは670万ポンドの予算のうち80万ポンド、English Heritageは1億4130万ポンドの予算から420万ポンドであるのに対し、Tate Galleryは8210万ポンドから210万ポンドのカットが求められている」とあります。

これが最終でないだけに、更なるカットも予想されるようです。
[PR]

by fukimison | 2010-05-26 14:43 | 動向  

スポーツと環境

昨日に続き環境ものです。
特別にサッカーフットボールのファンではないのですが、ワールドカップも近づき、昨夜は韓国に負けたことで、新聞はお定まりの悲観論を展開しています。

しかし建設労働者のストがあったりしたけど、本当に南アのスタジアムは完成しているのか?南アに決まった時は環境に配慮したスタジアムを建設するとしていたけど、本当にそうなのか?改めて見てみました。

5月12日付けPE誌はWind energy to power football World Cupとしてこれを報道していました。記事は「6月11日に試合が始まった時、観客は地球最大の試合を観戦するだけでなく、史上初の風力発電をエネルギー源としたスタジアムを体験する」としたリードで始まっています。

「ベルギーを本拠とするElectrawinds製の25基のタービンが1.8MWの発電をおこなう」とあり、さらに「Electrawinds社はこれを無料でおこなう」とも。全部で12億ランドをElectrawinds社は投資し、最終的には2011年に全工事が完成すると45MWの発電が行えるともあります。ウィンドファーム建設にあたり、133の間接工事、55の工事作業、12の永久的な作業が生み出されたとあり、南アにとってはそちらのほうが大きいのではと推察。

5月12日付けEU Infra誌Using renewable energy in football stadiumsには「ワールドカップサッカーのスタジアムが再生可能エネルギーを利用するのは新しいトレンドではなく、2005年にオープンしたベルンのStade de Suisseは12,000平方メートルにおよぶ世界最大の太陽光パネルを持つサッカースタジアムだった」とあります。このほかスイスには3つのスタジアムが太陽光パネルを屋根に設置しているとあります。

雪深いスイスが太陽光パネルを利用する一方、350日太陽に恵まれている南アが太陽光ではなく、風力発電なのがちょっと不思議?しかし2014年のサールドカップサッカーを主催するブラジルは「ソーラースタジアム」を検討中だとか。

オリンピックやサッカーはユニバーサルな施設や都市であることに加え、環境も招致のキーワードに成っているのですね。
[PR]

by fukimison | 2010-05-25 11:28  

中国、風力発電に130億ドル投資

以前、「中国、2020年までにエネルギー需要の20%を再生可能源に」というタイトルで中国における再生可能エネルギートレンドをお知らせしました。この時も投資額や目標値の大きさに驚くとともに、本当に達成できるのか?白髪三千丈?と思ったものでした。

中国を見るとき、良く感じるのは、1つの政府が統治できる国土面積と人口、人種には限界があり、中国はそれを越えているのではないか?というのがあります。そうした軋みが中国の持つ多面性となって現れているのかとも感じます。

そして本日の紹介記事ですが、5月19日付けEarth Friendly EnergyはChina Longyuan To Spend $13B on Wind Powerとして「Bloomberによれば中国のLongyuan Power社は今後5年間に約920億元(130億ドル)を風力発電開発に投資し、中国および海外で少なくとも16,000MWの設置をおこなうことで世界最大の風力発電事業者となる計画だ」と伝えています。

元記事のBloombergを見ると5月10日にChina Longyuan Rises on $13 Billion Expansion Planとしえ伝えられています。こちらにも「世界最大の汚染製造国である中国は2020年までに少なくとも15%を再生可能エネルギー源によるものに転換することを計画しており、再生可能エネルギーへの投資は第1四半期で65億ドルに達した。2009年は約9%であったものが、年末までに風力および太陽光を含む再生可能エネルギーは全エネルギー源の10%を〆るだろう」とあります。

国土が広く、人口も多い中国で1%という数字がでてくることを考えるとその「熱意」がわかります。

さらに5月10日付けのAsia InfraのChina: Wind farm expansion to cost $13bnを見ると「Longyuan社の拡張計画の背景には、新法導入(風力発電におけるフィードインタリフ)を見込んでいることがある」とあります。

ドイツで風力発電が進んだのもこのfeed in tariff(固定価格買取制度)が導入されたからだといいます。
しかし、これを決めたらガンガン進められるというのは一元国家の強みだなぁと、日本の現状を考えるとこれもまた悩ましい問題だと感じる今日この頃です。
[PR]

by fukimison | 2010-05-24 11:29  

英、ロンドンの商業不動産復活

5月19日のアイルランド情報でもお伝えしましたが、「弱含みのポンドにより海外投資家がロンドンの不動産購入に乗り出し、この12ヶ月で価格は20%上昇、これは2008年3月のピーク時に比して9%低いだけであり、ミニブーム状態」という話しを裏付けるかのように、L& Gの不動産アナリストの言として「英商業不動産市場は近代史上最大かつ急激な下落に見舞われ壊滅状態になったが最悪の時期は脱し、不安定な経済状態ではあり注意深い投資が必要となるが、2010年は高配当が期待できる年となろう」と報じています。

しかしギリシアの状態やこれによるユーロの不安定さ、英国だって2010年1Qの自己破産率が昨年同時期の17%増、レコードハイという5月7日付けのsite101の報道を見るとそんなこと発表して本当に大丈夫?と突っ込みたくなります。

でも、世の中はそうじゃないらしい!5月14日付けFT紙はBritish Land set to revive ‘Cheesegrater’としてBritish Landがテナントに連絡を取り始めたという記事がでました。Cheesegaraterというビルはロジャースが設計した超高層で、サブプライムショックで休眠状態になったビルです。
床面積610,000平方フィート、建設費2900万ポンドといわれています。
さらにLand Securities社も金融収縮で休眠させた超高層、しかも2007年当時Enblish Heritageが大反対運動をおこしたWalkie Talkieビルの建設を決めたというニュースもでています。

大丈夫?
[PR]

by fukimison | 2010-05-21 12:15 | 不動産  

Green Cityを目指すドバイ、気になる資金は?

ここのところ何かとお騒がせのドバイ、たしかリスケジュールした再建問題の種がそろそろ期限になるはずなのですが、どうでしょう。

そうした中、5月18日付けNational誌にPlans for Dubai incinerator delayedという記事がでました。

これは「ドバイに大型廃棄物熱源とする焼却炉建設計画が財政危機により少なくとも2年間遅れることになった」というもので、ドバイ市の廃棄物管理局が計画を立て、2012年操業開始を目指していたものです。

現在他の資金調達方法を模索しているとあり、選択肢の1つとしてPPP(官民パートナーシップを含む「建設・運営・所有・譲渡(build, operate, own, transfer:BOOT)モデルが上げられています。

急速な人口と大型建設プロジェクトの増加はドバイに廃棄物処理の重荷となってのしかかっており、1日あたり10,000もの廃棄物が出ているといいます。医療廃棄物が焼却されるだけでその大部分がゴミ捨て場に投棄され、リサイクル率は15%、この点ドイツなどは廃棄物の約70%がリサイクルされ、焼却されるのは29%といわれています。

焼却場建設費という財政問題に加え、リサイクル率を上げ、焼却に回ったモノは熱源として利用することを軌道に乗せるには法整備も必要ということで、先は長そうです。

しかしMasdar Cityという世界初のカーボンニュートラル、廃棄物ゼロという環境配慮型計画都市の実験を行ったり、UAEはいろいろなことを試しています。

そして中東といえば砂漠、砂漠といえば水、しかしUAEには水資源保全法がないということで現在法整備に向け動いているというのが5月3日付けMENA誌のUAE to implement first 'water conservation law'です。

チグリス、ユーフラテス川にダムを作るとアラビア湾の海水濃度が上がり、汚染が高まる、海水を淡水化するプラントも大量の電力が必要でCO2排出量が増える。何をどうとらえるのか、悩ましい。
[PR]

by fukimison | 2010-05-20 11:28 | 動向  

アイルランドの不動産+α

昨日のチェルシーに続き、本日も英国方面、アイルランドの不動産記事紹介です。

私の密かな愛読コラムにTom Dyckhoff(英国の建築評論家)がタイムズ紙に寄稿するコラムがあります。その最新号が5月14日に記載されたThe future of Ireland's empty homesという記事で、リーマンショック以前、90年代GDPは約80%も伸び、ケルティック・タイガーと呼ばれたアイルランドの不動産価格は50%も下落し、何千もの新築家屋が売れずに立ち枯れ手入る、その再生の光は?といったものです。

記事中のショッキングな数字を拾ってゆくと、「最近の評価によると人口約600万のアイルランドに43万5000軒の空き家がある。2007年以来、平均不動産価格は50%下落した。大掛かりな優遇税制が投資を促進し、10万ユーロで購入し、翌週20万ユーロで売却という不動産投機が行われた」とあります。

教会とパブが点在する郊外に、なぜかアメリカ風の新築Two Family Houseの一群がある。しかも空き家。月221ユーロで閑静な住宅、優遇措置付きということは日本円で24000円弱ということで、アイルランドの田舎、良いかもしれないとそそられます。

しかし住宅が建設は→ショッピングモール→インフラの整備もとも成ったでしょうし、昔ながらのパブと教会のほかは荒れ果てた商店街が残るだけとなり、Dyckhoffいわく、toxic suburbs(焦げ付いた郊外地)状態を示しているとあります。「アイルランドにこれらの建物が必要か、または適切な場所にこれらの建物が建てられているのかどうかを誰も疑問に思わなかった」というコメントは、バブル期を経験し、その疑問は建築物を見る限り、今でも続いている日本に住むものにとって痛いものがあります。

この焦げ付いた負債をどうするのか、解体するのか?価格きり下げ?廃屋?

そこで紹介されているのが、「道路はcommunity allotmentsに(農耕をする入会地のようなもの・市民菜園)、居間にバイオマスプラントを設置、ホームレス問題は解決、財政難に喘いだ70年代のニューヨークが再生したように衰退は文化再生の糧となる」だそうです。

最後の一文、ラディカルに考えることで勝ち組よというのが良いナァ。

一方、少し古いですが4月5日のNuwire InvestorはLondon Real Estate: Weak Pound And Foreign Buyers Contribute To Price Boomという記事を掲載し、弱含みのポンドにより海外投資家がロンドンの不動産購入に乗り出し、この12ヶ月で価格は20%上昇し、2008年3月のピーク時に比して9%低いだけであり、ミニブーム状態というものです。
アナリストはこの状態はしばらく続くとしているとありますが、、、、

またロンドンの高級不動産、200万ポンド超も3%の上昇が見込まれているとあります。

でも、個人的にはゴーストタウン化した郊外をどのようにしてゆくのか?アイルランドの取り組みが気になります。
[PR]

by fukimison | 2010-05-19 10:49 | 不動産  

チェルシー再開発その後

昨年前半、数回にわたってチェルシー再開発を巡る動きをお伝えしました。
おそらく4月のチェルシー再開発でチャールズ皇太子が意見表明とした記事が最初だろうと思います。

それから紆余曲折があり、チェルシー再開発計画そのものは建築家の選定が終わり、実際のプランを巡り皇太子の財団関係者、地域住民、行政、事業者がともに意見交換をしているという状態で、問題は2007年に事業者であるカタール・ディアールが購入した金額が大きすぎて、採算を考えるとどうしても高層化・密集化は避けられないところでしょう。(高層・密集といっても東京のそれとはだいぶ違いますが。。。。)
このイメージについて4月21日付けBD誌はChelsea Barracks mark II unveiledとして報じています。

そして本日お伝えするのは、最終局面でカタール・ディアールがロジャース案を撤回し、その過程で共同事業者のキャンディー社に損害を与えたことによる裁判の行方です。

まず5月17日付けのBD誌はQatari Diar buckled under prince’s criticism, court hears as £81m Chelsea Barracks action beginsとしてこの裁判の様子を伝えています。

キャンディー社はチャールズ皇太子がSheik Hamad bin Jasim(カタールの首相でありカタールディアールの会長)にチェルシー再開発再考を求める書状送付という干渉により、建築許可を受ける直前になってカタール・ディアールが申請を取り下げたことを不満とし、「カタール企業は契約条項違反であり、プランナーによる計画が承認された時に支払うべき手数料の支払いを求める」と主張しています。でもその金額が8100万ポンド、本日のレートが1ポンド133円ですから10,813,555,712円、といわれるとちょっとすごい。

一方でカタール側の弁護士は「キャンディー社は全く損害を蒙らなかったのだから、この要求は無意味だ」と真っ向から対立の様子です。

キャンディー社はチャールズ皇太子の干渉なんて気にせず、突っ走っちゃえば申請は受理され、当初計画通りに建設されれば8100万ポンドの報酬が得られたのだから損害だと主張し、一方カタールは皇太子の干渉は計画申請の行方に影響を与えることが予見されていた。そうした場合、事業の遅れによるキャンディー社への支払い遅延発生を意味し、それは予見されるものではなかったとしています。

この裁判は他のメディアでも当然ながら報道され、5月17日付けLondon Evening Standard紙はCandys accuse Qatar royals of 'scandalous' action over Chelsea Barracksとして報じています。

こちらはチャールズ皇太子がカタールの王族に向けた書いた手紙が引用されていたりして、なかなかワイドショー的ですし、カタール側は「キャンディーの主張は締結した取引の商業的性格について基本的な誤解があった」としていますし、キャンディー側は「少なくとも契約書に記載されているロジャース案が却下された場合の補償費6900万ポンドを支払うべきだ」と主張とあります。(8100万ポンドがだめなら6900万ポンドですか?それでもすごいなぁ)

この裁判は3週間ぐらいで結審するとあります。
[PR]

by fukimison | 2010-05-18 11:42 | 景観