<   2010年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧

 

Gated Town, Gated City

11月26日付けBuilding Design誌のMayor warned: London is being privatised読みながら、以前、槙先生がGated Town、ほかの建築家の方が閉じられた街という言い方をなさっていたのを思い出します。

防犯上、街というか住宅地が塀に囲まれ、入り口に警備員がいる街区、外国で見かけますが、開発途上国の高級住宅地、ないしは、先進国の高級住宅地、どちらにしろ、安全にお金のかけられる人が住む家だったり地域だったりです。

日本ではせいぜい警備の厳しいマンション程度、世田谷区で警備保障会社が事業者となって開発した大型マンションが安全性を売り物にしていたのを思い出します。

しかし、防犯にしろ、孤独死にしろ、どんなに監視カメラを設置しようと、隣近所による穏やかな気遣いに勝る安価で安心なものはないと言います。

そしてこの記事ですが、ロンドン市長のジョンソン氏の言葉「オープンスペースがどんどん塀に囲まれたり、警備員によるパトロールが強化されたり、好ましくない人や行動が締め出され、ロンドンがどんどん私有地化されていく危機に瀕している」で始まります。

このコンテクストでいうとオープンスペースは公園・広場というより公的領域に属するものより、公開空地だろうと思います。高層化複合開発を行った際の公園状空地が過度の警備対象になっているというこで、これは英国人にとっては公への侵害なのかもしれません。

このブログを始めた頃にやはり英国の地方都市での警備についてお知らせしたことがあります。リバプール再開発

あれから2年以上が経ち、経済的にも世界中が不安定になってくると、こういう話が多くなるのでしょうか?

記事は「議会の計画委員会は、開発業者が新しい公共領域の管理を手中にする傾向を覆すため、ジョンソン市長およびロンドン議会が厳しい措置をとる必要があると述べている」と続きます。

おそらく公開空地は私有地なので、事業者は事件を防ぎ、危険=人が近寄らない=レストランや路面店に人が入らない=より人気がすくなくなる=開発地の価値が下がるという流れを起さないためにさらにお金をかけるのでしょう。

これが良いのか悪いのか、良くわからないけど、外国人のあげる東京のよさの一つに治安があります。
昔に比べ大分荒々しくなったものの、でも平均的に終電まで不安を感じずに電車に乗れる。

少なくともミッドタウンの公開空地を警備する人の姿を見たことないのを喜ぶべきなんでしょうね。
[PR]

by fukimison | 2010-11-30 17:28 | つれづれ  

英、鉄道インフラに80億ポンド

本日のニュースはやはりこれでしょう。

cabeやEHを大胆に仕分けた英政府が鉄道インフラに80億ポンドというニュース。
まずは11月25日付けBBCはRailways to get £8bn investmentとして報じています。

なんでも2019年までに新車両2100両を導入し、輸送量を17%増強することで現状よりも185,000人増の乗客を輸送するそうです。しかし細かく見ていくと、全労働党政権が2014年までに1300両の導入としていたのに比べ、現政権は650両と後退というか財政難を示しています。テムズリンクですが、計画より2年遅れているものの、最大1200量の車両が予定されていますし、クロスレールは600両。
今後6年間にロンドン・ジドコット、オクスフォード・ニューベリー間の西部ルートの通勤列車を電気化するとあります。

11月25日付けRailNewsも£8bn rail investment goes aheadとしてこれを伝えています。
内容はBBCを同じなのですが、目を引くのは「鉄道担当大臣のHammond氏はテムズリンク用車両1200台とロンドン中心部のルートのインフラ改善に60億ポンドを認可」とあるあたりでしょう。

そのテムズリンクですが、「現在DfTはテムズリンク用車両建設を1つはシーメンス、もう一つボンバルディアが率いる2つのコンソーシアムによる入札を検討中であり、優先交渉権者(preferred bidder )の選定は来春に行われる予定だ」とあります。

しかし随分前にも2つのコンソーシアムで選定中という記事を読んだような気が。。。。いまだに決まっていないとは?

しかしながら今後の需要増や高速化に対応するための都市間高速プログラム(Intercity Express Programme:IEP)は以前として未定となっています。

これを読んでいて思うのは、英国はまだまだディーゼルがメインなんだなぁと。
[PR]

by fukimison | 2010-11-26 12:03  

英、気候変動で保険請求急増

銀杏や欅の紅葉が美しい季節になりました。
しかし、11月下旬で紅葉が美しいというのも変ですし、今年の夏の暑さを考えると、もっと鮮やかな紅葉であっても良いはずなのに、銀杏の紅葉の仕方も少し変。

こういうのも温暖化の影響なのだろうかと思っていたらこんなニュースが目に止りました。

11月24日付けDaily Finance紙はFlood claims 'triple over decade'というタイトルのもと「悪天候の増加により、過去10年間に洪水被害による保険請求が3倍になったと保険団体は報告している」と伝えています。

そして記事は「英国保険協会(ABI)によれば、洪水に襲われた住宅所有者または事業者への支払いは2000年以来計45億ポンドに達した。これは過去10年間の支払いが15億ポンドであったことから実質ベースで200%の増加である」と続いています。

さらに記事は「過去10年間の大型洪水被害は2005年にCarlisleを襲った洪水(2億7200万ポンド、2009年にCumbriaを襲ったもの(1億7400万ポンド)に加え、保険業界に30億ポンドの負担を強いた2007年夏の洪水が上げられる。環境庁によれば、イングランド全体で約520万戸が洪水の危険性があり、うち280万戸が地表水の洪水によるものだ」とあります。

「50万人弱が重大な洪水の危険にさらされており、ABIは洪水防御に対し適切な投資が行われない場合、2035年までにこの数字は84万に上昇するだろうと警告をはっしている」とあるあたりなかなかです。

そこでABIのサイトを見てみると11月24日付けでMassive rise in Britain's flood damage bill highlights the need for more help for flood vulnerable communities says the ABIというレポートがありました。

洪水被害の上昇の理由は洪水発生の増加や激化が上げられ、洪水の危険に曝されている資産の合計は2000億ポンドを超えるとあります。

凄いものだナァと思う反面、日本の保険業界は気候変動に対するリスクをどのように評価し、保険も大事だ蹴れど事前の防御を呼びかける運動はどのようにしているのか?気になります。

日本もゲリラ豪雨の文字が新聞を賑わすようになり、都市計画はいままで以上に広い要素を取り入れる必要がでてきているなぁと実感していおります。
[PR]

by fukimison | 2010-11-25 14:56 | 動向  

中東ニュースいろいろ2

以前も中東ニュースをいろいろと取り混ぜてお知らせしましたが、本日はこの2本をお送りします。
一つ目はAme InfoのMiddle East is very attractive to global construction industryで、Hyder Consultingの中東担当役員がUAEだけで4180億ドル相当の1300プロジェクトが存在し、不況から脱出しつつあることで、世界の建設市場は中東を有望市場として注視していると述べたと伝えています。

湾岸アラブ諸国の経済は来年度2-5%のGDPの伸びが予測され、特に不況下でGDPがマイナス成長になったUAEやクウェートが約4%の伸びが期待されることから、力強さを取り戻しているとあります。

やはりAme Infoの記事More than $23bn up for grabs in the UAE construction industry reveals The Big 5 2010 はUAE市場には240億ドル超の契約が存在すると伝えています。

うーん小心者の日本人は、強気すぎて恐ろしい気がします。

そして11月23日付けArabian Business はDubai Islamic Bank in sharia-compliant REIT joint ventureとして、23日にドバイイズラミック銀行が酷く痛めつけられた不動産部門の回復を目的とし、首長国で始めてのシャリーアに準拠した不動産投資トラストを始めたと伝えています。

エミレーツREITはドバイ投資銀行とフランスの不動産企業Eiffel Management のジョイントベンチャーで、オフィスビル、倉庫、学校、駐車場といったシャリーアに準拠した不動産の運営を目的とし、賃貸収入を配当として投資家に戻すとあります。

さらに「REITの年間利益の80%は配当として株主に分配される」とあるあたりがすごいですねぇ。

DIBは最初のうちこのREITは地元市場の資金で運営する予定であるが、将来は中東地域や世界中から資金が得られるよう拡大する計画だと述べたとありますから、そのうち日本の年金基金が資金運用を始めたりして。。。。
[PR]

by fukimison | 2010-11-24 12:45 | つれづれ  

上海・北京間の高速鉄道レール連結終了

このことろ高層ビル火事だビル崩壊だといろいろあり、遅れてのご報告です。

11月16日付けChina DailyはBeijing-Shanghai train takes four hoursとしてLiu Zhijun鉄道大臣が最後のボルトを締め、上海・北京間の高速鉄道路線の敷設が完了したと伝えています。

2008年4月t18日のプロジェクト開始以来、延べ135,000人の作業員が1,318km、総工費332億9000万ドルの路線敷設を行い、今後数ヶ月、作業員は鉄道の電力線、通信、シグナルシステムの敷設を行い、2011年の開業を目指し運営やテスト走行を行っていく予定です。

この路線完成の暁には現在10時間を要する上海・北京間の移動が4時間に短縮されます。約1300kmを24駅、4時間というのもすごいですが、北京から中国人口の4分の1が住み、GDPの40%を稼ぎ出すという天津、南京を経由して上海に至るという東沿岸ルートを結ぶというのもすごいです。

11月15日付け中国政府の公式ウェッブポータルをみるとBeijing-Shanghai high-speed railway to open a year ahead of schedule となっており、「北京・上海間の高速鉄道(予定では2012年開業予定)が完成し、2011年に営業の予定だ」として、1年前倒しで完成と高らかに報じています。

中国では約3,676kmの高速鉄道が運行しており、2,876kmの路線を高速対応にすべくアップグレードされています、さらに約10,000kmの高速鉄道新路線が敷設工事中だとあります。
2012年までに中国は13,000の高速鉄道網を含め総延長110,000kmの鉄道網を完成させる計画です。

2020年に鉄道の総延長は120,000kmに、高速鉄道は50,000kmに達しするだろうと鉄道副大臣のWang氏は述べたとあります。

こういうのを読むと、中国は大変な勢いで国土開発を行っていると思うのですが、一人っ子政策により日本以上に高齢化がすすむといわれている中国、今後の維持管理をどのように行っていくのか、そのあたりも気になります。
[PR]

by fukimison | 2010-11-22 12:24  

チャールズ皇太子の財団、cabeのデザインレビューを狙う?

以前も英連立政府が財政難から特定法人を仕分けし、予算をばっさりカットしたというニュースやEnglish Heritageとのデザインレビューを主に行うcabeの合併のウワサをお伝えしました。

それを受けて?チャールズ皇太子の財団がcabeのデザインレビュー役を担おうと考えているという談話が皇太子の財団のサイトにでています。

Statement by Hank Dittmar, Chief Executive, The Prince's Foundation for the Built Environment, on Design Reviewというのがその談話で、その中ほどに「皇太子の財団は建築家や他の設計家集団の支援と共に、地元自治体や開発業者にデザインレビューを提供することの実現可能性を調査している」とあります。いくらお金持ちの皇太子が主催する財団とはいえ「Such a service could be provided on a fee for service basis」とサービス内容による有料制としています。しかし面白いのが「当財団は、他とは異なり、伝統建築やアーバニズムを排除しない、バランスのとれたグループをリクルートする予定である。当財団の目的は通りや広場、公園によって繫がる歩きやすい、多目的なご近所を中心とする建築や設計を対象とし、財団により構成されたデザインレビューのパネルは、設計家の目的よりも人々の建物でありコミュニティーに、そしてコミュニティーが参加したデザインプロセスを支持するものとなろう」として、これは暗にいままでのcabeのやり方を批判しているように感じます。

11月1日付けのConstruction Manager誌ははっきりとタイトルをPrince’s Foundation eyes Cabe design review role として報じています。

こちらはスターリング賞受賞者のアルソップが「最悪」とコメントしたことや、一方cabeのデザインパネルに6年間在籍したロバート・アダムが「現行のプロセスは非民主的」でありレビュープロセスに他の建築様式が入ることを支持していると伝えています。

さて来年3月の終焉を控え、どのような結果になるのか、興味津々です。
[PR]

by fukimison | 2010-11-19 12:29 | 動向  

ラスベガス、フォスター設計のホテル、解体それとも?

いろいろな記事を見ていると、米国はどこへ向かっているのか不安になります。
知り合いの米国人、根っからの民主党員のはずなのに、この前の中間選挙、共和党に入れたというし。。。

まずインフラでも景観でもないのですが、11月18日にForeclosure documentation issuesがBoard of Governors of the Federal Reserve Systemから発表されており、その中ほどにRisk to Mortgage Market and Housingという段落があります。いままで何度も読んでいたはずですが、改めて見るとなかなかすごい数字が並んでいます。「競売に処せられた住宅不動産数は住宅価格がピークだった2006年の役100万から昨年の280万に急騰した。今年(2010年)の前半でさらに120万軒が競売にかかけられ、さらに240万軒が6月末で競売に向かうルートのどこかにあるといわれていた。これを総合すると今年だけで焼く225万軒の競売申請があり、また来年も同じような軒数の競売があり、さらに2012年にも約200万軒が控えていることになる。中略、現在約500万件の不動産ローンが90日かそれ以上遅れている、または差し押さえにあっている」
とあり、不況の風ひしひしです。

そこで米建築専門紙のENRを見ると11月17日付けでWill New Vegas Hotel Vanish Or Remain a Ghostly Symbol?という記事が眼を曳きました。

これはラスベガスのシティーセンターに建つHarmon Hotelが解体されるか、それとも高価な広告塔として残るのかというものです。

11月13日付Las Vegas Review Journal紙もCITYCENTER DEVELOPMENT: MGM Resorts targets Harmon Hotel for demolitionとして報じています。

記事は「MGM リゾートの担当者は85億ドルのシティセンター開発の一部であるノーマン・フォスター設計のHarmon Hote(l27階建て)を解体したいと考えている」とあります。

眼を引くところを抜き出していくと
MGM1ri リゾートインターナショナルはドバイワールドと50:50のジョイントベンチャーでシティセンターを運営している。

2008年検査官はHarmonホテルの構造工事が行政に提出された建設プランと一致しないことを発見、そのなかには不適切な鉄筋の配置が含まれていた。

この建物を監督するClark群の建築局担当者はHarmon(当初計画はホテルとコンドミニアムからなる47階建てタワービル)の更なる工事を認めていない。

2009年1月、MGMリゾートは上層階に予定されていたコンドミニアム200室の計画を断念し、27階までのHarmonホテル400室での開業を目指した。

現在MGMリゾートとゼネコンのPerini Guilding社は建設工事の欠陥などで争っております。MGM側は「不適切な建設工事」が満百万ドルもの損害を与えたと主張し、Perini側は工事未払い金4億9000万ドルを求めて訴えているそうです。

どうしようもないから解体してということらしいですけど、フォスター氏は設計料払ってもらっているのでしょうか?
[PR]

by fukimison | 2010-11-18 12:33 | プロジェクト  

インドネシア、有料道路延伸計画

昨日は上海の高層ビル火災、本日はインドのニューデリーで5階建てビルが崩落しCNNによれば65名の死者がでているそうです。こういう言い方をすると不謹慎なのですが、この事件についてネットサーチをしていたらやはりインドで5階建てのビルが崩落したシーンを撮影したビデオというのに出会い、インドの建築基準、維持管理はいったいどうなっているのかと疑問に思う次第です。

しかし本日はインドでなくインドネシアの有料道路の記事をご紹介しましょう。11月16日付けWorld HighwaysのIndonesia's toll road expansion continuesによれば、「インドネシアの国営有料道路帰京Jasa Marage社は新規にインドネシア全土に7つの有料道路建設(総工費28億ドル)を計画している」そうです。同社は2011年に着工の予定と発表しており、気になる資金は自己資金30%、銀行融資70%で賄うとあります。

つい最近も爆発していましたが、インドネシアは火山、しかも活火山で有名であり、その数76で世界1です。(ワタクシはインドネシアへの原子力発電所建設は反対です)資料によれば13000の島に1億8200万の人口、噴火の記録のある火山が1171、そういった状況での有料道路建設、ご苦労様です。

9月21日付けのJakarta PostはJasa Marga expects to raise Rp 1.5 trillion from bond sales として、Jasa Marga社が自己の負債と有料道路延伸を目的とした資金調達のため、10月に一連の1億6650万ドルの債権発行を計画していると報じています。
10年の利付債券(利回り年8.75から9.95%)と3年のゼロクーポン(年8.5から9.7%)の2本立てだとあります。日本人にとっては驚異的な利回りで、インドネシアルピーのレートが0.009256円であることを考えると、ダメもとで買っても良いかと思ってしまいます。

10月7日付けのBusinessTimesも
Indonesia's Jasa Marga to ride on infrastructure needsとして「インドネシア最大の有料道路企業は2011年に15%の収益増を見込んでおり、新規道路区間に3兆ルピーを投じる計画だ」と伝えています。

現在開発中の有料道路7区間ですが、総延長は19kmで21兆ルピーが投じられ、2014年の完成を目指しているそうです。
[PR]

by fukimison | 2010-11-17 12:34  

中国、上海の高層ビル火事

もう日本のメディアでも紹介されていますが、上海で28階建てビルが火事になり多数の死傷者がでています。11月16日の新華社伝最新版はDeath toll of Shanghai fire climbs to 49 として死者が49人に至ったと伝えています。

そのもうひとつ前のニュースはAt least 42 dead after downtown Shanghai apartment block blaze であることから、8時間ぐらいの間に7人の死者が確認されたことになります。

こちらの記事を見ると、「午後2時15分頃、上海のJing'an地区にある28階階建ての高層アパート(現在改装中)から出火した。火は午後6時半ごろほぼ鎮火した。アパートの上半分は消火機具が届かず、消火を困難にした。近隣のビル屋上に消火ホースを設置したことで鎮火にこぎつけることができた。負傷者数はまだわからないが、近隣の病院に搬送された人は100人を超える。出火原因はまだ不明だが、目撃者によると足場を火が燃え広がる前に工事資材が燃えているのを見た。90年代に建設され、住民の多くが退職した教師」とあります。

11月15日付け英Guardian紙はShanghai fire leaves at least 42 deadとして報じています。。

こちらも鎮火まで5時間かかったこと、消防車が100台超出動したことなどを伝えています。多くの人が屋上に逃げ、消防がヘリコプターを出動させ救助にあたった。1名がロープで吊り上げられ救助されたが、煙が濃くなりヘリコプターによる救助を妨げた。他の人々が救助されたかどうか不明。

BBCのShanghai tower block fire kills at least 42はムービーです。

guardianの記事にある出火状況がわかるスライドショーといい、BBCのムービーといい、なかなかな迫力で高層アパートには絶対すまないぞと思わせると同時に、ネットと進化とはこういうものなのかと変なところで関心してしまいます。

しかし、日本の高層ビル、高層マンションそして是に対応する消防の設備はどうなんでしょうね。
[PR]

by fukimison | 2010-11-16 11:20 | 事故  

英、バターシー発電所再開発に許可

手続きにおける日本と欧米の最大の違いは確認と許可でしょう。
日本は数値があっていると確認がとれれば開発(建築)の確認がおりますが、欧米では許可。つまり責任を取る人が確実に存在する。しかも大抵は議会が許可をおろす。つまり住民が選んだ議員が審議して可否を決める。住民が反対した物件に許可が下りても、それを下ろした議員は住民が選んだという構図になっている。

そこで本日は賛否両論で計画が何度も変わったバターシ発電所の再開発計画に許可が下りたという記事の紹介です。

まず11月12日のBloomberg/Business Weekから。
London’s Battersea Owners Win Redevelopment Approvalは27年前に閉鎖されたバターシー発電所の再開発計画がWandsworth区議会から承認を得たと伝えています。事業者のReal Estate Opportunities社(REO)は55億ポンド(89億ドル)をかけ、アパート(3400戸)、店舗(330,000平方M)、オフィスの複合開発を行う予定です。

The Construction Indexも同じように11月12日に£5.5bn Battersea Power Station Redevelopment wins planning approvalと伝えています。

アイルランドの開発業者Barrett氏とRonan氏の REO社はバターシー発電所を2006年に4億ポンドで購入したものの、当初案は廃案となっていました。修正案ですが、オフィスと店舗スペースが縮小され、発電所の2つあるタービンホールがイベント施設になり、そこにはロンドン最大のダンスホールが建設される予定ですし、さらにaffordable homes(手頃な価格の住宅)が500戸建設されるとあります。

このプロジェクトは10年以上をかけて完成に向かうものであり、バターシー発電所計画はテムズ川の南岸のChelseaとVauxhhall橋のNine Elms地区をカバーするより大掛かりな再開発計画の一部です。

このバターシーの再開発案はあのヴィニオリが設計しており、当初案はガラスのドームがあったりしてなかなか過激な案でした。

そういう事情があるものだからBuilding Design誌は11月12日にCouncil approves Viñoly's Battersea Power Station plansとして伝えていますし、さらに面白いことにBattersea developer launches competition to design first phase of Viñoly's masterplan国際デザインコンペにより、建築家はバターシー発電所再開発計画で最初の主要部分の設計を行うチャンスが得られると伝えています。

つまりヴィニオリのマスタープラン、これに加えコンテストを勝ち抜いた建築家が行う開発計画です。

建築計画に資金計画、いままで紆余曲折あったバターシー再開発です。
最後まで目が離せません。
[PR]

by fukimison | 2010-11-15 12:15 | プロジェクト