<   2011年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧

 

英、不確実性に脅かされる環境投資

福島原発事故以来、風力・太陽光など環境に配慮した発電と原発との比較が行われていることから、本日はConfederation of British Industry'sという英国の産業界ロビーグループが発表した報告書LOW-CARBON INVESTMENT THREATENED BY UNCERTAINTYのご紹介にしました。

この報告書のニュースリリース文は「英国は低炭素インフラ建設に必要なレベルの投資を取り込むのに失敗していると当団体(CBI)は警告を発した。今後10年間に3分の1のエネルギー供給が閉鎖され、また英国の野心的な排出量削減目標に合致するには、英国の電力分野だけで今後20年間に民間セクターから11500億ポンドの投資が必要になる。しかしRisky Business: Investing in the UK’s low-carbon infrastructure,と題されたCBIの調査報告書は、必要とする規模やペースでの低炭素インフラ投資を取り込めると指導的立場にあるビジネスリーダー達は納得してはいない」で始まります。

CBIの政策担当部長は「業界は新しい低炭素インフラ建設をうまく進めて生きたいと思っているが、相変わらず多くの政治的不確定要素がある。政府が明確な道筋を定め、それを遂行することを望む。特に、プランニングシステムが時宜を得た決定を行い、Carbon Reduction Commitment(炭素削減義務・英国内のビジネス・公共セクターの企業・団体を対象とした、義務的排出量取引制度)であったような突然の変更が行われないことが重要だ。The Green Investment Bankは年金基金と資本集約的技術の間に確実な橋を用意するため、早急に債券を発行する必要がある」と述べた。

CBIは下記を提唱している。
1、長期にわたる低炭素政策の開発と実施
2、電力市場の改革を通じた確実な投資に向けたシグナルの発信
3、成長を促進する計画制度の実施
4、投資家にとり利用可能な省エネ向けGreen Deal の作成
5、早急にGreen Investment Bank に政府保証債発行を認めること

またこの報告書を報じている4月26日付けEnvidoによれば、この報告書はエネルギー、金融、製造および不動産セクターにおいて指導的立場にある24人へのインタビューを元にしているそうです。

簡単に言えば、方針を決めたらそれを遂行するのが重要、基本路線がぶれないことを求めるということでしょうか?でも、5-7年に1度の見直し条項は入れておいても良いんじゃないでしょうか?

本文はこちら
Risky Business: Investing in the UK's low-carbon infrastructure
[PR]

by fukimison | 2011-04-28 13:01  

チェルノブイリ25周年

1986年4月26日、チェルノブイリ原発事故が起き、これから25年目となる昨日、記念式典(というのだろうか)行われました。福島のこともあり、また、石棺と呼ばれている原子炉を覆うコンクリートの劣化問題や今後の原発行政に対し、推進・反対、両派のせめぎあう日となりました。

まずAFPをソースにしたYahoo NewsはRussia, Ukraine leaders mourn Chernobyl nightmareとして「ロシア、ウクライナのリーダーは史上最悪の原発事故から25年を記念し、チェルノブイリを訪れた。この地を始めて訪れたメドベージェフ大統領は、福島、チェルノブイリの惨事を繰り返さないために新しい世界的な原子力安全会議の設置を呼びかけた」とあります。

25年前は旧ソ連時代ということもあり、情報が出てこなかった。そこでざっくりおさらいです。
1986年4月26日午前1時23分、チェルノブイリ原子力発電所の作業員が4号原子炉の試験を行っていた際に作業ミスを起し、これにより数回の爆発が引き起こされた。これにより高濃度の放射性物質がベラルーシ、ロシア、遠くは西欧まで撒き散らされることになった。爆発で作業員2名が死亡、このほか救助隊員や作業員28名がその後、数ヶ月内に死亡、何万もの人が避難を余儀なくされた。

また1976年、87年に旧ソビエト政府は50万人超の作業員を原発処理、地域の除染作業に送り込んだ。この作業員も被曝し、何千人もが死亡したと元作業員は述べています。

IAEAのサイト、Chernobyl 25years 25storiesでは、この数字大分かわります。

緊急対応をした作業員約50名が直後に死亡、IAEAとWHOで構成されたChernobyl Forumが2005年に行った調査では今後4000名が被曝により死亡、放射能による避難者は35万人だそうです。この中にある、空撮映像を見ると爆発の凄さがわかりますし、マスクもせず、シャツ姿で瓦礫を片付ける作業員を見ると、放射線病でなくなった方の数の不確かさを感じます。またウクライナと同様、大きな被害を受けたベラルーシは、いまだに放射線falloutの事故処理に年間予算の17%を支出しているそうです。

25年が過ぎ、石棺が劣化し、ねずみが出いるするぐらい大きなひび割れが出来ているという話もあり、新しいシェルターの建設が計画されています。

これについて4月19日のbloombergがチェルノブイリ:新たな石棺費用は2000億円、さらに100年間封印へ として報道していますし、このほか、廃炉となった1-3号基の使用済み核燃料の処分費用など、必要な資金はいくらあってもたりそうもありません。

人々の生活、人生を大きく変え、その上これではなんとも、なんともです。
[PR]

by fukimison | 2011-04-27 10:51 | つれづれ  

ソース・ロンドン

本日は交通のカテゴリーに入れたものの、道路ではなく、自動車です。

タイトルのSource Londonについてはこちら、4月20日付けGreen wise記事Mayor of London set to launch electric vehicle schemeから要約。

「ソースロンドン計画は2013年までにロンドン市内に約1300ヶ所の電気自動車用充電ステーションを建設しようというもので、ジョンソン市長のロンドンを欧州のEV(電気自動車)のメッカにしようという試みの一環」だそうです。

この記事によれば、「日産自動車、この計画の支援企業、はジョンソン市長に日産リーフのキーを渡した。ロンドン交通局(TfL)は1ヵ月ほどの試験期間に5人乗り、ゼロエミッションのリーフを試乗する予定」で、ルノー日産のサイトもWhy London and Nissan LEAF are a great matchとして大きく扱われています。

このリリース文によれば「リーフは今年のEuropean Car of the Yearに選ばれ、TfLの職員が信号やカメラの維持管理を行う際に利用される。ロンドンの大気向上にも寄与」であり、また「この計画は少なくとも1300ヶ所の充電施設設置を2013年末までにおこなうものであり、当社の調査によれば、80%の英国人の1日の運転距離は30マイル以下であることから、リーフが最適である」とあります。

大気汚染、温暖化問題、新しい産業、コンパクトシティーとコンパクトカーのようです。
[PR]

by fukimison | 2011-04-26 12:09  

英国製仮設住宅

仮設住宅の建設をめぐりいろいろな意見がでています。

2-5年で取り壊す仮設より、本設をすべきだ。
いや、今後の防災方針を踏まえた都市計画を設定し、それにあった建設をすべきだ、
待っていられない、一刻も早く、プライバシーのある生活がしたい。

どの意見ももっともだと思いますが、しかし、一番の当事者の被災者にほっと一息ついてもらい、いろいろな情報、考え方を知ってもらい、その中から、その近隣や地域で合意できるものへと進むのが理想、しかし理想は理想でしかないのよね。

個人的には、米FEMAがしている大量のモービルハウス(キャンピングカー)を用意し、そこへ移ってもらい方法、これだと台所、トイレ、風呂、といった最低必要な設備と家族単位の空間が手に入る、上下水道のライン近くに設置し、東北での役目が終わったら倉庫へ、また風水害がでたら、そこへ移動させる、仮設よりもエコでしょう?

そんな中見付けたのが4月21日付けBuilding誌の記事、Japan calls on UK firms for emergency prefab homesで「日本政府は地震・津波で住宅を失った人々用の仮設住宅72000軒建設計画の不足を埋めるため、英企業に助けを求めた」で始まります。

「日本の請負業者の能力は60,000軒程度、その差を埋めるため、国交省は国際入札を行う」のだそうです。

「MLITのえざき・たかゆき氏は本誌にスピードが重要」と語ったとあります。(個人名がでている!)

日本企業とのパートナーシップ、2年間の維持管理能力が必要、とあります。

提出締め切りは来週、6週間後に結果はわかるのだそうです。
[PR]

by fukimison | 2011-04-22 11:19 | つれづれ  

サクラダ・ファミリアで放火事件

本日の建築系ニュースはこれでしょう。

Blaze destroys original feature of Gaudi's Sagrada Familia

これは英建築専門紙BD onlineのものですが、なかなか見出しショッキングです。

「昨日(4月19日)、聖堂の一部を破壊した放火事件により、多数の観光客がバルセロナにあるガウディのサクラダ・ファミリア聖堂から避難を余儀なくされた」で記事は始まります。

「地元の男性が引火性液体を利用し、聖具室に保管されていたローブに火をつけた」と地元記者は報道とあることから放火事件ですね。

気になる被害ですが「炎は聖具室を燃やし、煙により遺体安置ところ、1926年にガウディがなくなる前に完成していたオリジナルの建物の1部に被害がでた」とのこと。

現在も工事が続くサクラダ・ファミリアですが、ガウディによる建築部分に被害というのがちょっとね。

他の報道を見ると4月19日付けGuardianはGaudí's Sagrada Familia basilica in Barcelona evacuated as arsonist strikesとして報道しています。

こちらの方は「地元の男が聖具室に入り、そこに保管してあった聖職者のローブに引火性液体をスプレーし、火災を発生させたと伝えられている」です。

聖具室に保管してあったローブはすべてダメになり、犯人は直ぐに取り押さえられた、また放火犯は精神衛生上の問題を抱えていたそうです。

「1500人の観光客が避難し、うち4人が煙を吸って治療を受けた」ということで、人的被害は死傷者がでなくてよかったといったところでしょうか。
[PR]

by fukimison | 2011-04-21 11:37 | つれづれ  

ドバイ、ロンドン不動産に触手

久しぶりにドバイの不動産ものです。

2011年4月19日付けZawyaはNew London Property Investment Opportunity Launches In Dubaiとして、弱いポンド、賃貸不動産物件への強い需要がエンジンとなってUAEの個人投資層は、改めてロンドンの物件を物色していると伝えています。

ドバイは金融不況から回復したのでしょうか?
しかし、ブルジュ・ハリファの居住部分は空室が目立ち、投資目的で買った人たちは価格の下落、維持管理費の高さにねをあげているという記事を読んだ記憶があります。

ドバイではなく、ロンドンだから良いのでしょうか?それにしても資金が続きますね。

そこでドバイベースの不動産事業者は西ロンドンの物件、スタジオタイプで284,950ポンドからというのを賃貸利回り年に4-6%、しかもキャピタルゲイン付きで売り出しているとあります。
ドバイの人だったら旧宗主国ということで、ロンドンは身近に感じられ、そこに投資物件を購入するのは真理的バリアーはないのかもしれない。

しかし2022年にワールドカップサッカーを招致するカタールで、これを目掛けたホテル建設に投資するほうがまだ普通のような気が。。。。

やはりZawyaがQatari Developers Require Specialised Services to Protect Investments of Building Tallとしてこの動きを伝えています。

今後10年間に、住宅用、商業用、ホテル、複合利用など合わせて、20階建て以上のタワーが約800棟が計画されているとあります。

オリンピックやワールドカップサッカーでインフラ整備というのは「お約束」ですけど、その後の建設不況、維持管理問題浮上というのも「お約束」的な今日この頃、

ぜひ、失敗に学ぶカタールでね。
[PR]

by fukimison | 2011-04-20 12:21 | 不動産  

イタリア、最後の原発を太陽光発電へ

AF(After Fukushima)から、原発・環境関係の記事に目が行き勝ちです。
もっと、明るい話題、例えば、ロンドンオリンピック用のケーブルカー記事、インドネシアの高速道路、インドのインフラ整備、また気になるアイルランドの国債格下げなどなど、あるのですが、つい、ついです。

しかし、4月18日付けNYTRadiation Poses Barrier To Repair Work at Plantにも少し紹介されていますが、「回答者の69%が菅首相の交代、70%が原発問題の対処方法に批判」は、解るのだけども、じゃあ、あのまま自民党政権で、麻生首相でよかったのか?谷垣氏なら原発危機は起きなかったのか?といわれると、どうなんでしょうね。

政権に求めるのは「正しい情報の迅速な提供」であり、それを元にした解釈は各自でとなりがちですが、政府はパニックが起きたらと、そのことに囚われてどうにもできない、というのがウラと想像。

それより、本日のご紹介記事ですが、4月18日付けBloombergはItaly’s Last Reactor Town Goes Solar in Fight Against Nuclearとして、この件を伝えています。

まず、イタリアの原発事情ですが「国民投票の結果、1988年末をもって原発は中止」「慢性的な電力不足を抱えながら、フランス・スイスなどからの送電で賄ってきた」(原発なき先進国イタリアの悩み

そこでBloombergの記事、「イタリアでは20年ほど前の禁止令発令以前に建設され、最後の原発がある町、それがMontalto di Castroという中部州にある都市だ。いま、この街が原発再開に反対し、欧州最大の太陽光発電に未来をかけている」に繫がります。

イタリアはG8諸国の中で、唯一原子力発電所がない、しかし2008年、原発再開に向けた法案が可決され、新規の原子炉建設を2020年までに行う計画であった。それが日本の福島第1原発事故が起きるまでの状況であり、今回の事故を受け、イタリア政府は1年間の凍結を打ち出した。

原子力発電再開へ向けた是非が高まる中、モンタルトの市長は反対運動を組織し、原発の建設は農業と観光に打撃を与えるとして、新原発建設反対の国民投票を応援している。

「放射能漏れの恐怖から人々が土地をすてるのではという懸念があるし、どんな賠償も埋め合わせにならない」

欧州の太陽光発電開発事業者のSunRay Renewable Energyは、既に同地で発電所の運営を行っており、45mWの太陽光発電所は欧州で最大規模であり15,000世帯に充分な配電を行っている

ソーラーパネルの価格は2010年の約1.80ドルから2011年後半にはおそらく1.50ドルに下がるだろうといわれている。

電気料金をみるとイタリアのそれは高いです。
記事によると、ブラッセルの調査会社は「1キロワット時あたりフランスは13セント、英国は14セントなのにくらべイタリアの世帯は21セントを支払っているし、工業用でみてもフランスの7セント、英国の11セントに比してイタリアは13セント」と報じている、とあります。

イタリアにおいて電力料金の高さは、どの程度のdisadvantageになっているのだろうか?
それほど競争力が低いとも思えないのですが。。。。
[PR]

by fukimison | 2011-04-19 12:22  

BP、原油流出事故から1年

メキシコ湾でBPのリグが爆発し、原油流出事故がおきたのが2010年4月20日、そろそろ1年ということで、あちらこちらで特集記事が組まれています。

結局、流出が止るまでに87日間かかり、流出した原油は490万バレルに及んだという大事故になりました。
BP社は原油の漂着を防ぐため、有毒な分解剤を190万ガロンも撒いて、原油を沈めたという話です。

そして4月16日付けAljazeeraはBP anniversary: Toxicity, suffering and death という記事で、「今月初旬、Deepwater Hrizon社の社主であるTransocean社は"best year in safety performance in our company’s history"としてCEOのNewman氏にボーナスとして374,062ドルを支給したと伝えています。

これはなんかのジョークだろうか?

これに先立つ2011年1月の記事Probe blames firms for US oil spill に、「ホワイトハウスの事故調査委員会は「Deepwater Horizonオイルリグの爆発は、この油井に係るBP、ハリバートン、トランスオーシャンおよび政府機関の過失によるとした報告書を発表」とあります。

それでも30万ドルのボーナスかぁ。いいなぁ。

委員会は業界がこのような操業方針を変えない場合は、同様の事故が再発するだろうと記しているとあります。

どの国も一緒、人は失敗から学ばないのだろうか?
[PR]

by fukimison | 2011-04-18 14:38  

香港、Kai Tak Cruise Terminal

ぼーっつとしているうちに、時間ばかり過ぎていきます。
春は花見、すこしはゆっくりしないとね。

そこで本日は香港のKai Tak Cruise Terminalのご紹介です。

まずアウトラインから

4月12日付けKHLはConstruction starts at new Kai Tak Cruise Terminal in Hong Kongとして、設計に携わるFoster + Partnersや香港政庁の人々が出席し、カイタック・クルーズターミナルの起工式が行われたことを伝えています。

このターミナル建設プロジェクトの概要ですが、以前、カイタック空港があった場所を利用し、76000m2の広さを誇るクルーズターミナルをデザイン&ビルド契約で建設しようというものです。
建築家によれば、「世界でも有数のクルーズターミナルであり、市内への新しい持続可能なゲートウェイであり、住民にとり最大の遊び場」だそうです。

言葉で説明するよりパースでしょう。
foster + partners: kai tak cruise terminal

うーん、すごい。

長方形のターミナルは3層で構成、最も高いところで40m、建物内部に光を取り込むように設計。

持続可能な設計は数々の省エネ技術を組み込み、雨水を冷却に再利用するとほか、再生可能エネルギー源で発電も行う計画です。

Toutism Commissionのサイトによれば、2013年の中頃完成だそうです。
[PR]

by fukimison | 2011-04-15 14:02 | プロジェクト  

グーグル、ドイツの太陽光発電に500万ドル投資

本日の紹介記事はタイトルだけで内容がわかってしまうもので、いまさら細かいことを付け加えてもなのですが、とりあえず。

しかし2011年というより、これからはBefore Fukushima, After FukushimaということでBF,AFという言葉が出てきてもおかしくない。これによって人々の気分、思考、物の選び、生活習慣は大分変わっていくのでは?

4月7日付けTech CrunchはGoogle invests $5 million in German solar power plantとしてこのニュースを伝えています。

グーグルは欧州でクリーンエネルギー投資としてベルリン近郊の太陽光発電プラントに350万ユーロ(500万ドル)を投資すると発表した。

グーグルによる直接投資ではなく、ドイツの非公開企業Capital Stageを介してのものとなり、同社によればドイツ当局による正式承認が必要な状態だとのことです。

この太陽光発電プラントですが、面積は47ヘクタールで最大発電量は18.65MWpで5000世帯超に配電が可能だという規模のもの。

Capital Stage社のプレスリリースはこちら

グーグル社のリリースはこちら

これによるとグーグルは今までに1億ドルの投資をクリーンエネルギーに行ってきた。

ノースダコタの風力発電施設2カ所に3880ドルの投資を行い、これにより55,000世帯を賄うのに充分な169.5MWの電力が得られている。
ということです。

企業イメージの向上、いろいろあるでしょうけど、損はしないはずなので投資に見合うリターン、あるんでしょうねぇ。
[PR]

by fukimison | 2011-04-11 11:01