<   2011年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧

 

米、史上最大のダム撤去プロジェクト

本日は久しぶりにコアなプロジェクトの紹介です。

5月29日付け米建築専門紙ENRはElwha Dam Removal Project, Largest in US, Starts June 1 as Generators Shut Downとしてダム撤去プロジェクトの開始を伝えています。

Elwhaダム撤去プロジェクトはワシントン州・オリンピック国立公園内を流れるElwah川にかかるダム2つを撤去するもので、記事は「河川の完全修復および鮭の遡上の回復など魚類の生息を議会が求めてから20年近く経ち、きたる6月1日、連邦職員は1913年から稼動している発電施設の火を止め、米史上最大のダム撤去プロジェクトが始動する予定だ」と伝えています。

1913年に稼動を始めたElwhaダム(32m)、その14年後に13km上流に建設され稼動を始めたGlines渓谷ダム(64m)は地元の製紙工場やシアトル市の西130kmにあるPort Angelesの1700世帯に配電を行ってきていたのが撤去されます。地元経済に与える影響を考えると、実現に約20年かかるのは仕方がないという印象を持ちますが、逆にこの20年間の技術的進歩があったから可能になったのではとも感じます。

「今秋から請負業者は3億2470万ドル、工期3年の予定で撤去作業を始め、完成に暁にはElwha川はオリンピック山脈からJuan de Fuca海峡に至るまで、72kmにわたり魚が自由に泳ぎまわれる川となる」のだそうです。

5月29日付けシアトル・タイムズ紙のA-listers invited to Elwha River dam removalは「9月17日に予定されている撤去開始イベントに向け、有名スターによるコンサートを公園管理局は企画している」と伝えています。

ダム撤去と川の再生により3000にまで減った鮭が30万に回復するだろう、河川に居住するネイティブインディアンLower Elwha Klallam族の文化復興を目指すとあります。これは大変けっこうなことですが、洪水防止や製紙工場・地元住民への配電はどのように折り合いをつけていったのかが気になります。

公園局サイト内のFAQによればElwha川再生プロジェクト費用3億4140万ドルに含まれるのは2つのダム水力発電施設の購入費、水処理施設2カ所の建設費、洪水防御施設建設費、魚類孵化・植生再生といった総合コストだそうですし、この2つのダムの発電量はあまり大きくなく、地元製紙工場(なぜか日本製紙)も現在自家発電施設建設中とあります。おそらく地元住民も基幹送電網からの配電を受けられるのでしょう。

総合的に考えて、撤去費用をかけても自然を再生するほうが新たな雇用も生み、長期的に見るとベターという判断なのでしょう。しかしえらいものです。

参考:公園局にある公式Elwha川再生プロジェクト サイト
[PR]

by fukimison | 2011-05-31 11:07 | プロジェクト  

英、送電線の鉄塔コンテスト

先日から気になっていた記事です。
基本インフラといえば電力、しかし原発事故以降、つい風力、太陽光といった発電施設建設やどの程度エネルギー変換が行えるかといったことに目が向き勝ちです。

インフラと景観を考えた時、景観に合う橋梁、道路というのは議論がありますが、景観を乱すものとして誰もが認める鉄塔と送電線はかえって、どうしようもないものとして見ないことにする、または余りに昔からあるので見ても意識に上らないし、議論もされてきませんでした。

しかし、これを何とかしようという努力が英国ではじまりました。

5月23日付けテレグラフ紙はElectricity pylons to get makeoverとして「1920年代から殆ど変わらない高圧線用鉄塔がデザインコンテストにより大変身しようとしている」と伝えています。

行政や関係業界によれば、電力需要の増加に対応するため今後10年で20近くの新しい発電所が生まれ、これらを基幹送電網と接続する必要がある。そこでRIBA(王立建築家協会)がエネルギー省、Climate Change、およびNational Grid社(全国高圧送電網)の意を受け建築家、デザイナー、エンジニアに向けた、新しい鉄塔の設計コンテストを実施することとなったということです。

高圧送電網の担当者が「将来のプロジェクトで優勝デザインの利用を真剣に考慮するだろう」と述べていますし、現在イングランドとウェールズのNational Grid社の基幹送電網にある22,000本を含め、英国全体で88,000本の鉄塔があることから、場合によっては英国の田園風景を変えるものになるかもしれません。

現在のデザインは1927年にSir Reginald Blomfieldが設計したものが原型であり、高さ50mのスチールが格子状になった鉄塔はほとんど変わっていないとあります。

この記事は5月23日付けYahoo NewsにもBritish electricity pylons to get a makeoverとして報じられています。エネルギー省は英国の電力の4分の1は古い原発や石炭火力発電所によるもので、温暖化防止の観点から2020年までに閉鎖の予定であり、これに変わる風力・潮力発電所は遠く離れた場所にあると説明しています。つまり送電網の大きな見直しが必要であり、これに合わせて少しは見場のよい鉄塔にということのようです。

記事によれば、最も脆弱な環境にある場所では、環境に与える影響を最小限にするため送電線は地下化されるものの、新しい架線鉄塔も必須だとのこと。

強風、落雷に加え、ケーブルの重さや張力に耐え、なおかつ美しい鉄塔、ハードルは高そうです。

コンテストは7月12日に締め切られ、ショートリストに上がった人たちは最終設計を行う前にNational Grid社と作業を行う機会が与えられると同時に市民に公開され、9月提出、優勝者の発表は10月が予定されています。そして気になる賞金は1万ポンドだそうです。
[PR]

by fukimison | 2011-05-26 11:52 | 景観  

グーグル、米風力発電に5500万ドル

世界中で新エネルギーへの投資意欲が高まっています。
デンマークがヴェスタスを頂点とする風力発電産業で国民の4人に1人の雇用を確保しているように、日本も減災都市・建築・資材や持続可能系技術立国は大いに目指すべきでは。

今までもグーグルの太陽光発電投資の記事などお伝えしていますが、本日は風力発電です。

5月24日付Forbesの記事Google Invests $55 Million In California Wind Farmによれば、「グーグルはCitiと共同で、南カリフォルニアのTehachapi地域にTerra-Gen Powerが建設中のAlta Wind Energy Center(最終出力1,550mW)の第4期建設(102mW)へ5500万ドルを投じる」というものです。

当然売れるから建設(投資)されるわけで、南カリフォルニアエジソン社との購入契約がなされているし、このプロジェクト自体もすでに720mWを発電しているとありますから、事業としても成立なのですね。

いままでもグーグルは4億ドル超をグリーンエネルギープロジェクトに投資してきましたが、今回の投資はちょっと違って、「発電事業者と発電した電力を買うという契約を結んできたのが今回は、Citiと共にAlta IVプロジェクトを購入、レバレッジリース契約を結び、Terra-Gen Powerにリースバック」するのだそうです。

カリフォルニア州は2020年までに電力の3分の1を再生可能電力源で賄うという州独自の負託があり、グーグルの投資はこれの一助となることを目的としているとあり、損することをするわけもなく、またイメージ戦略の一環だと解っていても、グーグルなんだかえらいのね。

Google to buy 100.8 megawatts of Oklahoma wind energyという4月22日付け記事もあるように、太陽光発電プロジェクトに1億6800万ドル、世界最大の風力発電プロジェクトに1億ドルを投資し、グリーン投資はグーグル内で大きな割合を占めているようです。

このあたりに孫さんも影響されているのかしらん?
それはともかく、上手く行って欲しいナァ。
作り手よし、利用者よし、世間よしの正しいインフラが増え手欲しい。
[PR]

by fukimison | 2011-05-25 12:19  

中国、三峡ダムの監査報告 

AFから太陽光、風力と持続可能系発電が注目されています。しかし、景観や動植物など生態系に与える影響、移住を余儀なくされる人々の生活再建など補償の大きさから批判のある水力発電が伸びているというレポートも出ています。そうしたなか本日は5月23日づけWSJの記事China Dam to Address Finances を選んでみました。

「5月22日、中国三峡社は監査局による監査の結果、会計、財務、管理、投資、入札および企業経営に関連する31の金融問題が見つかったと発表したと国営の新華社は伝えている」

「世界最大の水力発電所の財政問題発覚は、三峡ダムが緊急の社会および環境問題を作り出したことを認める中国国務院の驚くべき発表の数日後であった」

「国務院の発表は中央および東部という広範域を襲う厳しい干ばつによるものだ。この干ばつは三峡ダム貯水池から大量の水の放流を引き起こし、さらに急激な水位の低下は地滑りや地震さえも引き起こすのではと懸念されている」

「2007年政府監査はダムの請負業者は約7700万ドルも過剰請求を行い、地元自治体の機関はダム建設で移住させられる人々の生活再建に使われるべき資金3億元を他の目的に流用したことを見つけ出している」

5月22日付けYahoo News、China plans financial overhaul at Three Gorges Damでは「内閣は230億ドルのダムは汚染や自然災害からの被害を軽減し、移住した140万人の生活向上のための施策が必要であることを認めている」と伝えています。

1994年から2006年まで12年がかりで建設され、発電量は年間850億kWという巨大ダム。計画時から環境問題に加え、地震が起きたらその被害は甚大といわれていました。いまだに全容はわかっていませんが、中国はダム決壊の過去がありますからね。
用心に越したことはありません。
[PR]

by fukimison | 2011-05-24 11:09 | 動向  

コンクリートキャンバス、欧州遺産、などなど

本日は気になる記事を少しづつお知らせします。

まず5月18日付けBBCのThe tent that turns into concrete in less than 24 hours

この動画おもしろいです。

記事は「過去12ヵ月間に日本とNZの地震、北米の竜巻など大きな自然災害に見舞われた。災害救助における最新のアイディアは布製のシェルターで、それは水をスプレーすると24時間でコンクリートになるものだ」ではじまります。

詳しい情報はThe gadgets for disaster zonesにあり、このファイルには災害時に役立ついろいろな「道具」が記されています。このコンクリートキャンバスは2人の英国人技術者が開発したもので、「テントとは異なり、カギがかけられ、不燃性であり、日光が避けられ、十数年の耐久性があることで、避難民にとり安全な生活の場を提供する」のだそうです。

難点は価格、少なくとも1万ポンド(1万6000ドル)

開発者によれば、高いから注文がでない、大量生産になれば価格は下がる、いわゆる「鶏と卵」状態だそうです。しかしgadgets for disaster zonesにのっている太陽光発電の冷蔵庫、(ワクチンの保管用)、小型浄水器などなど、災害地でのお役立ちものはいいなぁ。

そして次ぎはこれ、European Heritage、欧州遺産の設立についての記事です。
European Heritage Label

世界遺産、自然遺産、産業遺産とはべつに、欧州遺産は多様性の理解や異文化間との対話強化と同時に歴史や遺産の分かち合いを元に、EUのもとに欧州市民はあるのだという意義の強化を目的としている」のだそうです。

「2005年、EUとその市民の間のギャップを埋めるものとして欧州遺産のアイディアに始まった」とあります。

EUは最初6ヶ国で始まったのが今では加盟国27にまで広がっていますし、そうなると当初の理念から離れ、経済性で加盟した国も当然あり、EUと市民の間のギャップも生まれるでしょう。

「歴史で大きな役割を果たした場所やEUの建物の価値やプロファイル、欧州市民の建物に対する理解、特に民主的な価値と欧州統合を支持する人権に関連する各民族が持つ文化的遺産の多様性を高める道を探ることを達成するため」なのだそうです。

何のためにこれを始めたのか?を考える機会をつくるということでしょうか?
そうであれば、世界遺産と別のコンセプトともいえるのかな?

そして最後に5月17日、中国政府はOver 11,000 officials punished in China's construction sector cleanupというリリースを出しました。

「建設関連セクターの浄化キャンペーンにおいて、11,000超の中国人官僚が収賄、職務怠慢、または権利侵害で処罰されたと国家安全部は発表した」

正確には11,273人のようで、うち78人が省レベル、1089人が郡レベルの役人であり、受け取った賄賂の額は29億9000万元(4億6000万ドル)であり、検察は3億6000万元超を取り戻したとあります。

中国はその数の大きさに圧倒され、また内容にも圧倒されます。
[PR]

by fukimison | 2011-05-23 11:52 | つれづれ  

韓国、ソウルの浮島プロジェクト

5月19日付けWorld Construction Newsは21日に一部オープン予定の浮島プロジェクトについてSeoul to open part of Floating Island soonとして伝えています。

「ソウル市はBanpo Hangang公園近く、漢江に会議場、文化施設、水辺の娯楽施設からなる面積20,382平方メートルの浮島の一部が完成し一般公開されると発表した」とあります。

別の記事をみると(5月18日付けSolar Novus Today, Seoul's Floating Island Uses Solar Panelsでは、「工費964億ウォン(8800万ドル)のプロジェクトは全て民間資金によるもので、3つの人工小島からなる」とあります。

3つの小島の中で第1島が最も大きく、3層になり面積は10,845平方メートル、700席の会議場があり、その屋上には6kW/hの発電を行う54平方メートルにおよぶ太陽光発電パネルが建設される、とあります。

2番目の島、3層構造で面積5,373平方メートル、文化施設の目的で開発

3番目、2層階建てで4,164平方メートル、ヨットなどの水上スポーツ、レジャー施設として開発

ソウル市庁は観光促進、国際会議誘致の目玉商品として期待しており、この会議などの座席数は3島合わせて1400席に達するそうです。最新技術を屈指して建設されたこの人工島は厳しい天候からのダメージを防止する安全システムが採用されており、2011年9月に完成が予定されているとあります。

6kW/hの太陽光パネル、それほど容量があるわけではないですが、建築物の屋上・壁面緑化、太陽光パネル、風力発電、省エネ設備はおやくそくですね。
[PR]

by fukimison | 2011-05-20 12:08 | プロジェクト  

BDP、南京にエコハウス

本日は久しぶりにエコです。
節電が叫ばれていますが、けっこうばらつきがありますね。
東京近郊のJRと私鉄、メトロをみると、エスカレーター停止は当然のこと、駅構内に加え車内の蛍光灯の2-3割を取り外し、さらに駅の自動改札も1-2割停止している私鉄があるかと思うと、申し訳程度に駅構内の蛍光灯を外すだけのところも。 最初はあれっと思いましたが、それは明るいのに慣れていたための違和感で、そうかと思えばどうってことなく、最近では明るすぎ!と思うことさえ。
暑い夏に備え、もうちょっと暗さに慣れておいても良いかなです。

本日は節電・エコをキーワードに選んでみました。
いま近代化まっしぐらの中国、中国、インドの人々が欧米並みの生活水準を求めると、原発をいくつ作っても足りないほどといわれています。そんな中、原発建設を押し進めながら、同時にエコハウスの建設も行っているということで5月16日付けEco FriendのNanjing Eco Housing - A low carbon apartment buildingをご紹介します。

記事は「中国における環境への関心の高まりを背景に、他の物事と同様に建築もより持続可能な道や設計へ向かっている。不動産開発事業者Nanjing Landsea Property グループのグリーンで持続可能な建築物の概念や環境技術の利用法は 大変人気が高く、建築技術における環境への意識の高さが評価を得ている。 現在同グループはBDPが設計するエコーハウジングを建設中だ」で始まります。

BDPは省エネ、国際的な基準をみたしながら中国の大家族制度、食事や調理へこだわりといった習慣・風習も取り入れた設計を目指したとあります。南東向きのバルコニー、大家族が住める設計、調理が出来るアウトドアスペース、屋上の共同庭園、雨水利用の庭はセミ・オープンの太極拳用スペースにもなっているし、パッシブソーラー、風の通り道をつけ自然のエアコンに、太陽熱による温水システム、太陽光発電、LED照明に加え、建築自体も環境へのダメージを最小に抑える工法だそうです。

BDPのサイトにもこのプロジェクトの概要があり、今後の英国におけるセロカーボン住宅基準に対応するハイテク住宅開発と位置づけています。

パースをみると、屋上、壁面緑化、太陽光パネルの中層住宅です。2012年に完成ということなので、どのようになるのか楽しみです。
[PR]

by fukimison | 2011-05-19 12:23 | プロジェクト  

世界の原発

世界の原発、なんと大胆なタイトル!

東電の工程表が修正されましたけど、Vr.1を作る時にはもう1-3号機のメルトダウンは解っていたはずで、それを見越した工程表であり、Vr.2への変更はお約束だったのではと想像。

それは兎も角、先週、今週とBS1で月ー水の3日間夜の12:00から1時間、世界のドキュメンタリーで原発、核廃棄物に関するフィルムを放映していますが、なかなかのもの、昨夜のロシアにある最終廃棄物保管所はちょっといけません。グーグルアースで解るぐらいの野積みにされた広さ・量の廃棄物、廃棄物を閉じ込めている鉄のコンテナ、セメント、いづれは腐食するわけで、そうなったら放射能は漏れます。

最後のフレーズは「核は未来を担保にいれることと同意語」でした。

本日はまず5月16日付けWorld Nuclear NewsからKozloduy used fuel store opens を。

5月12日、ブルガリアに使用済み核燃料を保管するKozloduy原子力プラントがオープン、この施設は既に閉鎖された6つの原子炉から出る使用済み燃料を保管するもので、少なくとも50年は保管できるように設計せれている。(半減期30年のセシウム137がと騒いでいるのに、50年ですか)

このDry Spent Fuel Storage Facility(乾式使用済み燃料貯蔵施設)は2004年にKozloduy原発とドイツのNukem TechnologiesおよびGNSの間で結ばれた契約によるもので、これによりNukemが設計、建設、核廃棄物の搬送、GNSが廃棄物を入れるキャスクの提供や使用済みプールから燃料を運び出す機具などを行うことになります。

建設は2008年に始まり、5000万ユーロ(7100万ドル)のプロジェクト費用捻出のため、ECや他の西欧諸国の寄付によるKozloduy International Decommissioning Support Fundが結成され、欧州復興開発銀行が運営にあたっているとあります。
ブルガリアのEU加盟には原発廃止が条件だったということから、こういった資金調達になったのですね。

もう一つ、やはりWNNの記事です。
これは5月17日付けでタイトルはDutch nuclear plant to be 30% German-owned

オランダで唯一稼動している原発の所有権に関する法的な論争は、2010年にRWEがオランダ電力会社Essentの施設購入を発表して以来ずっと続いていた。Essentは475mWの施設をEPZのJVを介し、Deltaと50%づつ所有。しかしDeltaはEssentによるRWEへの持ち株売却を法的手段により阻止、その理由として、発電所は公的所有であるべきというもの、

オランダの裁判所はDeltaを支持、2009年にEPZにおけるEssentの株は公共におくべきとした。
オランダの経済紙によれば、Deltaは1億3700万ユーロ(1億9400万ドル)をEssentの旧株主へ支払い、一方、RWEは6億900万ユーロ(8億6300万ドル)を支払い株式の30%所有者となる。Essentの旧株主は発電所の利益として7億4500万ユーロ(10億6000万ドル)を手にするのだそうです。

こういう大きな数字のやり取りを見ていると、エネルギーはお金になる、政・官・財の癒着を生むんだろうナァと実感します。
[PR]

by fukimison | 2011-05-18 15:10 | 動向  

ドバイのナキール、2ヶ月間のレントフリー

久しぶりにドバイの不動産について。

5月16日付けArabian BusinessはNakheel offers rent-free periods to entice tenants として、108億ドルの負債を抱えるドバイの国営不動産開発事業者Nakheel社が2ヶ月のレントフリーを梃子に入居者募集をおこなっていると伝えています。Discovery Gardens とInternational Cityという開発プロジェクトで気になる賃貸料は年間25,650ディルハム そして17,100ディルハムからの物件だそうです。 (1ディルハムは22円ぐらい)

年間60万弱ですか?記事にも低価格帯とありますが、月にすれば5万円、確かに東京値段からすれば安いです。2008年のピーク時に比べ価格は半値、当事進行中だったプロジェクトも半数がキャンセルと言われていますし、この時、一番大きな傷を負ったのがドバイでブルジュ・ハリファや人工島のジュメイラプロジェクトを行っていたナキール社。この債務清算も話題を呼びましたし、2009年の金融危機もこれあり、いまだに返却の道筋も順調とはいえません。

RERAというドバイの不動産監視組織によれば、Discovery Gardens(住民約41,000人)の1bed-roomアパートの価格は2009年12月に比して30%減だそうです。

しかし問題は観光立国を目指し、投資用リゾートはいかがでしょうというマーケティングをもとに「作りすぎちゃった」という供給過剰であり、 賃貸料を下げる、レントフリー期間を長くするというインセンティブ商法はまるで日本の牛丼マーケティングと同じように共倒れの危険さえ感じます。

当然ながら5月12日付けのPoor upkeep may drive down rental prices in Dubai's JBR は、60億ディルハムもかけて開発した豪華リゾートのジュメイラ・ビーチ・レジデンス(36プロジェクト、住民15000人)で、ぬるいセキュリティー、コミュニティーエリアの管理不全、不潔なスイミングプールなどによる生活水準の低下が見られると伝えています。

多くの住民が維持管理の低下を理由に管理費の不払いを行っているともあり、ちょっと末期ですね。
[PR]

by fukimison | 2011-05-17 15:00 | 不動産  

ロンドン、Walkie Talkieビルの行方

以前もご紹介したロンドンで建設中のWalkie Talkieビル。Rafael Viñoly 設計のビルでその形状の「奇抜さ」からEnglish Heritageなどからクレームがつき、しかも当初計画はリーマンショック前だったので自然と停止状態になったのが、その後の経済回復で計画も生き返ったという曰くつきのもの。

そのビルの建設について5月9日付けe-architectがWalkie Talkie Building Londonとしてガーディアン紙の記事を出しています。

そこで元記事を探したところ5月6日付け'Walkie Talkie' backers want tower protected from light blocking claimsと判明

この記事によると「事業主のLand Securities and Canary Wharf グループはViñoly 設計でWalkei Talkeiとあだ名される37階建てのビルを2014年完成を目指し建設中であるが、近隣住民から開発を危うくする日照権の申し立てを受けており、これについてロンドン市に支援を要請した」というものです。

欧州は陽が入ると家具が焼けるとか言って日本ほど日照に執着しないように感じるのですが、この記事の中で英国の日照権の強さが印象的です。

「最近のHeaneyケース(近隣ビルが日照を阻害するとして起した裁判で、裁判所が完成したオフィスビルの最上階の2層を撤去するよう求めた)以降、 日照権は議論を引き起こす課題となっている。」

上記ケースの上訴審についてはHeaney settled - developers in a dark placeが紹介しています。

このHeaneyケースの影響は大きく、このWalkie-Talkieビル事業者の広報担当者は「2009年にこのビルの計画許可を得た時、日照権を解決するため多くのことを行ったがHeaneyケースは全事業者を混乱に落としいれた」と述べています。

Heaneyケースを前例とするとWalkie Talkieに不服申し立てが行えるビルは7つ、これ以上の遅れを恐れる事業者側はロンドン市の開発専門家に助けを求めた。そしてその助言とは「Town and Country Planning法237条のもと、日照権申し立てからの免責」を求めよというものだったとあります。

Planning Officerに助言を求め、そのレポートによれば「・・・」だったという記事がでることの方に日本人は驚きます。

この「237条」というのは「周辺地域に経済的便益をもたらす開発を守ることを目的としている」 のだそうです。

記事によれば「事業者はこの用地に関し「interest」、例えばフリーホールドなどを所有する必要がある」とあります。フリーホールド・所有権かぁ。

英国では400年のlease hold(借地権)のついた物件もあると聞きます。これを整理するのはまた膨大な時間とお金がかかるだろうし、進むも退くも大変だナァ
[PR]

by fukimison | 2011-05-16 11:24 | 景観