New National Stadium, Tokyo Japan

Open letter : From Mr. Makoto Morokura to Mr. Tadao Ando

Mr. Motokura is a prominent architect and Mr Ando is a chair of Adviser Council which chose Ms. Zaha Hadid' design

Translated by Google Translation

I sent a (open letter) letter like the following addressed to Tadao Ando from me today.

Dear Sir, Mr. Tadao Ando

As a friend of the same architect, I would recommendations.

To be repeated extra effort you and studied architecture at self-taught, so far has created a building that has many excellent, I have always received a deep respect.

Your attitude was one that stands up for his people to no-name is always weak.Behavior and in Kobe-Awaji Earthquake, behavior of the Great East Japan Earthquake has good representation about it. And movement to protect the natural, trying to get her back to nature lost gets a sympathy of many people.
When designing a building, you've continued to pursue the theme of "What is the way of architecture that best fits the environment."
And consideration of the height of the building in consideration the way of architecture and terrain in the apartment of Rokko, construction of terrain for the plant in Awaji Island, concern for the landscape of the underground museum, the tree-lined zelkova in Omotesando , you'll be able to simply friendly relations landscape and nature of the terrain, such as plants and that is the Ando building.

Current crisis of the global environment have been calls, you are going to need, kindness to the environment created by the architecture and the people you called your world has shown.And what you have continued to explore the past, plays a role as a symbol of our society should be headed in the future.Ando, I think of you "to what" people around the world whether they have to realize that now, and I want to recognize once again that the.

Let's consider the issue of "new National Stadium" again here.
This project is inconsistent with (story) mythology of you thought of you ever came built, and architecture, your any way you slice it.
That it would troll the Jingu Outer Garden by the trees cut down should not go with your view of nature that we have been trying to protect the trees in just a little.
Construct too huge, you should also do not fit and considerate attitude to landscape your usual. And how proposals in Omotesando or would reconciling the.
Or If you could have wanted this stadium proposal is not a thing of the scale out scenic, I think your sense of scale (tone-deaf) and ashamed as an architect is a professional.
To people who have not even name a weak that you have lent power always, this time not be a ally Why is.I believe that us to action your courage here.
Because you can that we, including the world by doing so will continue to have the assessment of you who have believed until now.
I hope that you are willing to do the following for you.
Please be frozen once the making Jingu Outer Gardens to a draft of the new National Stadium of this time. And again, it Either transfer project of great renovation plan full of wisdom, please consider whether to build a Zaha proposal to the Gulf region.
The "Proposal of road and wind green" to put the main stadium in the Gulf area that you have proposed certainly the last time, of improving actively natural environment of Tokyo, it was proposed that excellent good representation of the idea itself of you.Do you do it from now.

For you who is responsible for the part of the structure of the country by now, that reverse a ruling from now may not be so easy indeed.However, If this is carried out with courage, consistency of building your ideas and your are kept, mythology and architectural environment will be further strengthened.
Many hurdles due to the conversion of the plan now will be able to go overcome by the power of public opinion and our fellow architecture, and fellow citizens. It is prepared to spare no effort to that.
If you're able to advance toward the new National Stadium, then the Tokyo Olympics, will be a real festival everyone has one heart at that time. It I think this is one of the origin of the Olympic Games.

To have the courage, please take heart the rudder.

Yours sincerely

June 9, 2014

Motokura Makoto
[PR]

# by fukimison | 2014-06-10 10:06  

ロンドン東部再開発

気がつけば6月、入梅、

トルコはどうしたのか?イスタンブールはボスポラス海峡を渡るトンネル工事をしていたはずだけど、どうなっているのだろう?この調子ではオリンピック委員会はイスタンブールを避けるだろう、オリンピックといえばこの前のロンドン、ポストオリンピックでも再開発は続く、こんなに再開発して大丈夫なのだろうか、

6月10日付けFT紙はSilvertown Quays project given go-aheadとして再開発プロジェクトにジョンソン市長がゴーサインを出したことを伝えています。

ロンドン、ドックランドのシルバータウンキー地域を「ブランドパビリオン」として変身させる再開発計画(15億ポンド)にジョンソン市長は同意。

50エーカーの敷地は1500の住宅にくわえ、商業および小売店舗、ビジネス促進スペースで構成される予定。

開発事業者のSilvertown PartnershipはChelsfield Properties(開発事業者)と First Base(再発専門業者)によるコンソーシアム。この土地の所有者であるThe Greater London Authorityが2012年に同社を優先開発業者に選定、マスタープランを含む計画概要申請はアラップによって作成され、2014年にNewham議会に提出の予定。

このニュースはBBCも6月10日にShopping destination for Silvertown Quays in £1.5bn dealとして報道しています。

こちらでは「このNewhamで行われる計画は9000人の職の創設、そして2038年までに65億ポンドの経済効果を見込んでいる」とあります。さらに「計画の一部として同地域とExCelを結ぶ新しい橋梁の建設が予定されており、これにより新しいクロスレイル駅とのアクセスが確保される」とあり、地域の利便性向上が伝えられています。

この再開発の目玉はブランドパビリオン、世界的に有名なブランドを結集しブランドパークにしようというもの、いまのところアップルやナイキの名前が挙がっています。

しかしいまさら有名ブランドが結集し、ブランドのディズニーランドと目指したところで、そこを目掛けて人は集まるのだろうか?

世界的開発事業者が考え、大勢のコンサルやマーケターと際限なく議論を重ねて作り上げた計画なのだから、キット上手く行くのでしょう。
[PR]

# by fukimison | 2013-06-12 21:37 | 不動産  

液体空気で発電?

気がつけば5月も終わり真近に、もう少し好きなインフラ記事を読む暇のある生活がしたい、じっと手を見る

橋梁、とくに斜張橋をみると胸が躍るのだけど、最近は美しいインフラがでないなぁ。
いくら安倍首相が国土強靭化法といってもスーパー堤防や嵩上げを主にするらしく、美しくしかも人の役に立つインフラには回らない。インフラ好きの私でも、もう日本にインフラは飽和状態に近く、今後の高齢化社会を考えると1年に20兆の予算は維持管理と原発の廃炉に使うほうがお金が生きるように感じます。世代間倫理の点からもちょっとねぇです。

そこで本日の紹介記事ですが、自然エネルギーがなぜ上手く行かないかといえば、常に一定の発電が行えないから。風力・太陽光・波力・潮力、一定とは言い難い。そこでそれを補うものというので燃料電池とか蓄電池の話が出てくる。

Liquefied Air Could Power Cars and Store Energy from Sun and Windこれは5月20日付けのMIT Technology Reviewにあったもの。

液体空気で車を動かしついでに蓄電をしてという話なのですが、液体空気というか液体窒素ですよね。電気が余っている時に空気をマイナス200度にまで冷却し液化へ。電力が必要になったら蒸発させ、その力でタービンを回して発電をするというもの。

「ロンドンを本拠とするHighview Power Storage社は1800万ドルの資金を調達し、送電網からの電力を蓄電するパイロットプラント建設に乗り出す。Highview社は巨大ガス企業のMesser社と共に技術開発に乗り出す。順調に進めば、英政府は商業的に実証可能な大型プラント開発資金を供与する予定だ。」

そこでHighview社のサイトを探してみました。

操業2005年だそうで、この若い企業はいろいろと面白いことをしているみたいです。
5月12日付けのGas World誌が紹介した記事がありますが、Two liquid air projects through to feasibility stage of competitionによれば、「2012年10月に設立された蓄電技術実証コンペの第1期に12のプロジェクトが選ばれ、そのうちの2つがHighview社であり液体空気エネルギーであった」のくだり。Energy Storage Technology Demonstration Competitionなんていうコンペがあるのが面白い!

元のMITのreviewに戻って読み進むと「再生可能エネルギーの利用が進むと送電網に対する蓄電がより重要になってくる。近いうちに、天然ガス発電プラント、そしてバッテリーといった即時対応貯蔵技術が送電網安定には欠かせない。」つまり再生可能エネルギーがメインソースになればなるほど、送電網としての安定性を図るためにバックアップは欠かせず、その場合のバックアップは化石燃料になるわけで、化石燃料を利用しないのであれば、数時間といわず数日間の蓄電技術が必要になってくる。

そうしたときに液体空気、つまり余剰電力があるときに巨大魔法瓶に液体空気を溜め込み、台風だとかで風も太陽も怪しい時に液体空気を元に戻すときの膨張エネルギーでタービンを廻す、ここには燃焼プロセスがないのでCO2の発生はないし、3方1両得みたいな世界。問題は技術よね。そこで1800万ドルの実証実験かぁということに繫がるようです。
[PR]

# by fukimison | 2013-05-23 22:35  

ロンドン市長、課税権の強化を求める

なんだかインフラとは遠い話の世界に浸っています。
そのせいか目に付く記事もこういったもの、5月15日付ガーディアン紙Boris Johnson's call for tax-raising powers for London boosted by report
日本でも地方分権が叫ばれていて、平成の大合併とかありましたが、仕事は地方に任せるけど徴税権は政府が握っていていびつな形になってしまっている、地方のニーズや財政状態に合わせた道路の機能とか農村整備はひどく難しいというのが現状、さて、外国はどうかということでです。

「ロンドン市長のジョンソン氏は政府からロンドンが受け取っている資金は全く目的を満たしておらず、スコットランドやウェールズに委譲されているのと同様の徴税と支出権限を求めると語った」

おお、ロンドン市の独立ですか?
まるで今は別件でお忙しい、橋下氏の唱える大阪都構想じゃありませんか!

「提言によれば、ロンドンは固定資産税、地方税を含め、印紙税およびビジネスレート、さらには観光税といった新たな税をかける徴税権といったものが与えられる」

もう少し探してみると5月10日にBoris wants control over London’s taxと言う記事があり、それには「Leaked copies of a report commissioned by the Mayor of London suggest he wants control over the £12bn of revenue raised in the capital from duties such as council tax, stamp duty, high end property taxes, and capital gains tax in the capital. In return central government funding would be cut by an equivalent amount.」
[PR]

# by fukimison | 2013-05-15 20:56 | 動向  

韓国、国土交通部による海外プロジェクト支援

本日は韓国ヘラルドでみつけたこれLand Ministry to aid overseas infra projects

簡単に言えば、「韓国政府は地元建設企業による海外プロジェクト受注支援に乗り出す」と宣言したというだけの話といえば、そうなんですけど。

しかし韓国の建設業の数字を見ていると、なかなか大変そう。

「、特に海外プラント建設市場では過当競争が続いている、国内第4位のGS Engineering社は海外プロジェクトの薄利により3億4200万ドルの純損失を計上」

「大手8社の2013年第一四半期の営業利益は1億7500万ドルを見込んでいる。これは昨年に比して75.2%の下落」

海外プロジェクトに対する安定的な金融支援を韓国建設業に対し行なうとあり、国土交通省は2012年の海外受注だか649億ドルを今年は700億ドルに延ばすとしているとあります。

えっ本当?と言う感じです。
[PR]

# by fukimison | 2013-04-26 14:12 | 動向