人気ブログランキング |

Autolib、運用開始

10月3日にフランス、EVによるカーシェアリング、autolib試用運転開始としてお知らせしたautolibが本格的に始まりました。

12月5日のIB TimesにParis Launches New Electric Car-Sharing Program 'Autolib'としてドラノエ市長のインタビューを含む映像があります。駐車場に悩むパリ市民にとって充電場=駐車場というのは受けるかもしれない。しかしなんとも広告だらけの車です。

Phys OrgのParis revs up for electric car rentalsは「簡単に借りられる自転車システムにより4年がかりでパリ市民の二輪車交通に対する意識を変えた後、ついに担当者は電気自動車による同じようなプロジェクトを立ち上げた」とあり、Paris to launch electric vehicles program Autolibでは「行政はセルフサービスのEVレンタルシステムをエッフェル塔やノートルダム寺院のようにパリの日常の一部にしたいとし、また世界各国の大都市が二酸化炭素を排出する自動車の代替物開発を行うなかパリは250台のEVによるautolibサービスを開始し、来年(2012年)夏には200台へ増やし、さらに今後2年に間に3000台へと増加する計画だ」と一番手を走っているという気概を見せております。

実際はグレーでもブルーカーと呼ばれる4人乗りのEV車はイタリアのカーデザイナーPininfarinaとフランスのコングロマリットグループBolloreの協働によるもの。リチウムメタルポリマーバッテリーを利用したこのEVは1回の充電で250kmの走行が可能だそうです。

ちょっと目を引いたのが「この半年、ジャックハンマーを持った作業員は1200ヶ所ある充電所の歩道を整備し、autolib利用者専用に確保されたパーキングスペースに記しを付けて行った」という駐車場確保のケースと「bolloreグループ、フランスのサルコジ大統領の友人が率いる企業だが、はこのプログラムが利益を出すようになるためには少なくとも8万人の利用者が必要」とするあたりで、自転車のベリブとは費用や手軽さも違い、そう簡単に8万人のサブスクライバーが出るとは思えず今後に注目です。

by fukimison | 2011-12-06 12:31  

<< ドイツ、A7号線の緑地化 インド、PPPによる道路プロジェクト >>